人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

配当について教えてください。
配当可能な金額と、配当時に20%の源泉税を引く場合の確定申告について教えてください。(行う場合と行わない場合のメリット・デメリットなど)

●質問者: seizyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:デメリット メリット 確定申告
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kurukuru-neko
●35ポイント

>配当時に20%の源泉税

今年は株式によりますが上場株式は 10%源泉

それ以外だと20%源泉

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1330.htm

20%とあえていっているので上場株式以外

と思います。

配当金額が1回5万か、年10万を超えれば

無条件に確定申告必要

超えていない場合、申告不要。 所得状況に

よっては還付される可能性もある。

https://www.keisan.nta.go.jp/h18/ta_top.htm


2 ● snaruseyahoo
●35ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/1330.htm

?・上場株式等の配当等のみ場合は確定申告は不要です。

?・上場株式等以外の配当等がある場合、一回に支払を受ける配当金額が5万円(配当の計算期間が1年以上の場合は10万円)以下 である少額配当等の場合については、確定申告を要しないことになっています。

http://www.taxanser.nta.go.jp/1250.htm

ただし、確定申告不要の場合であっても、総合課税として申告することにより、還付を受けることができたり、一定の金額の税額控除を受けることができます(配当控除)。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ