人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

性行為でHIVが感染するメカニズムを教えてください。男性から女性にうつるというのはなんとなくイメージできるのですが、女性から男性にうつるのはどういう場合ですか?

●質問者: July_Star
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:うつる イメージ メカニズム 女性 感染
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kiehu1007
●20ポイント

http://api-net.jfap.or.jp/siryou/aids_soudan/soudanII05.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


2 ● くまっぷす
●20ポイント

基本的に感染者の体液にはウイルスが含まれています。

また、人間の体にはウイルスにとっては十分に大きいけど目には見えない傷がたくさんあります。

これらを考えると女性→男性への感染経路もわかるかと思いますが…。

例えば性交時、分泌液や血液に含まれているウイルスが、陰茎その他の体表面のそういう微細な傷から侵入、などです。

確かに精液(と血液)にはもっとも多くウイルスが含まれるため、それらが体内に残る時間が長くなる男性→女性のほうが感染確率が高いという説もありましたが、その後、その説がどうなったのか追っかけてないので真偽のほどは?です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


3 ● sadajo
●20ポイント

http://xn--eckh9cx342apsk.com/100.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


4 ● ichthyostega
●20ポイント

ウイルスの多い体液は血液、精液、膣分泌液です。

体内に侵入するには傷口からがもっとも考えやすいのですが、損傷が無い粘膜からも侵入すると考えられています。粘膜の面積は男性の場合は尿道口くらいですが、女性の場合は膣全面や子宮など、感染の入り口となる面積が圧倒的に大きいので、女性の方が感染しやすいと考えられますが、粘膜を上記の体液に接触させる以上は感染が成立する可能性があると言うことですので、女性から男性への感染も充分にあることなのです。


性行為というのはウイルス含有の多い体液と感染経路である粘膜を接触させることになるので、男女どちらにとっても感染率する可能性はあるのです。しかし、逆に言うと、血液を触ったり、性行為などの濃厚な接触以外で感染者と接しても感染する確率はほとんどないと言うことにもなります。

また、感染予防には物理的な遮蔽であるコンドームの使用(もちろん、最初から最後まで使用し続けることが前提ですが)が有効であるという理由もこういう理由からになります。

http://bbf.cool.ne.jp/byouki_hiv.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


5 ● pikupiku
●20ポイント

女性の歯茎から血が出てるとヤバイ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ