人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

給与の年収が2千万円を超えた場合の給与所得控除の計算はどうなりますか?税額表が2千万円以上は無いので。。どなたか教えてください。

●質問者: seizyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:千万 年収 所得控除 給与 計算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kurukuru-neko
●23ポイント

給与所得控除額

収入金額× 5% + 1,700,000円

以下URLに計算式あり

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1410.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● TOURCONTAKUTER
●23ポイント

確定申告が必要ですので、給与所得控除はできません。

>

サラリーマンで確定申告が必要な人[平成18年4月1日現在法令等]

サラリーマンの大部分の方は、給与の支払者が行う年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了しますから確定申告の必要はありません。

しかし、サラリーマンであっても次のいずれかに当てはまる人は、原則として確定申告をしなければなりません。

(1) 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人

<

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm

◎質問者からの返答

それは分かっているのですが・・・

給与所得控除額です。


3 ● hiko3karasu
●22ポイント

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1410.htm


4 ● snaruseyahoo
●22ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/1410.htm

まず、10,000,000円超ですから収入金額×5%+1,700,000円が、給与所得控除となります。

これにより、収入金額が20,000,000円の場合の給与所得は、

20,000,000-(20,0000,000×5%+1,700,000)=

17,300,000円となります。

※上記のサイトでは、給与収入金額を入力しますと、給与所得金額が出てきます。これをX円としますと、給与収入金額-X=給与所得控除となります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ