人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

心筋梗塞患者は食事では塩分を控える事、脂肪をとり過ぎない事、水分制限がありますがその理由はなんですか?入浴は熱すぎないお湯であること、胸までつからないように指導されますが、それはなぜですか?理由を教えてください。

●質問者: mayukatu
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:塩分 心筋梗塞 患者 脂肪
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●19ポイント

塩分、脂肪の摂りすぎは血管内に血栓ができて

詰まりやすくなるからでしょう。

熱い風呂に入ると血管が膨張しますが

出た時には逆に収縮して血圧が上がり心臓などに負担が

かかるためだと思います。

http://www.bioweather.net/bws/health/mi/201mi06.htm

http://goodychan.seesaa.net/


2 ● tomo0929
●19ポイント

入浴の際温度が熱いと急激に血圧が上がってしまいます。風呂に入る前は今の季節寒いので血管が縮まった状態になります。そこで血圧が上がると心筋梗塞や脳梗塞になりやすいので注意がひつようです。


3 ● ARAYOTTO
●18ポイント

高血圧になるから駄目。

血圧上昇の原因ですね。


4 ● sadajo
●18ポイント

http://www.nagara.com/prevent/htn/general.html

>高血圧症は血圧が高すぎる状態で、放置すると脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化による恐ろしい病気の原因となったり心臓肥大をおこしたりする病気です

>患者さんにもよりますが、減塩によって血圧自体が低下します。


5 ● daiyokozuna
●18ポイント

>塩分を控える事

>水分制限

血液量が増えて高血圧に



>胸までつからない

これは水圧が血圧に影響するからですね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ