人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

認諾調書について

昨年の11月、不当利得返還請求の上告審で、貸金業大手の武富士(被上告人)が最高裁において、上告人の請求を認諾しました。

http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/pdf/061124.pdf

原告(上告人)は過払金はともかく、利息として商事法定利率の6%を付していたようですが、そのため、簡裁、地裁、高裁と敗訴(年5分)にもかかわらず、被告(被上告人)は最高裁で認諾に至ったようです。
認諾については理解しているつもりですが、分からない点がいくつかあります。

?被上訴人は勝ち目がないならともかく、なぜ3勝したあとに認諾に至ったのでしょうか?
?大手の武富士が最高裁で認諾に至ったことにより、今後の動向に影響を及ぼすと言われていますが、当事者の武富士からしてみても、このケースは『特別』の扱いになると思います。にもかかわらず、『今後の動向に影響を及ぼす』といわれるのはなぜでしょうか?
?なぜ、和解ではなく認諾だったのでしょうか?
?下級裁判所での認諾と最高裁での認諾では、判決と同様に、社会的な影響力は違うのでしょうか?

以上ご存知の方、ご教示ください。
よろしくお願いします。

●質問者: hirochiki
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:11月 はと 上告審 下級裁判所 判決
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ