人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

実験を行っているものとして恥ずかしいのですが、遺伝子関係が素人なので教えていただきたいのですが、対象より電気泳動のバンドが濃く(厚く)でるということは、どういう事なのでしょうか?発現量が多くなったとかんがえて宜しいのでしょうか?
また免疫染色(培養細胞での蛍光標識二次抗体を用いた)で同じく対象より細胞にでの発光が強くなることはどういうことでしょうか?
また参考なる本がありましたら、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

●質問者: tama5153
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:バンド 免疫 培養 実験 抗体
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●60ポイント

実験が定量的なものであれば、発現量が多くなったと考えて構いません。

ただ、本当に定量的な実験と考えてよいかということは良く検討する必要があります。対照に比して、他のバンドの濃度が同じなのに、一つのバンドのみ濃く出たという時は、まず間違いなく定量的に実験が進行し、発現量が多くなったと考えてよいでしょう。

ただし、電気泳動の場合、同じ長さの違う断片が重なるということも考えられますので、他の方法(定量的なPCR等)により、裏づけを取ることをお勧めします。

また、細胞を標的とした場合、発光が強くなるという場合は、酵素の発現量が増えていることだと判断できます。(細胞数を同じにすることだけは、間違えないようにしてください。)

細胞の場合、培養条件等によって結果が変わることがあるので、1?2回の追試を行って、結果が変わらないことを確認することをお勧めします。

以上、ご参考まで。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ