人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

偉大なヴァイオリニスト「アルノルト・ロゼ」とその娘「アルマ・ロゼ」を扱った本を探しています.

数年前に古本屋で見かけたのですが,その時買わなかったのを今更ながら後悔し,その本を見つけ出して読みたいと考えています.

その2人のこと以外にも,第2次大戦中の他の芸術家の話(第1次においても?)やヴァイオリン以外の話もあったかもしれませんし,音楽以外のテーマをメインに扱った本だったかもしれません.ロゼについては,全体のうちの1章とか2章とか,そういう扱いだったかもしれません.本はハードカバーだったように思います.

記憶はそのくらいしかないのですが,どなたかご存知の方がいらっしゃれば,よろしくお願いします.

●質問者: violin
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:アルマ テーマ ハードカバー メイン ロゼ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kukurukakara
●35ポイント

オットー・シュトラッサーの著書「栄光のウィーンフィル」(音楽の友社)

これでしょうか?

http://blog.kansai.com/goodwanco/30

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます.この本かもしれませんが,タイトルは思い出せません.

「娘がナチスに捕まってそのまま亡くなったことを知らずに,ロゼも亡くなった」

という内容に触れているようでしたら,あたりだと思います.

もう少し他の人の回答も待ってみます.


2 ● courant
●35ポイント

アルマについては2003年にアマデウスプレスから伝記がペーパーバックで出版されています。紹介文だけでもかなりの内容があります。

Alma Rose: Vienna to Auschwitz

http://www.amazon.co.jp/dp/1574670859

ネット上の情報についてはWikipediaの英語版の記事が詳しかったので翻訳しました。

http://sarabande.info/wiki/Alma_Ros?

上記の翻訳に含まれず、伝記本の紹介文に書かれている追加情報は以下の通りです。

  1. 著者のリチャード・ノイマン(Richard Newman)はアルフレッド・ロゼの友人
  2. ノイマンが伝記を書いたきっかけはファニア・フェネロンの伝記のアルマ像がひどかったため
  3. 兄のアルフレッドは妻とともにカナダに亡命。
  4. アルマという名前はグスタフの妻で名付け親であるアルマから取った。
  5. ユスティーネは1938年に亡くなった
  6. イングランドに逃げるときにカール・フレッシュの助けを借りた。
  7. イングランドにはブッフバウム(Friedrich Buxbaum 後のウィンフィルの主席奏者)が先に亡命していた。

彼女とアウシュビッツで一緒にいたファニア・フェネロン、アニタ・ラスカー=ウォルフィッシュがそれぞれ伝記を出版しています。(上記の翻訳記事にまとめてあります)

彼女の人間関係を整理すると以下の通りです。

【家族】

アルノルド (父 1863 - 1946)

ユスティーネ(母 - 1938 グスタフ・マーラーの妹)

アルフレッド(兄 1902 - 1975 作曲家兼指揮者兼ピアニスト)

アルマ (本人 1906 - 1944)

ヴァーシャ・プルジホーダ(ヴァイオリニスト 1930年結婚 1935年に離婚)

Aryan(オランダ人エンジニア 偽装結婚)

【伯父夫妻】

グスタフ・マーラー

アルマ・マーラー

【知り合い】

リチャード・ノイマン 兄アルフレッドの友人。伝記の筆者

カール・フレッシュ ヴァイオリニスト アルノルドの友人

フリードリッヒ・ブッフバウム チェリスト アルノルドの同僚

【アウシュビッツ関連】

ファニア・フェネロン(声楽家兼ピアニスト)

アニタ・ラスカー=ウォルフィッシュ(チェリスト)



最後にアルノルドとヴァーシャについては次のCDが販売されています。

@TOWER.JP - First Violin of Vienna/ Arnold Rose

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=9...

Pr?hoda, V?sa(試聴可能)

http://www.amazon.com/dp/B0000560XN

http://www.amazon.co.jp/dp/B0000560XN/

◎質問者からの返答

いろいろと調べてくださり,どうもありがとうございました.

当初私が探していたものとは違うかもしれませんが,この本も,とても読み応えがあるかもしれません.

プルジホーダは,一般的にはプシホダと言われている人ですね.

ロゼの音源は,私もいくつか持っておりますが,廃盤にならずに未だに売っているとは驚きでした...

他にも面白い情報が出てくるかもしれませんので,もう少しだけ待ってみることにします.

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ