人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】イエ・ルポ#013
街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事などのエピソードをミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!
*ルポのタイトルをタイトル欄に、ルポ文をコメント本文欄に書いて投稿して下さいね!

イエ・ルポ #013 THEME「我が家&ふるさと自慢!のイエ行事」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070223

※今回の「いわし」ご投稿は2月28日(水)正午で終了とさせて頂きます。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:2月28日 theme いね いわし ふるさと
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 254/254件

▽最新の回答へ

[1]マラソン大会の日は、お餅。 mimisasa

小学生・中学生・高校生のときには、年1回の行事として、秋に校内マラソン大会がありました。幼稚園に通っていた頃も、園の周りを一周するかわいらしいマラソン大会もどきがあったなー(笑)。

そして、我が家ではマラソン大会当日の朝ごはんは、決まってお餅。

母が「このお餅を食べると、走る力が湧いてくるんだよー。」と毎年言っていました。

マラソン大会は、イヤだったけど当日の朝は、一家揃ってこのお餅が食べられるがなんともうれしかったです。


[2]>1 ちからもちですね sayonarasankaku

腹持ちがいいといいますし、

炭水化物がいいんですよね。


[3]ふるさと近辺、地名が良い otayori

「神戸」「宝塚」「西宮」「芦屋」

「苦楽園」「夙川」「雲雀丘花屋敷」

「御殿山」

ダウンタウンが「尼崎の人」のこと

「アマガネーゼ」と言ってて、その言葉、流行って欲しくなりました。

実は「尼崎」も縁があるから好きヨ。


[4]誕生日→母の手づくりケーキ dankichik

3人兄弟ですが、子供の誕生日の時は母が手づくりケーキを焼いてくれました。なぜか誕生日の時しか焼いてくれないんですよね。だから年に3回のごちそうでした。おいしかったなあ。


[5]>4 チョコとデコレーション mimisasa

我が家もそうでした。

わたしのときはデコレーションケーキで弟のときはチョコレートケーキと、それぞれ好きなものを焼いてくれました。

うれしい思い出ですね。


[6]お正月にお墓参りが恒例です。 sayonarasankaku

前にも書いたのですが…


元旦は毎年、お墓参りです。

実家の母と弟世帯とでお参りします。

正月の墓参りって、凛とした雰囲気でなかなか良いものです。

去年一年有難うございました。と亡き父とご先祖様にお礼します。

父には、お父さんおめでとうの挨拶もします。

同じように考える方も多いのか、結構お墓も混んでいます。


我が家の子供たちは、もしかすると

彼岸、お盆のお墓参りより

正月の墓参りのほうが身近に感じているかもしれません。


[7]>5 愛情こもってますね sayonarasankaku

うちは、飲食店をしていた父がご馳走を作ってくれました。

懐かしい…


[8]節分に、恵方を向いて黙って海苔巻きを食べる tadatarai

最近は全国区になりましたが、関西の我が家では、節分は、太巻きをつくり、その年の恵方に向かって、家族全員が黙々と食べるのが、イエ行事でした。

その年、その年で恵方が違うので、方位磁針を持って、あっちだの、こっちだのと、家をうろうろしました。ちょうど、その方角におトイレがあったり、テレビがあったり、楽しく家の向きや家具の配置などを楽しんだことを思い出します。


[9]毎月一度 スーパーめぐり taknt

手段は 都バスか東京メトロか JRです。

それぞれ 一日乗車券というのを利用して いろんなところにある

スーパーに行き、懸賞情報をゲットします。

小旅行を兼ねてみたいなもんですが。


[10]>7 うちもでした chocogasuki

大好きなシフォンケーキを毎年焼いてくれてたなあ。やはりこういうものは、どんな店で食べるものとも違う格別な味ですよね。懐かしい。


[11]法事のお料理はふぐ! teionsinonome

私の地元は山口

小学生の頃、真冬に法事があったのですが、そのときのお料理がふぐでした!

前々から聞いていたので楽しみにしていたのですが、なんと当日風邪をひいて寝込んでしまったんです!!!

その日私が食べたのはふぐではなくいちごでした 私のバカーー


[12]日課 → お風呂あがりの、父親マッサージ。 mimisasa

うちでは、お風呂あがりに父が足裏マッサージをしてくれます。仕事に疲れて帰り、気持ちよく湯船に浸かり、お風呂にあがった後に、クリームをつけてゆっくりしてもらうのですが、父はツボにかかわる仕事をしているので、ホントに気持ちがよくって、疲れもとれるし、シフクのひとときです。

母とわたしの足裏マッサージ終えた父は、いつも終ったら自分で自分の足をマッサージしています(笑)感謝♪

我が家でのうれしい日課です。


[13]>8 小さい頃からずっと。 chocogasuki

太巻きを食べている間は喋っちゃいけないと言われ、幼少の頃はやけに怖かったですが必死に食べましたね。喋るなといわれると喋りたくなるもんです。


[14]選挙前の家族討論会 MINT

情緒ないですけど…。ベルマーク集め会議が恒例のわが家では、選挙が近くなると家族討論会も開かれます。これは私や弟がまだ選挙権の無かったころからの恒例行事で、生きた社会勉強をさせたいという父の発案で始まりました。

選挙公報が届くと、それをみんなで読んで予習をしておきます。一緒に議長役の父が作ったメモも回ってきます。それには選挙の争点になりそうな課題、たとえば市議選なら、福祉の問題、どこそこの開発についての態度、ゴミ処理問題など、議会でとりあげられたり、市民から請願が出されていた課題などが何項目か書かれています。それらを読んで、誰が何についてどんなことを言っているかをよくおぼえておきます。

そして、テーブルの上にお菓子を並べて、お茶を飲みながら会議が始まります。

「では最初に福祉予算の削減について」「はいはいはい、誰々さんは削減しないでくださいの請願の紹介議員になっています」「公報に書いてある?」「ない、自分で調べた」「へー、で削減に賛成の人は誰?」「はいはい、何々さんは支出のバランスを考えた見直し派です」「誰々さんは民間委託で予算削減だそうです」

ルールは、誰がいい、誰が悪いと言わないこと。候補者はみんな自分の考えがいいと思って言っているので、それをけなすのはルール違反です。ただ誰がどんなことを言っているのかの比較だけを話し合います。でも、ちゃんとした政策が書いてない候補者は比較したくてもできないので、わが家の会議では目立ちません。

一通り比較検討会が終わったら、残ったお菓子をみんなで食べて終わりです。誰が誰に投票するかは、それぞれ誰にも言いません。そこまでは社会勉強としては必要ないからです。それぞれが、自然保護を重視する人にしようとか、福祉を重視する人がいいとか、自由に選んで投票します。

こういう選挙前の家族討論会がわが家の恒例行事です。


[15]勝負時は鰻と納豆! miumiur

我が家は昔から、運動会等の勝負事イベント時には夜はうな重を食べて、朝は納豆でした。『とんかつ』で勝負に勝つなんていうのはよくありますけどね。


[16]街と一体!だんじり祭り。 hanatomi

岸和田の知人に「だんじり」に招待してもらいました。

駅に着いたらあちこちに、法被を着た人が。

私達は着いたらすぐ、その知人の親戚の家に案内されました。玄関を入るとすぐに長机が出してあって、机の上にはおでんや、飲み物、ご飯が。

「さあ、食べ、食べ。」といわれて数人で「一体ここは?」「え?いいのかな?」と思いながら手作りのご飯をセルフサービスで頂き、(私達がいる間にも近所のいろんな人がその家を出たり入ったりして自由に食べたり飲んだりする感じでした。)

その後はだんじりに。

だんじりは、おみこしの滑車がついたもので、それを街じゅう引っ張って動かすのですが、もう、ものすごい。

街ぐるみで家財保険がかけられているらしく、角にある家につっこんだり、人が落ちかけたり、瓦が壊れていたり、強烈な迫力でした。

話を聞くと 岸和田だけはその日、学校も休み!

その日は皆おしゃれをして、一年で一番盛り上がる日だそうです。

それゆえだんじりをきっかけにした出産、おめでたも多いらしい。

ホントにお祭りな日ですね。

私からするとまるで、「リオのカーニバル」に招待されて、地域の交流の場に混ぜてもらったような驚きの一日でした。

岸和田は、1つの王国だなと思いました。


[17]>14 すごい!!!!! hanatomi

みなさん、これ、読んでください。

なんともいえません!!!

学校のどんな社会の授業でも、ここまでの生きた社会勉強はなかなかしてもらえないとおもいます。選挙権の無い頃からしているなんて!MINT一家に乾杯!


[18]>9 たのしそう♪ hanatomi

こういうの好きです!遠くに行かなくて、近くの場所でも、違うスーパーやお店を回ったら、ちっちゃなハッケンがたくさんあったりして楽しいですよね。まさに小旅行。懸賞情報もゲットできるなんて楽しみ二倍。遠くに行くほどのお金もかからなくて楽しみ一杯。プチ旅行でリブラブですね。


[19]日本舞踊の発表会に駆け付ける tough

親戚に日舞の名取がいます。二年に一度大きな発表会が開かれるので、その日は何が何でも応援に行かなければなりません。

日舞の発表会は義理がけごとが多いので大変です。受付での対応の他に、自分の関係で訪れてくれた人ひとりひとりにていねいに挨拶をし、記念の手ぬぐいなどをお渡しして、一人一人お席に案内します。

そして本当なら相撲の桟敷席と同じように、寿司などをつまみながら観覧してほしいのですが、会場が館内飲食禁止なので、休憩時間に別室にご案内して、それぞれのお師匠さんの系列ごとに独自に用意した軽食などを召し上がっていただいたりします。そうした対応を舞台に上がる人がするわけにいかないので、それを手伝わされるわけです。

朝早くから終わるまで、目が回るような忙しさです。踊りは幼稚園の子からおばあちゃんまで習っていますので、来場者の年齢が幅広く、何が何やらわけがわかりません。

寿司折り一つと缶コーヒー一本のギャラで手伝います。二年に一度、この日ばかりは大変ですが、空いた時間に私も舞台を鑑賞させてもらいます。さすがに名師匠ともなると動きの隅々にまで凛とした気が行き届き、感動させられます。


[20]栗きんとん作り。 mododemonandato

お正月に他のおせち料理は買っても、栗きんとんだけは家で作ります。栗の甘露煮の瓶詰めを買い、サツマイモを蒸かして潰した餡と混ぜ合わせて作ります。注意するのは大晦日の夜に作らないと、皆が食べてしまってお正月までもたないことです。


[21]祖母のちらしずし teionsinonome

お正月やお盆に祖母の家に行くと、必ずちらしずしを作って待っててくれます

具がいっぱいで、甘くてとってもおいしいんです

いろんなちらし寿司を食べたけど、祖母のがいちばん好きです!

・・・ただ

いつもてんこ盛りによそってくれるんで、お腹いっぱい っていうか限界を超えます

前は残すと悪いので限界を超えても食べていたんですが、最近は「あああああそのぐらいでいいよおお!!」とストップかけることを覚えました

ストップかけてもそれはそれで寂しそうな顔するんですけどね

ううう 良心が痛む

おばあちゃんいつもありがとうねーー


[22]>11 残念! vivisan

ごちそうの時に限って風邪ひいちゃうことってありますよね・・。

私も風邪でごちそうが食べられなかったことがあります。

でもこういうとき「プリン食べたい♪」というと買ってきてくれましたw


[23]>20 栗きんとんマジック teionsinonome

栗きんとんって作った方が絶対おいしいですよね!!!

うちはいつの頃からかおせち自体作らなくなったんですが、栗きんとんは別です

あと、栗きんとんって絶対最初になくなりますよねー


[24]お正月は朝風呂 miumiur

元旦は家族全員、朝風呂に入ってピカピカで顔を合わせて『新年あけましておめでとうございます』という行事が続いてます。ただ単に朝風呂なんて、正月くらいしか入れないからなんですけど・・・。


[25]>17 尊敬!!!!!! teionsinonome

すごい!!!

誰に投票するかは言わないってとこと、残ったお菓子をみんなで食べて終わりってところがステキです

お父様、粋だわーーー


[26]>12 プロですか? vivisan

うらやましい!しかもお父さんにやってきただけるなんて・・。

足ツボってほんと気持ちいいですよね!


[27]>6 うちでは年末に t-saitou

お墓参りします。正月にお花とか飾ってないとご先祖様が寂しがると思うからです。


[28]還暦に赤ワイン t-saitou

母の還暦祝いに家族みんなで赤ワインを飲んでお祝いします。ちょっと奮発して1本5000円のを買いました。


[29]>28 古希のお祝いはどうしよう? t-saitou

何かいい案あるかなあ。?


[30]>27 それはいいかも Kumappus

考え付きませんでした。

確かにお正月ってお墓が一番さびしい時期かもしれませんものね。


[31]>25 一票 mimisasa

MINTさん一家に生まれたら、一票の大切さってわかるんでしょうね。

こんな素晴らしい家庭が増えれば、こどもは将来必ず選挙に行きますよね!

投票率あがるでしょう。


[32]>26 力加減。 mimisasa

ありがたいことに、プロなんです。

それプラスなんといっても身内ですから、細かいお願いしまくりです(笑)

他でやってもらうと、少々痛くても我慢してしまって「イタイ」って言えず、あくる日に揉み返しがきてしまったりするし、

逆に「もう少し強くとか」、「もう一回さっきの場所」なんていう場所の指定も他の人にならしにくいですが、気楽に頼めます。

足ツボ最高です!!!


[33]>31 お父様、すごい chocogasuki

>まだ選挙権の無かったころからの恒例行事、

というところがもう何というか拍手ですね、すごい。


[34]>29 白寿は白ワインですよね teionsinonome

古希は うーん

泡盛の古酒?


[35]年に一度、早く寝ないとたたられる日 YuzuPON

うちは石が石を産む霊石なるものが伝わっているくらいの家ですので、石とは関係ないですが、妙な言い伝えも伝わっています。

詳しく書くとたたられそうなので簡単に書きますが、昔いわれのない誤解から非業の死に追い込まれてしまった気の毒な女性がいたそうです。たまたま夜更かししていたことが原因で事件が起こったということで、その人の命日に当たる日には夜更かししてはならないと言い伝えられています。

ですから、その土地の出身者は、年に一度その日だけは、夜九時前には布団に入ります。風呂に入り損ねても朝入ることにして無理矢理寝ます。夕食を食べ損ねたら布団の中で食べます。とりあえず布団に入っていればいいようです(笑)。

困るのはトイレに行きたくなる時ですが、それだけは神様に許しを乞うお祈りをして布団を出ていいことになっています。しかしトイレのついでにキッチンに行ってつまみ食いなどはしてはいけません。一晩敬虔な気持ちで過ごします。


[36]お正月の箸袋への記名 blanccasse

父が書道を教えていることもあって、毎年新年のお節を囲む際、父が紅白の祝い用箸袋に各人の名前を手書きしてくれています。友人やパートナーを招いた場合には勿論、その人達の名前も。

実家を出てから、それを目にすると「待っていてくれているんだなぁ」と思うようになりました。最近、年を取ってきたせいで、文字も老けてきましたが、いつまでも元気で書き続けて欲しいと思います。


[37]父の日と母の日 rikuzai

親や弟妹とそれぞれ離れて暮らしているので、

(独立しちゃったので)盆や正月に集まる以外に、

それぞれや時々兄弟姉妹まとまって父の日、母の日に贈り物をしたりします。

遠方なので三人チャットで内容相談したりして、

一緒に住んでいないのでリサーチが難しいんですが、

うまくヒットしたときの嬉しさはひとしおです。


[38]>33 こういう家庭が増えれば yoshigyu1318

こういうすばらしい家庭が増えれば、日本社会はきっとよくなると思いますね。投票率も上がるし、国民の政治への関心が高くなりますね。我が家でも採用します!!


[39]クリスマス前にシュトーレンを焼く teionsinonome

クリスマス前に毎日少しずつ切って食べるお菓子、シュトーレン。

毎年恒例でアンデルセンのものを買って食べていましたが、去年は手作りしてみました。

寝かせるほどおいしくて日持ちもするものだから、きっと2週間ぐらいかけて食べるものなんだと思うんです。

で す が

我が家では無理です!!!

3日がいいとこです。

去年なんて7本焼いて、4本は友達にあげて、それでも3本残ってるのに2週間持ちませんでした!

追加で2回焼きましたもの・・・

でも、作るの楽しいし、プレゼントすると喜んでもらえるのでこれからも年中行事として続けようと思います。


[40]>39 シュトーレンを家でとは! chocogasuki

難しくないですか?大好きですがもっぱら買うばかりです。パンは焼くが、シュトーレンは難しそうで手が出せない。羨ましい!!


[41]春の恒例、大お花見大会 momokuri3

最近はとんとご無沙汰になってしまいましたが、わが家の本家筋にあたる家は昔ながらのたたずまいで庭が広く、そこに見事な桜が植わっています。桜が咲くと親戚一同が集まって花見の宴を開くのが恒例です。

立派な桜なので親戚だけでなく近所の人達も集まります。それぞれ料理を持ち寄って、すごい人数になります。皆土地の言葉でしゃべりあって、とてもいい雰囲気です。

手作りの料理が立派なお重に入って積み上げられ、お酒が入ると土地の民謡もどんどん飛び出します。小さな子供たちは桜の花びらを追いかけたり、若いお母さん達と歌を歌ったりして過ごします。山のようなお菓子も振る舞われるので、子供もこの日を楽しみにしています。

最近は仕事の都合でなかなか行けなくなってしまいました。でも親戚一同この日を楽しみにしていて、今年はいつ集まろうなどと、春になるとあちこちと連絡を取りながら盛り上がっています。


[42]結婚記念日 hhkznz

新婚旅行でウィーンに行ったことを思い出しながら、ザッハトルテ(ウィーンのチョコレートケーキ)を食べるのが、我が家の結婚記念日の過ごし方です。


[43]>38 本当に生きた社会勉強 momokuri3

家庭では政治の話は避けがちだと思うのですが、こういう公平な話し合いなら勉強になるし、何より国を担う一員としての自覚が高まりますね。素晴らしい!!


[44]>34 米寿は日本酒 hhkznz

「“米”寿なんだから、日本酒で祝ってくれ」とお酒大好きの祖父にリクエストされ、奮発して金粉入りの日本酒を贈ったことがあります。喜んでもらえましたよ!


[45]>30 正月にお墓参り! BROWN6

正月には行ったことないです。新年早々ご先祖様に感謝ってのも良いですね。


[46]どんど焼き(1月15日) Yoshiya

今は成人の日が変わりましたが、私が子供の頃は成人の日の1月15日にしめ縄を燃やしていました。

故郷の鳥取では「どんと焼き」と言いますが、一緒に残ったモチやみかんを焼いて、焚き火のようにして家族で食べました。


[47]ハロウィン tekubi

欧米ほどの力の入れ具合では有りませんが、お菓子や料理を作ったり、飾り付けをしたり、ジャックオランタンを作ったりと、楽しんでいます。ハロウィンの本来の意味は、といったことは置いておいて、単純にイベントとして楽しんでいるだけですが。去年の「コウモリの羽スープ」は好評でした。トマトスープを血に見立て、薄くのばしたパンをコウモリの羽の形に切り、カリカリに焼いて浮かべたものです。今年はどうしようか、などと考えている準備期間もまた楽しいものです。


[48]>46 私の住んでいる地域では yoshigyu1318

1月7日ですね。最近はプラスチックを分別しなければいけないので、大変です。


[49]>20 ちょっと違うけど年越しそば Kumappus

…はちゃんとそばは茹でて、天ぷらも自分ちで揚げてます。

ほれ、この時期って店屋物だと下手するとスチロールに入ってきそうだし(そうでなくてもお正月の間、食べ終わった器とか置いとくのもなんだしなー)、みんなで手分けしてそば茹でたり出汁取ったりするのは楽しいし。


[50]>34 日本酒の古酒もありますよ Kumappus

http://kanpaku.shop-pro.jp/?pid=328678

とか。

泡盛は強いけどこれなら。


[51]>10 誕生日 erty

クリスマスもですが、ケーキを焼いてくれたというよりも、ワイワイと一緒に作ってました。今考えてみれば邪魔になっていただけのような気もしますが、子供ながらに生意気にも母親も嬉しそうだと感じていました。騒ぎながら楽しく作っていた子供の頃が懐かしいです。我ながら幸せな家庭だと思っています。


[52]>48 1月14日 hhkznz

♪どんどん焼き14日、サルのケツ、まっかっか♪

と皆で歌いながら焼いていました。


[53]イースターのたまご TinkerBell

特にキリスト教とは関係ないのですが、

母はイースターになると卵の形お菓子に凝りまくるのが恒例です。

器用にチョコを卵形にして可愛い模様つきホイルでラッピングして、

うずらのたまごくらいのイースターエッグをたくさん作ります。

卵形のクッキーも焼きます。

私も子供のころからそれを手伝うのが楽しみでした。

父もイースターの日は、ぜったい予定を入れません。必ず家で過ごします。

父はイースターの日には卵が立つんだと、毎年卵立てに挑戦しています。

それって春分の日だと思うんですけど…。まぁいいか(笑)。

こうしてイースターの日は、家族揃って楽しく過ごします。

なぜキリスト教でもないのにイースターを大切にしているかというと、

どうも父と母が初めて結ばれたのがイースターの日だったからのようです。

ちょっと大人の話題なので詳しく教えてはもらえませんが、

どうも…そうらしいです♪


[54]>35 きゃぁぁぁぁ TinkerBell

こ、こわいですぅ。ぶるぶる。

でもそういう言い伝えって、わかる気がします。

きっと、お気の毒なその女性を悼む気持ちからはじまったのでしょうね。

二度と不幸なことを繰り返すまいと…。


[55]>42 いいなぁ♪ TinkerBell

毎年新婚旅行を思い出していれば、一生新婚気分で過ごせますね。

ザッハトルテっていうのがとってもお洒落ですてきです!


[56]>40 すっこーい!! TinkerBell

シュトーレンって色んなバリエーションがありますから、

家で焼いたらたのしいでしょうね。

少しずつ薄く切って食べながら、クリスマスを待つんですよね。

あー、なんてすてきなんでしょう。

わが家もそれ、取り入れたいです。

焼けるかな、私にも。今年、挑戦してみたくなりました!!


[57]水汲み vivisan

腐らなくて、体によくて、おいしいお水。たまにでかけてその場で飲んだりすることはあると思いますが、うちの家族は違うんです。定期的に汲みにいくんです。ポリタンク合計10個を車にいれて汲みにいきます。

そんなお水汲みの日が月に一度はあります。

もちろん家族総出です。

場所についたら、順番待ちの列に並び、手分けして次々にお水を汲んでいきます。

天気のよい日はおにぎりを作っていって、川のそばでみんなで食べたり、近くにヤナがあるので鮎料理を食べたり、はたまた日帰り温泉に行ったり・・オプションも欠かせません。

あ、もちろんワンコも連れて行きますよ♪

帰る時間がバラバラだったりして、普段はあまり会話がないのですが、ここぞとばかりにいろいろと話します。

一家の大事なイベントでした。

そしてこのお水は、飲料水・炊飯のお水として使います。

うちは現在、天然鉱石を使ってミネラルウォーターを作っているので、お水は汲みにいかないけど、たまに助っ人要員として参加します。

川沿いを走るので景観もよく、ちょっとした日帰りドライブになります。

健康オタクの私ですが、健康にいい!といわれたものはとりあえずやってみる家族による血なのかもしれませんw


[58]>41 花見 BROWN6

仕事の都合で行けないってつらいですね。仕事のストレスも花見で吹っ飛びそうですね。花見は親戚とはしたこと無いですね。友達とかとはあります。親戚同士が集まって花見なんて素敵ですね。


[59]>16 さすが岸和田 TinkerBell

よくニュースなどで見ますが、その日は学校まで休みとは!

>それゆえだんじりをきっかけにした出産、おめでたも多いらしい。

きゃー。つまりー。だんじりの10ヶ月後にお誕生ラッシュ?

だんじりって、…うわー、うわー…。

荒っぽいだけじゃなくて、そういう一面もあるんですねぇ。

知りませんでした♪


[60]>55 あこがれます souseiziozisan

hhkznzさんのほのぼのとはにかんだ感じが目に浮かびます・・・

生クリームつけて食べるとまた格別な一品ですよね>ザッハトルテ


[61]>59 すごいなー sayonarasankaku

確かに、小学校の行き帰りは危険でしょうね…

もう、だんじりのない生活は考えられないでしょうね。

そのための日々の生活という感じなんでしょうか・・・?


[62]祭りの日にもちつき souseiziozisan

祖父が健在の頃は祭りがあるときに毎年お餅をついてました。

あんこでくるんだりきなこをまぶしたり。たくさん作るので近所の人におすそわけしたりしてました。懐かしいなあ


[63]>51 クリスマスに作ってくれました。 souseiziozisan

高校まで教会で子供達が集まるクリスマス会なるものに毎年家族で参加していました。(クリスチャンてわけでもないんですが)その時に母が必ず作るのがクリスマスケーキ。賛美歌を歌い、お説教を聞き、お祈りをしてみんなでご飯、そしてケーキ。子供が多いと食べられず憂き目に会うときもありましたが妙に誇らしかったのを覚えています。


[64]>43 見習ってみたいです souseiziozisan

ある程度マニフェストに目を通す程度で満足していた自分と家族がちょっと恥ずかしい・・・見習ってみたいと思います


[65]>62 餅つき BROWN6

自分家は正月に餅つきをします。親戚にも配ったりします。お餅は色々な食べ方があって楽しいですよね。


[66]3月3日、5月5日は choco-latte

親戚一同集まって、おじぃちゃんが私達孫にお祝いをしてくれました。

うちのおじぃちゃんは料理が上手で、3月は桜餅、5月は草餅を作ってくれました。「おいしい。おいしい」っていうと帰りには大量に餅が入ったタッパを手渡してくれるんですが、そのおかげで数日間のおやつはいつも餅。

「たまにはケーキも食べたいのに…今日も草餅か…あぁ言わなきゃよかった」

といつも後悔していたのを思い出します。


[67]>19 大変ですね・・・ souseiziozisan

私も母が絵を描くので個展を開くときに当番要員として呼ばれます。

受付で来てくれた方々にご挨拶、説明、お礼をこなしてひたすら母の戻りを待ちます。

ギャラはなんとお客様が持ってきてくれたお土産・・・もうちょっと身銭きってくれてもいいのにとか思ってますw


[68]>57 おいしい水 BROWN6

ポリタンク合計10個ってすごくいい水なんですね。TVでパン職人が水にすごくこだわりがあってポリタンクでおいしい水を汲みに行くのを見たことあります。自分はvolvicを好んでよく飲みます。


[69]>61 それがどうやら、 hanatomi

行き帰りが危険というよりは、「だんじりのかわりに学校へ行くなんてありえない」といった感覚のようです。その地域一体。

地域性(イエ行事?)を思いっきり感じさせてもらった出来事でした。

その日は女の子もばっちりメイクしてたりするんですよ。生き生きしてました。

他の土地でもそういうの、あるのかなぁ。なんてワクワク空想してしまいます。


[70]>52 1月7日 akilanoikinuki

広島県では「とんど」と呼んでいました。

田んぼの上でしめ縄など、お正月で使った物を、田んぼのまん中で焼きます。

その周りに、近所の人が集まります。竹をさして、竹の中で熱燗を造ったり、みかんを焼いたりします。そうして、作物の豊穣と、一年間健康でいられますようにと祈るのですね。

関東に来てからは知らない人が多くてびっくりしました。


[71]>45 正月・盆・お彼岸に akilanoikinuki

親戚が集まる関係もあるのですが、その3つは墓参りの日というイメージがあります。

日本酒が好きだったおじいさんのお墓には、日本酒を供えたりしました。


[72]>65 晦日に akilanoikinuki

お正月のために晦日に餅つきをします。

大晦日はお節料理を作るので手がかかるからでしょうね。

私は餅つきが大好きで、小さい頃から参加していました。一瞬でまるくして、ポンと平たくなるように叩くコツがよくわからず、泥団子じゃないんだから・・・とよく言われました。東日本では、角餅なので、そんなワザを知らない人ばかりで、少しさみしいです。


[73]>64 家庭で政治の話が・・ hanatomi

うちの家ではそういった話は一切なかったので、驚きました。ついつい驚きのあまり↑上に「読んでください」と、書いてしまってすいません。(^_^;)

どこに投票したか明かさないところが、又ものすごく大人で驚きです。私は仕事で忙しかったりする時は選挙にもいけないくらいだったりしてゆっくり立候補者について調べたりもできたことが無いです。反省&感動です。


[74]>23 店のは甘い akilanoikinuki

お店で買う栗きんとんは、水飴のような甘さで、お菓子感覚でしか食べれない。

うちでは母がさつまいもの風味をたっぷり残した栗きんとんを作ってくれていたので、自然な甘さになれてしまっているのです。

未だに大好物で、正月に実家にもどった時に、おねだりしてしまいました。


[75]>70 どんと焼き sayonarasankaku

うちのほうは「どんと焼き」です。

枝に団子を丸めてつけて焼いてますね。

あと、自治会で豚汁作ったり…


[76]おはぎ BROWN6

毎年11月頃になるとお婆ちゃんがおはぎを作ってくれます。

おはぎ好きなので何個も食べちゃいます。

親戚のおばちゃんはおはぎの食べすぎでまんじゅうが大嫌いになったって言ってました。あんこが嫌いになったのかな?


[77]>73 大事ですよね sayonarasankaku

面倒くさいから行かない。なんて考えは思い浮かばないでしょうね。

初めから習慣付けるって大事です。


[78]>72 年末に chocogasuki

地域で餅つき、あと知り合いで米作っているおじちゃんが餅ついて大量にくれます。米の味がハンパなく美味しい。僕はもっぱらおすそわけされる方ですが、嬉しいおすそわけです。感謝。


[79]わりあい恒例、ツクシとヨモギ摘み Fuel

毎年だいたいどちらかは行います。

春恒例の、無料食材調達イベントです。

ツクシは大量に採ったつもりでも煮ると少なくなってしまいますから、

家族総出で人海戦術で採らないと満足に食べられる量は確保できません。

そこでツクシが出始めた土曜日に予定を合わせて採りに行きます。

お弁当持ちで出かけるので、すぐ近くの河原が採取場所ですが、

ちょっとしたハイキング気分が味わえます。

ツクシ採りの前に家族ゲンカなどが起こるとせっかくのツクシ採りが中止になってしまうので、

時期が近付くとツクシ食べたさに、みな仲良く暮らします(笑)。

ツクシは採った後がまた大変で、一本一本ハカマを取るのが一苦労です。

欲張って大量に採るので、ハカマ取りに一晩かかります。

そして翌日、苦労の甲斐あって、美味しいツクシご飯とツクシの煮物が味わえます。

ツクシで一杯やるのも恒例です。

ヨモギは、ある程度茎が伸びたくらいの若いうちに、先端部分だけを摘み取ります。

ヨモギは一人でも量が採れるので、私一人で採りに行くこともあります。

しかし成長のために大切な先端を摘んでしまうので、

摘むのはひとつの群生の一割くらいまでと決めて採ります。

何カ所かの群生を行脚することになります。

摘んだヨモギはヨモギ餅などにするのではなく、野草として食べます。春のヨモギは天ぷらが最高です。


[80]>77 社会を見る眼が育ちますね Fuel

これは素晴らしい行事です。

一つの考えに偏ることなく公平に候補者の政見を比較して

今何が課題なのかを考えていくという方法は素晴らしいと思いました。

今年私の所では市議選と知事選と参院選が重なります。

大事な一票、よく考えて無駄にしないように心がけたいと思います。


[81]>79 懐かしい… Kumappus

子供のころはうち(実家)でもやっていました。近所の土手などで買いものかごにいっぱいとれていました。

ハカマ取りはほんとに大変でしたね。新聞広げてその上につくしぶちまけて手分けして取っていました。たまに残ったのがあるとあれはひどい歯触りですから。

うちはつくしごはんはなしでもっぱら煮物(佃煮風)。しばらくはお弁当のすみっこにも登場したりして。

しかし実家の方でも開発がすすんでもう採れなくなってしまいました。

こういう「自然をおいしくいただく」という習慣なくしてなーにがLOHASやねん。。。などと思ってしまいます。


[82]>78 うちも年末 mimisasa

祖父が生きている間は、年末にお餅つきをして、お正月を向かえお雑煮に使っていました。

普通の丸餅のほかに、丸餅の中に餡をつつんだものや四角の豆餅も作っていました。

思い出すのはいつも、祖父にお餅をつく前の蒸したてもち米をお茶碗にもらって食べてたことです(笑)

なんとも、おいしいんですよねー。


[83]>82 年末 BROWN6

年末にやるのが普通なんですね。地域の餅つきとかもありますね。小さい頃よく参加しました。大根おろしのお餅ときなこ餅が好きだな。


[84]サツキを見に来てくれる人をもてなす Catnip

以前も書きましたが、わが家の自慢といえば、父が丹誠込めて盆栽に仕立てたサツキです。毎年花の季節になると、何人もの人が花を見にやってきてくれました。そして同じ趣味を持つどうしの話を、飽きることなく楽しんでいました。

今は私がサツキを受け継いで世話をしています。代が変わっても、毎年変わらず花を見にやって来てくれる人達がいます。私はそういう人達のためにサツキを並べ、花の季節の休日を、父に代わってサツキ談義で過ごします。

お茶をいれ、お菓子をお出しして、これからどう世話をしていったらいいのかなどを教えてもらいます。ご高齢の人達ばかりなので、普段の生活では得られない、色々な貴重なお話も伺えます。

もう少し慣れたら、サツキ展への出品も勧められています。父は毎年出品していました。私の代になってうまく世話が出来ず、ちょっと人前にお出しできる状態ではなくなってしまいましたが、最近段々良くなってきました。もうすぐ父の時代のもうひとつの恒例行事も復活できそうです。


[85]>81 本当に懐かしい Catnip

ツクシは春の味覚ですね。私も子供の頃よくとりました。ハカマ取りは大変でしたね。やっているうちに指先が真っ黒になりますが、それもいい思い出です。

最近ツクシの取れる場所が少なくなりましたが、「自然をおいしくいただく」心、いつまでも忘れたくないですね。


[86]>80 私も見習いたい Catnip

選挙を人気投票のように簡単に考えてはいけませんね。私もこれからは政策をしっかり比較検討して投票するようにします!


[87]>76 おばあちゃんのおはぎ Catnip

いいですね。おばあちゃんの手作りというのが貴重ですね。

親戚のおばちゃんは、おはぎがおいしすぎて、まんじゅうなんか目じゃなくなった、ということではないでしょうか。おはぎは餅米とあんこの取り合わせが絶妙ですからね。


[88]>21 母の巻ずし aqualotus

うちは節分になるとかならず母が太巻きを巻きます

これが具だくさんでおいしいんです!

一番好きな行事ですね。


[89]干したかぶら kuru-san

義妹が嫁いだ家では、冬になるとかぶらを干して、年が明けるとそれで味噌汁を作らないといけない日があるそうです。

また、月見のだんごがオニギリなのもおもしろいところです。


[90]>67 私も父のサツキ展を手伝ったことがあります Catnip

開催中はただぼーっと受け付けに何人か座っているだけなんですが、搬入や搬出がけっこう大変なんです。ご高齢の人達ばかりですから、力仕事がなかなか…。ギャラは渋くお茶とお煎餅でしたw。

踊りの会にしても絵の個展にしても、こういう外の会場で行われる行事というのは大切な身内の本当の晴れ舞台ですから、そういうのを応援できるというのはうれしいことですね。イエ行事ですから、ギャラは期待してはいけませんねw。


[91]>83 我が家でも yoshigyu1318

餅つきします。すぐカビが生えてしまうのが難点ですが


[92]>13 太巻きならぬ、ロールケーキ mimisasa

話をせず、食べ終えたことがありません(苦笑)

年に1度のまるかぶりですから、やっぱりうれしくなって「おいしい」とか「1本食べるのはキツイー」とか話したくなってしまうんですよね。

年1回の行事ですから、しゃべっちゃいけないとわかっていても、やはりワイワイ食べるのが楽しいですね。

最近は、節分に太巻きならぬロールケーキを食べる習慣が流行しているとか!?


[93]豆まき tehi

自分が子供のときは、一応豆まきをやっていましたが掃除するのが大変だということで豆をサランラップで包んでまいてました。まったく雰囲気でませんでしたよ。


[94]>92 昨年恵方巻きを知ってから。 toku4sr4agent

恵方を向いて食べ終わるまで無言で食べ続けました。

でも最後のほう、笑い出したくなるんですよね。

今年はこらえました。

来年はこらえられるかどうかわかりません(笑


[95]>93 おもしろい!!! mimisasa

サランラップまいて豆まきって初めて聞きました!

確かに掃除は大変ですよね。でも、そんなことお構いなしにおもいっきり撒きたいのが本音ですね。

ストレスが溜まってくると、無性に豆まきがしたくなります(笑)


[96]>93 殻つきピーナッツ toku4sr4agent

うちの場合は、以前、豆まきというと殻つきピーナッツを使ってやっていました。

とりあえずお掃除の問題はそれでクリアです。


[97]>87 お盆の時期に toku4sr4agent

うちの場合は、母がお盆の時期になるとおはぎを作ります。

実家(今住んでいる家)に、妹がおはぎ目当てで里帰りしてくるみたいなので(笑)


餡を作ることから始めます。


根気のない私にはとっても無理です<おはぎ作り


[98]>75 仙台では「どんと祭」といいます。 toku4sr4agent

地元では大崎八幡神社のどんと祭が有名で、一部通行止めになったりします。


日付は1月14日です。


その日に露店で売っている、甘酒が美味しいです(^^)


[99]>63 ケーキにも母の味 mimisasa

母がつくってくれるケーキにも、やっぱり母の味があると思います。

年に数回食べるたけなのに、味はしっかり覚えています。

特に、スポンジ部分!

当然のことながら、お店に太刀打ちできるほどホワホワやわらかくはありませんし、家のオーブンですから、焼き色も少し違います。

でも、ほんと家でつくった手作りの味がして、ケーキにも母親の味があるのかな!?なんて今さらですが気づきました。


[100]一人一日一本牛乳を飲む(一本=1リットル) odorukuma

関係あるかは分かりませんが、家族全員食が細いです。


[101]>86 素晴らしいです!! TomCat

日本国憲法には、こう書かれています。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。

「国民の厳粛な信託」、これを示す行為が選挙なんですよね。厳粛な信託。なんと重みのある言葉でしょうか。

政治は、人任せにするんじゃないんです。政治の一切の権威は、私達国民一人一人にあるんです。政治家は、その代理人。権威は私達が保有します。

その誇りをもって選挙に臨む。国の主権者たる権威に恥じない責任をもって投票する。その気構えが何より大切です。

国会だけでなく地方選挙も同じ。むしろ地方の方が実生活に近い分、真剣に検討して投票に臨みたいですよね。

家族で真剣に選挙を話し合う。国作り、地域作りはここからですよね。本当に素晴らしいと思います。もー、本当に感動しました。

こういうイエが増えていったら、日本は素晴らしい国に育ちますよね。MINTさん式家族討論会の輪をどんどん広げていきましょう。これで日本は安泰です!!


[102]>100 すごい! mimisasa

水ならよく聞きますが、牛乳1リットル!!!すごいですね。

聞くだけで、健康イメージが沸きました(笑)

骨密度高くなりそうですね。


[103]>94 笑い出したくなる気持ち chocogasuki

わかります。普段向き合って食べてるくせに、その日だけ全員一定の方向向いてもくもくと太巻き食べるなんて、おかしくて笑いたくなりますよね。


[104]>95 10歳までは豆をまき、 chocogasuki

それ以降は殻付きピーナッツになりましたね。最後拾うのが大変なんですよね。

それも楽しかった時期もあったような気がしますが、いつの間にか面倒になり・・・

でもサランラップは衛生面でもいいかも(笑)


[105]>91 今年はカビさせてしまいました chocogasuki

沢山頂けて嬉しいのだが、ちと多すぎて。カビ生えるの早い!仕方ないか。

BROWN6さんの大根おろし美味しそうだな。つきたての餅の柔らかさとほくほく感は最高ですね 食べたくなってきた。


[106]>56 シュトーレン(シュトレン)\(≧∇≦)/バンザイ hanatomi

作れるなんてステキすぎます。

ナッツが沢山入って、お酒の香りがきいていて、熟成していく中、少しづつ薄く切って・・紅茶と飲んだりしたら最高!素敵です!

シュトーレンというのはキリストの誕生を祝っているそうで、その形もいろいろな意味があるそうですね。ドイツ語で坑道という意味らしいですが、今調べてみると・・

【シュトーレンは、ドイツ東部の古都ドレスデンで誕生しました。

もともと新年や収穫祭、皇帝の即位式などの祝事の際に作られていたようです。その後、徐々にクリスマス菓子として定着していきます

その由来は、(1)イエス=キリストのおくるみの姿やゆりかごの形、

(2)東方三博士がキリストを訪ねたときの杖、

(3)神父がかける袈裟(シュートル)、

(4)坑道(シュトレン)、ドレスデン南方のエルツ山地はヨーロッパ有数の鉱山

(5)表面の粉砂糖をキリスト生誕の日の雪に見立てて、など諸説あるよう。

日持ちすることが求められたため、「Dauerbrot(ダウワーブロート)」、つまり時間の経過をともなっておいしくなるパンとも呼ばれています。】

だそうです!


シュトーレン作れるなんてなんだかロマンティックです。


[107]>88 祭りでは vivisan

いなり寿司です。

母のいなり寿司はほんとうに絶品です!

今日も疲れて帰ったら、なぜかいなり寿司が置いてあって、あっというまに半分食べちゃいましたw

サイズが小さいのでどれだけでもいけちゃうんですよね?。

今は母に作り方を教わっていますが、うまくできたためしがありません・・。


[108]>105 美味しいですよ BROWN6

つきたてのお餅に大根おろしは合います。少し醤油をたらして食べると最高です。

つきたてのお餅はすごく柔らかくて甘くて美味しいですよね。


[109]>97 おはぎ?ぼたもち? sayonarasankaku

私はつぶあんのが食べたいでーす。

あと、きなこのとかもありますよね。

なんか緑色のもなかったでしたっけ?(青海苔?)


[110]>3 わ、新語!アマガネーゼ! ie-ha-te-na

私もしばらく前まで関西で暮らしていましたが、「アマガネーゼ」という語は今初めて聞きました!東京(横浜もかな?)のベイサイドに暮らす人のことを「マリナーゼ」か「マリネーゼ」っていうらしいこともつい最近知りました。いずれにしても、ちょっとハイソなエリアに対して使われる言葉ですよね。神戸の山手など憧れですねー。雲雀丘花屋敷なんてあるんですね。そのあたりではやはりイエ行事もハイソなのでししょうね!(笑)

〈ハザマ〉


[111]>68 えーと、 vivisan

マラソンの高橋尚子がオリンピックに持っていった水として一時期有名になったところです。

高賀の水とよんでます。軟水なので飲みやすいです。


[112]>15 他の方も勝負時の食べ物ありませんか? ie-ha-te-na

すみません、うちはベタに必ずトンカツでした(笑)。うな重に納豆、というのを聞くと、どうやら力をつけるという意味合いが込められていそうですね。きっとお母様が考えてそれを習慣になさってたんですね。その家それぞれのゲン担ぎみたいなのって面白そうですねー。他のみなさんにもぜひ教えて頂きたいですね!

〈ハザマ〉


[113]>36 なによりのプレゼントですね vivisan

うらやましいです。残るものってホントにいいですね♪

私もがんばって文字を練習して、人に見せてもはずかしくない字が書けるようになりたいです。


[114]>108 冷凍 HANCACHI

おしょうゆに海苔巻きもウマイ!

餅の食べきれない分は、カビ防止のために冷凍してます。


[115]>103 確かに HANCACHI

自分は恵方巻きを食べる習慣はないですが、

同じ方向いて、話さずただもくもくと食べるなんて想像しただけでおかしい!


[116]>102 お腹の具合 HANCACHI

家族全員食が細いということは、牛乳はお腹が膨れて腹持ちもいい飲み物ということですね。

自分が毎日1リットル飲むと想像すると、お腹の具合が心配になります。


[117]>24 新年に身を清める、素晴らしい行事です。 ie-ha-te-na

以前に、お正月の朝から「明けましておめでとうございます」と年賀状を書き始めるお父様のお話を聞いて随分感心したことがあったのですが、元日一番にお風呂に入って身を清めるという行事も素晴らしいです!うちの実家では正月二日か三日にわりと近所にある温泉浴場に家族で行くくらいでしょうか。年が明けて目覚めて一番にすること、私も来年からは何か考えてみよう。お昼頃に起きて「おせち食べよ?」ではぬる過ぎますね!

〈ハザマ〉


[118]>110 出身を聞かれたら・・・ HANCACHI

尼崎出身の人って、出身を聞くと「尼です」って言いますよね。

出身を聞かれたら、ぜひ「アマガネーゼです」って使ってほしい。

「尼」と「アマガネーゼ」じゃ、全然違う土地のようです。


[119]>99 母の作るケーキ HANCACHI

ケーキづくりが趣味で、小さい頃もよく作ってくれましたし、今でも実家に帰省すると作ってまってくれています。

男なのにケーキが好きなのは、小さいときから母親が作ってくれたケーキの影響かもしれませんね。


[120]>37 うちも姉弟合わせての贈り物復活しよ! ie-ha-te-na

ご兄弟でチャットで相談してお父様、お母様にみんなで贈り物っていいですねー。兄弟仲良く相談して考えてくれたんだな、ってきっとうれしさも倍増だと思います!うちも、一時は弟と二人で電話で相談し、二人合わせてプレゼントしてましたが、いつからか事前になかなか相談できなくて別々になってしまいました。やっぱり兄弟一緒に、っていいですよね。私も今年から復活させようと思います!

〈ハザマ〉


[121]>113 うちも父ですね。 chocogasuki

残念ながら書道は全くですが、父が毎年箸袋に記名してくれますね。

年男のいる年などは、その動物の飾りや柄の入った箸など用意してくれます。

こちらの準備はもっぱら母親がしてくれているのですが。


[122]>109 緑色のって toku4sr4agent

ずんだ?

黄緑だったらずんだだと思うんですけど。

あ、ゴマをまぶしてあるのも好きです。

(おはぎとぼたもち・・・違いがわからない(苦笑)

誰かわかるかた、レス希望!)


[123]>32 うらやましい! HANCACHI

マッサージに行っても、いくらお金を払っているとはいえ、やはりなかなか細かいところまでお願いしにくい。

自分が小心者なだけかもしれませんが・・・。

同じように床屋でも「かゆいとこありませんか?」と聞かますが、「もうちょっと右が・・・」と思いつつも毎回、「ありません」と答えてしまいます・・・。


[124]>2 消化もいいですね HANCACHI

餅は消化がいいですし、腹持ちがいい。

米をついてみて、餅を考えた人ってすごい!

単純ですが、自分はマラソンといえばバナナを連想します。


[125]>53 イースターは秘密の記念日ねんですね! ie-ha-te-na

すっごくいいお話を聞いた気がします^^。ウフフ、イースターを祝う家って日本ではそんなにないと思うんですが、ご家族揃って特別楽しく過ごされるにはワケがあった…!お父様の卵立てにも笑いましたが、お母様のイースターエッグづくりが可愛いらしい。私の憶測では、そんなわけでTinkerBellさんが生まれてきたわけですから、お母様はその卵のお菓子に子供への愛情を込めていらっしゃるんじゃないでしょうか?うふー、何だか読んでて心がくすぐられるようなお話。ずーっと続けて頂きたいイエ行事です。

〈ハザマ〉


[126]桃の節句の準備と片付け vivisan

うちの雛人形は小さいけど7段飾りでした。準備は家族総出。

この地方では一週間ぐらい前に雛人形を出すのですが、父が雛壇を組み立てて、母が飾っていきました。小さいときは、あの階段の上に座りたくて仕方がなかったです。

それから私も飾るのを手伝うようになりましたが、最初の頃は弟と太刀でチャンバラをして怒られた覚えがあります。

家にある日本人形もいっしょに飾っていました。

桃の花がまだ咲いてないので、ネコヤナギを母親と川までとりにいってました。今はその川にはネコヤナギはなくなっちゃいました・・。

そして雛餅などお供え物を飾ります。

当日は甘酒(白酒のかわり)と、味噌和えと鰯とお赤飯をお供えします。

楽しいひな祭りが終わると、今度は片付けが待っています。これがたいへんなんですよね・・。

地方によって違うかもしれませんが、このあたりは当日のうちに片付けないとお嫁にいけない!と言い伝えられていたので、どんなに遅くなってもうちの母は当日内に片付けてくれました。

私もよく意味がわからないまま片付けの手伝いをしていましたが、あれだけのものがあんなにコンパクトにまとまるのはびっくりでした。

この雛人形の片付けですが、親といっしょに子供が片付ける手伝いをして、片付けるということを覚えたそうです。

母のおかげで、お嫁にいけましたよ。感謝!ですw

今でも母は雛人形を飾っています。

しかし、桃の節句って同じ県内でも旧暦の3月3日にやったりするところもあったそうです。

片付けの期限も一週間は猶予があったりとか、旧暦の3月3日までとかいろいろあるみたいですね。


[127]>111 知り合いのお宅は井戸のおうちで NAPORIN

いちおう検査では、飲めるお水なのですが、

周りが農業で肥料をまくせいか、

硝酸イオンの値がぎりぎりなので、

どうしても逆浸透膜の水(スーパーなど)に

汲みに行くのだといっていました。


[128]>122 あれは Kumappus

http://allabout.co.jp/career/dictionary/closeup/CU20010905/

同じもので、呼び方が違うだけなんですよ。

(うーん、僕も時期に影響されるとは知らなかった)


[129]>101 なにもしないで文句はダメ HANCACHI

「税金が高くなった」「不便になった」「こんな法律できて!」なんて文句言うのは、しっかりやるべきことをやってからですね。

議員にしても、知事にしても、やはり選んだのは私たち国民ということになるのですから。

事が起こってしまってから、決まってしまってからではダメ!有権者ももっと関心をもって勉強しなくてはなりませんね。


[130]>122 おはぎとぼたもち BROWN6

餡ではなく中の米の状態によって区別するんだそうです。完全に餅の状態までついたもの(皆殺し)をぼたもち、ついた米の粒が残っているもの(半殺し)をおはぎ


[131]>128 時期の違い?中の餅の違い? toku4sr4agent

中の餅の状態の違いなのか、

時期の違いなのか・・・

調べてくださったお二方、有難うございます。


でもお腹の中に入ればどっちも美味しいですよね。

たぶん、うちのは、お米の状態が少し残っているので、おはぎだと思います。

でもうちでは「ぶた餅」って言っているかも。

(美味しくて食べ過ぎて太るので・・・(笑))


[132]>121 毛筆っていいですね ichthyostega

厳しさの中に暖かさがあるというか、父親って感じがしますね。

自分も毛筆どころか、ペン字でさえも人に見せられるような字ではないので、

いつか毛筆の練習をしようと思っていましたが、練習しても利用価値がなかなか無いなと思っていました。

でも、箸袋がありましたね。年中行事となれば、モチベーションもアップです。いいヒントになりました。


[133]>47 うわぁ!「コウモリの羽スープ」! ie-ha-te-na

ハロウィンも最近になって大分日本にも定着してきたようですね。ハロウィンって収穫祭でしたっけ?カボチャのランタンが街や家の前によく見られますが、家で美味しいお料理やお菓子を楽しむのがいいですね。それにしても「コウモリの羽スープ」、というよりドラキュラスープ!?面白いですー。毎年、見た目にも趣向を凝らしたメニューを考えて作るの、楽しそう!

私は、今年のハロウィンにちょうど用事で京都にいたのですが、町家のならぶ小路にお化けみたいにデッカくて長いカボチャが豆絞りのてぬぐいを頭に巻いて石の上からこっちを見ていたのがおかしくて思わずデジカメ撮っちゃいました。それがランタンではなくてマジックで人間風の顔が書いてあって(笑)。まわりにはいくつかの鹿ケ谷かぼちゃ(京野菜)。あぁ、収穫を祝ってるんだなぁと微笑みました。街の人もみんなあったかい気持ちになれる飾り付け、これもいいものですね^^。

〈ハザマ〉


[134]>128 いい eiyan

良いですね?!

どこも同じですね?!


[135]>130 すごい呼び方ですね! sayonarasankaku

教えて下さって、ありがとうございます。

皆殺し、半殺しには驚きました(笑)


[136]>127 機械水 eiyan

機械から出る無料の水を頂いています。


[137]>98 どこも同じ? eiyan

どこの地方でも同じ様なのですね!?


[138]>129 これは大切ですね ichthyostega

最近は何かと文句ばかり言う人が多いように思います。

自分の義務も満足に果たさないで、権利だけ主張するのはよくないですよね。

権利を主張するためにはきちんとやるべきことを果たしてから。

選挙も自分の考えに基づいて選ぶというのが選挙民の義務ですからね。

私も見習います。


[139]>115 そうですね eiyan

豆まきと恵方巻きはセットみたい?


[140]>119 ホ? eiyan

羨ましいな?!?


[141]母の作るおせち HANCACHI

近年、デパートでは12月前に人気ホテル・料亭のおせちの予約は売り切れてしまうとよくニュースでやっていますよね。

正月前は、スーパーの食材も高くなるそうなので、おせちをつくる手間と買い揃える食材からすると、2万・3万のおせちって、もしかしたら安いのかもしれませんね。

我が家は、母が毎年全部1から手作りで作っています。

当然、そういうご家庭もまだまだ多いとは思いますが、一緒に住んでいたころは、当然くらいにしか思っていませんでしたが、就職して実家を離れてからは、年末帰省すると待っているおせちがごちそうで、歳の瀬も年始も母のおせちで迎えられることが幸せなことなんだと思うようになりました。


[142]>109 緑色のって toku4sr4agent

こんなのでした?

http://www.sanzen.co.jp/zunsa/saryo/other/zunda/index8.html

(画像は、仙台銘菓「萩の月」を製造・販売している菓匠三全の商品です)


[143]>116 ヨーグルト eiyan

最近は牛乳をヨーグルトにして飲むようにしてます!


[144]>66 おじいちゃまの愛情餅! ie-ha-te-na

これは忘れられない思い出でしょうー。桃の節句と端午の節句に可愛い孫たちを集めて、おじいちゃまの方もたまらなくうれしい日だったでしょうね。おじいちゃま手作りの桜餅と草餅なんて、私など食べたくても食べられないですよ、両方とも早くにいなくなっちゃったから。羨ましいなぁ。ケーキ、なんて言っちゃバチが当たりますよ!(笑)おじいちゃまの愛情たっぷりの節句の日、本当に羨ましいです。私がもし孫ができてばあちゃんになったら、絶対に孫を集めてお祝いしてあげよう。で、美味しいケーキ作って好感度アップしよっ(笑)

〈ハザマ〉


[145]>108 つきたて餅に ichthyostega

「つきたてのお餅に大根おろし」

あれは美味しいですね。私も大好きです。

あの食べ方、なんて言うんでしょうかね。単純に「大根おろし餅」でしょうか。


[146]>138 政治がこんなに明るい家庭の話題になるなんて! YuzuPON

政治が信頼できない、じゃないですよね。私達がしっかり判断して投票すればいいんですよね。家族で明るく楽しく政治を語れるのは本当に素晴らしいです。わが家でできるかはわかりませんが、こんな家があるそうだよと話してみようと思います。


[147]>123 うちは逆 dankichik

うちは逆で、お風呂上がりの父を私がもんでます。もちろん素人なので、たいしたことはできないのですが、気持ちいいと言ってもらえると嬉しいですね。


[148]>142 おいしそう sayonarasankaku

おいしそうですね、

でも、私の見たものとはちがうようです。

ふふふ、私も人力検索しちゃいました。

頼みの綱のWikiです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%8E

小豆餡のほか、黄粉,青海苔,ゴマ,ずんだ等も使われる

やはり、青海苔のようです。

でも、toku4sr4agentさんがずんだと前にも書いておられるのを見て

食べてみようとは思っています(笑)

いろんなものがありますね。

ありがとうございました。


[149]>84 親子二代で受け継ぐイエ行事ですね。 ie-ha-te-na

はい、印象深く覚えてます。サツキを大事にお世話されるお父様の後姿を書いて下さった以前のメッセージ。こんなお披露目会もされていたんですね。今はCatnipさんがそのサツキを受け継いで育てていらっしゃるとは聞いていましたが、お父様のお知り合いが今でも訪ねて来て下さるなんて素敵です。お父様が残して下さったご縁なのですね。世代の違う方とそんないいカタチでお話出来る機会は滅多にないこと。サツキも生活も人生も、色々語ってもらえそうで素晴らしいです。

サツキ展への出品、ぜひ近く実現して下さい!お父様も喜んで見ておられると思います!

〈ハザマ〉


[150]>89 どこの地方なのでしょう? ie-ha-te-na

面白いですね、初めて聞きました。干すのも大根ではなくかぶらなんですね。新年の干しかぶらのお味噌汁、どこの地方の行事なのでしょうか?もしよかったらぜひ教えて下さい。お月見のお団子がおにぎり、これはご飯大好きの私にはいい習慣です。今年はおにぎりにしてみようかな^^。

〈ハザマ〉


[151]>118 「尼です」って…(笑) ie-ha-te-na

何だか、尼さんみたいじゃないですか?(笑)ホントに「尼です」っておっしゃるんですか、どうして略すんだろう…?横浜を「ハマ」と言ったりしますが、出身地を聞かれて「ハマです」っていう人もいないと思うんだけど…どうなんでしょうねー?

〈ハザマ〉


[152]>125 うわぁ!!!!!!!! YuzuPON

本当にすごくいいお話です。TinkerBellさんの家のイースターは、いわば「家族の始まりの日」なのですね。私もこんなずっと変わらない愛を持ち続けられる家庭を築きたいです。


[153]>141 うちは家族全員で作りますー。 ie-ha-te-na

やっぱりおせちは家で作りたいですよね。毎年入れるものは家の味がありますし。私はデパートなどのおせちは食べたことないので何とも言えないですが、日本料理店のは煮物にしても焼き物にしても確かに美味しくて値打ちがあるのかも。うーん、でもやっぱりお母さんのおせちが一番!私も家を離れて余計にその幸せが実感できるようになりました。

うちでも大晦日の夕方から家族全員で作るんですよ。でも、黒豆煮とか田作りとかの縁起物で作るのが難しいのは買ってきたものを入れます。HANCACHIさんのお母様はそういうお料理も全部作られるのですか?私も黒豆がふっくら煮られるようになったらカッコいい!と思いつつ、まだ挑戦していません。でも毎年ダシ巻きは担当なので、おかげで上手になりました^^。

〈ハザマ〉


[154]>141 大人になるとお節のありがたさがわかります YuzuPON

子供の頃は、お節なんて適当でいいのに、と思っていました。でも大人になってみると、母の手作りのお節の有り難さをしみじみ感じます。

お節には、それぞれの家の独特の一品があると思うんです。同じように見えてもどこかよその家と違う何かがあると思います。市販のお節ではそれが味わえません。母の作ってくれるお節が最高です。


[155]>151 それが本当なんです! HANCACHI

漢字で書くと確かに、尼さんみたいですね(笑)

でも本当なんです!関西人なら常識!?は大げさかもしれませんが、違和感全くありません。

それに尼って使うのは、地元の方々なんですよ。関西人ですから、長いのは面倒なのでしょうか?

ちなみに、ダウンタウンは尼崎出身で、「尼のヒーロー」!

2人もテレビでよく、尼崎のこと「尼」って言ってますよ。


[156]>145 両方だと思います BROWN6

『大根おろし餅』と『おろし餅』の両方言いますね。

最初はお餅と大根おろしは合うのかなぁ?美味しくなさそうだなと思ったんですけど,食べてみたらビックリするくらい美味しかったのを憶えてますね。


[157]>114 くるみ haru-taka

実家ではくるみ餅が主流な食べ方でした。焼いてふっくらになった餅にくるみと砂糖を混ぜたものを少量の水で伸ばすんです。それを餅に付けて食べるんです。

実家を出るまでは全国規模でそうやって食べてるもんだと思ってました。

お雑煮、っていうのがテレビでやってて、母は真似して、味噌汁に餅を入れ「さあ、お雑煮だ!食べろ食べろ」と言ってました。

焼いた餅に海苔を巻いて醤油付けて食べるなんて知らなかったです。地元を出るまで。

大根おろしもチャレンジしてみたいですね。


[158]>132 うちも!子供の頃からうれしかった。 ie-ha-te-na

うちの実家でも毎年、元日におせちを囲んでお屠蘇の前に、父が祝い箸の箸袋に筆で一人ひとり名前を書いてくれます。もの心ついた時からの習慣で、子供心にも何だか一人前にしてもらっている感じでうれしかったものです。ナゼか今でもうれしいです。また一年が始まるなぁ、という実感も湧いてきますよね。

〈ハザマ〉


[159]>153 ハザマさんのお節バトルはすごいですね YuzuPON

ダイアリーの方でお節バトルの様子を読ませていただきました。ハザマさんのご実家では男もお節作りに参加するというのがとてもいいですね。

私も今年の暮れにはぜひ作ってみたいと思うのですが、今さら照れくさくて手伝わせてと言いにくいものがあります。

ハザマさんのご実家のことを話して、こういう家があるよと言ってみたらうまくいきそうですが、お話、お借りしていいですか。親父にもぜひ一緒にと誘ってみたいと思います。


[160]初詣。 ttz

家族で行く、初詣。

家の近くの神社に。

混雑もなく、ちょっと天気が悪くても行ける手軽さがいいかな。


[161]>85 ワラビも! vivisan

ワラビならよく取りに行きます。

こういう自然のものってホントにいいですね♪

話をもどして、そうそう。ハカマとりって・・指先真っ黒になるんですよねぇ・・。

うちは卵でとじるのですが、ちょっと苦味があって大好きです。

今年は久し振りに母の手伝いをしてとりにいこうかな。


[162]>126 大きな雛段飾り、憧れだったなぁ! ie-ha-te-na

赤い毛氈を敷いた雛飾り、私はとても憧れてました。vivisanが和の物や着物がお好きな理由がこのメッセージを読んでいて納得できました。小さい頃からこうして家で雛人形や日本人形、和の花やお料理に親しんでこられたんですね。

うちは、ガラスの専用陳列ケースの中に段が作ってあって、そこに雛人形やお飾りを並べていくミニチュアみたいな感じのものでした。それでも母が数日前から出してきてくれて、一緒に箱から出して並べていました。同じく、三日にしまわなければお嫁に行き遅れると言って、その日じゅうにおさめてましたね。昔はあれで片付けるということを覚えた、というお話も頷きました。

今でもお母様は雛人形を飾っていらっしゃるんですね。いつか女の子のお孫さんのために…と思っていらっしゃるのかも知れませんね^^。

〈ハザマ〉


[163]>54 実家にも。 haru-taka

実家は築200年の萱葺きの家なんです。

なので、それに伴ってあちこちに墓石があるんです。お墓参りの時期は大変です。

古い墓石の場所を知っているのは、今や父くらいのものだと思います。

あっちの山の中、あそこの田んぼの端にある石、草薮の中にある石。全てにお線香を焚いて拝んできます。「そこの石の上に立って、よく遊んだよ」なんて言えない雰囲気です。(多分言ったらものすごく怒られると思った。)


[164]>155 実はアマガネーゼは笑うとこです。。。 otayori

尼崎にも「武庫之荘」ってめちゃハイソなとこあるんですが、

ダウンタウンは庶民的な象徴として「尼崎」を言ってて、

ローカルな笑いとして、

「僕らの育ったとこは、高台にあってピアノの音バンバン聞こえてくる」と言ってたときに出た言葉が「アマガネーゼ」です。

>HANCACHIさん

私の友達が「私、尼やも?ん」と言ってました。

とても気さくで(庶民派だも?ん)という意味で言ってたんですが、

あとで知ったら、武庫之荘のお茶室のある豪邸のお嬢さんでした。

びっくりした!

お嬢さんには逆の憧れがあるのかな。


[165]正月は箱根駅伝を見るのが恒例。 ttz

1月2日、3日。

早起きして箱根駅伝見る人いませんか??

6時間ぐらいひたすら走り続けてるんだけど、学生だからか、感動だったり可哀相だったり、繰上げスタートで涙したり。。

毎年見てるけど、あれはあれで正月の風物詩。


[166]>112 わが家は脱力系 YuzuPON

受験の前日は天ぷらでした。親父いわく「サクッといけ、サクッと」。当日の朝は海苔を食べながら「受験なんてノリだ、ノリ」とオヤジギャグを飛ばしていました。お陰で気楽に臨めたのが良かったのか、うまくいきました。


[167]>160 近くの神社に、っていうのがいいですね。 ie-ha-te-na

私は実家に帰って大きな神社に家族で初詣。それはそれで露店も沢山出て賑やかなお祭り気分でいいのですが、近所の小さな神社で除夜の鐘をつかせてもらう、みたいなのもいいですよね。近所のに神社がある、というのは古くて歴史のある町だということですから、昔ながらの情緒があって羨ましい感じです。静かな鎮守の杜でお参り、してみたいです。

〈ハザマ〉


[168]>146 とっても勉強になります。 hanatomi

そして、改行されてこんなに細くなったいわしに書き込むのは初めてです。

大きな反響ですね。


[169]>161 ゼンマイも! YuzuPON

自然の風味、たまらないですね。ワラビはあく抜きが大変、ゼンマイはもっと下ごしらえに手間がかかる、ツクシもハカマ取りが一苦労と食べるまでが大変ですが、それがまた野草や山菜の楽しいところだと思います。そろそろいい季節がやってきますね!


[170]もしかすると、たまご掛けご飯食べてるだけでいいかも。 ttz

けっこう至福の瞬間。貧乏くさいけど。


[171]>96 殻付ピーナッツまきいいですね^-^ hanatomi

今度はそれをしようかな。いいことを教えてもらいました。

今年は普通に豆をまき、家のは拾ってありがたくいいただきました^-^。


[172]>157 お餅 toku4sr4agent

おはぎ、ぼたもち騒動といい、そしてここの餅レスといい・・・

本当にお餅が食べたくなってきてしまいました(笑


どなかた気軽に今からでもお餅を食べられる方法ご存知ありませんか?

(インスタントでもOKです)


今年は喪中で配偶者の実家では年末に餅つきをしなかったので、あまり有りつけませんでした。


お餅、食べたい!!


[173]>161 山菜取りも行事のうち haru-taka

山の中で育ったので、山菜は沢山取れました。我が家でも家族総出で出かけますよ。

ワラビと言えば小学校の「ワラビ採り遠足」を思い出します。


都会のの小学校と違って、田舎の小学校なのでお金があまりありません。今の子供はバスで遠足に出かけるんですよね?夢のようです。

部活動するために、ワラビを採るために山に遠足に行くんです。各班5人くらいずつに分かれて、ワラビの収穫量を競うんです。

そして、採ったワラビは丈を揃えて、箱詰めして、農協(現JA)に出荷してました。そのお金でソフトボール部のバットやボール、バスケ部のボール、卓球部の用具を購入するんです。

高学年になると、強制的に部活動をやらされていたので、事の重大さが良く分かってきました。

そして手に入れたピッカピカの金属バットの嬉しさ!!

半端なく嬉しかったな。


年取ってからはもっぱら生活のために山菜取りですかね。

ふきのとうから始まって、ワラビ、ぜんまい、水菜、うど、しょんでこ(全国ではなんと呼んでいるのか分からない)、たらの芽、筍、せんぶり、つくし、たんぽぽetc・・・。

秋はきのこ狩り。

夏は田んぼと畑。

冬は豆腐作りと、凍り豆腐(高野豆腐)作り、干し大根作り。


いい事か悪い事か分かりませんが、今の生活には季節感も行事も減ってしまいましたね。便利な生活はする事が出来るようになったけど。


[174]>167 まず氏神様から YuzuPON

わが家はまず氏神様からお参りして、その後に有名な神社に出かけます。小さな神社ですが、本殿のほかに境内社が二つあるので、それも全部回ります。小さな神社の境内社なので神棚くらいの大きさしかなく、長く住んでいる人でも存在を知らないような小さなおやしろです。


[175]>165 見ます見ます! YuzuPON

親父がスポーツ好きなので、箱根は正月恒例です。繰り上げスタートは見ている方が涙出てしまいますね。往路も復路も、わが家の正月に欠かせない風物詩です。


[176]田植えはお祭り! haru-taka

田植えには近所のおばさん達が沢山手伝いに来てくれます。おおまかな所は田植え機がやってくれるんですが、どうしても田んぼのすみには植え残しの場所が残ります。

そこを手作業で植えてもらうわけです。

10時の一服の時間と午後3時の一服の時間。

そして、夕食は豪勢に(と言っても我が家なりの豪勢)。子供の時は田植え=お祭りだと思ってました。

ちょっと遠くにいるおばさんも一服に食べる餅を持ってきてくれたり、父親の仕事仲間が一服のサイダーを買ってきてくれたりしました。


夜は父も近所のおばさん達も酒がすすんでほぼ宴会です。

減反政策や輸入野菜のおかげで、今はそういうのがなくなったみたいです。宴会が減って残念だな。


[177]>175 おじいちゃん dankichik

うちはおじいちゃんがスポーツ好きで、お正月のTVはスポーツ三昧でした。箱根駅伝はもちろん、サッカーやらラグビーやら。

確かにお正月と言えば箱根駅伝、ってすり込まれてます。


[178]>149 お父様は素晴らしいものを残してくださいましたね YuzuPON

サツキだけでなく、素晴らしい人とのつながりも残してくださいましたね。お父様と親しくされていた皆様が、お父様のサツキを一緒に見守ってくれる。お父様のお人柄が偲ばれます。盆栽の世界のことはよくわかりませんが、きっとサツキ展に出品するというのはすごいことなのでしょうね。心から応援しています!


[179]>136 龍泉洞の水 haru-taka

今はペットボトルに入って全国?で売られてるみたいです。龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つ。地底湖の中では世界最高の透明度を誇る水が並々と流れています。

岩泉町という町の一番の観光名所でもあります。

鍾乳洞の入り口近くには、無料の水飲み場があって「一杯で3年寿命が延びる」と書いてあります。

実家の近くという事もあり今までに100杯以上飲んでいます。(家の水道水が龍泉洞の水なんですが、そこで飲んだ数)


僕はきっと300年以上生きます。


[180]>172 お餅、食べたい!笑 chocogasuki

くるみってまた美味しそうなものを見てしまった。

思わずゴクリです。

餅は甘いものにも辛いものにも合いますね。万能!

僕も今からでも食べれる方法知りたい。。苦笑


[181]>174 神社の管理は大変 haru-taka

実家では近くの小さな神社を管理しています。

大晦日の前には、元朝参りする人達のために、歩道に電球を点けなければいけません。歩道の雪かきも。お稲荷様にお供えする煮しめも作って供えます。

お神酒の準備。

小高い山の上にあるので、暖まって貰う為に、だるまストーブと酒とやはり鍋いっぱいのお煮しめを準備します。

それほど人は集まりませんが、時々懐かしい人に出会えたりもします。

でも、大変なんです。


[182]>166 (≧∇≦)/ ハハハ! haru-taka

■「受験なんてノリだ、ノリ」

迂闊にも笑ってしまいました。

「サクッといけ、サクッと」も面白い。

なんかちびまるこちゃん家みたいでいいですね。羨ましい。


[183]>18 ぶらり、途中下車みたい sayonarasankaku

身近な発見がありそうですね。

なんだか楽しそう♪


[184]夏恒例のディ・キャンプ TomCat

子供の頃の話です。父はアウトドア好きで、若い頃はボーイスカウトのリーダーなんかもやっていたという人でした。そんなわけで、もう夏休みになると、息子にアウトドアのテクニックを仕込みたくてたまりません。しょっちゅうテントやら飯盒やらを持って連れ回されていました。

行き先はだいたい近場の河原あたりですが、たとえばテントをたてたり、薪を割ったり。そして飯盒でご飯を炊いたりします。

ご飯炊きひとつにしても、火をおこすのが意外に難しいんです。父は、必要最小限の焚き付けで炎を出せるように教えます。

いつ、いかなる条件でも通用するテクニックを身につけるのが野営。そうでなければ、ただのレジャー。焚き付けに使っていい新聞紙は1/4、マッチは2本まで。そんな縛りで火をおこしたりします。

そこで息子がどんな工夫をして火をおこすか見るわけです。だいたい最初は失敗します。そうすると二度目にはちょっとヒントをくれます。ナタを使ってもいいんだよ、とか。

で、ああ、そういうことかとナタで木くずを作って、新聞紙に付けた火で木くずに・・・・。あら、消えちゃった。そうすると父は、ゆるくねじった新聞紙と、ギュッとねじった新聞紙の燃え方の違いを見せてくれます。

わかった? うん! 今度はギュッと固くねじった新聞紙の端に火を付けて、それを木くずに燃え移らせます。おー、今度は火持ちがいい。木くずも燃えた燃えた。あとは空気と炎の流れを考えながら薪を置いて大成功。

そんなふうにして、少しずつ少しずつ、色んなことを教えてもらいました。だいたい、一回のディ・キャンプで学ぶテーマはひとつ。子供の理解力をよく考えたカリキュラムですが、本当はネタを小出しにして、また次も行きたくなるように仕向ける作戦・・・・だったのかもしれません(笑)

で、飯盒で炊いたご飯を食べながら、昔は山に入って白樺を見つけると、ちょっと皮を失敬したものだったんだ、白樺の皮は一握りあれば最高の焚き付けになるからね、なんていう話をしてくれます。

ディ・キャンプですから、西の空が夕焼けになるころには撤収。母の待つ家に帰ります。親子で煙りのニオイをプンプンさせながら帰ると、まったく男っていうのはもう、と半分呆れたような顔をしながら、お風呂湧いてるわよ、などと言ってくれました。

風呂上がりにスイカなどを食べながら、そうだ、今度は川の水でスイカを冷やそう、うまいぞ、などと、もう次回の計画です。懲りない親子でした(笑)


[185]>181 それはすごい!! TomCat

神社の管理とは。おそらくほとんど無償の奉仕なのでしょうね。でも、年の始めに神様と参拝者の皆さんの間を取り持つんですから、これは素晴らしい奉仕です。

昔から神社の奉仕をするとあの世のご先祖様まで神様のお褒めにあずかって末代まで栄えるなんて言われますから、こりゃharu-takaさんにもその大吉パワーが届いているかもしれませんね(^-^)


[186]>178 本当に素晴らしい TomCat

またCatnipさんが素晴らしいですね。お父様から受け継いだサツキを立派に守り育てるだけでなく、お父様のご縁までしっかり守り育てている。

親の人脈を子が受け継ぐというのは、すごく難しいことです。私も親を亡くしているのでよくわかります。親の遺してくれたもの。人格とかそういう所も含めて。そういうのをしっかり受け継いだと認めて貰えなかったら、親の代と同じようには、とてもお付き合いしてもらえませんよね。

お父様のサツキ仲間に、お父様の時と同じようにお付き合いいただけるということは、Catnipさんがお父様のサツキに対する愛情も、人に対する愛情も、そしてそういう皆さんに愛されていたお父様はさぞ素晴らしい方だったのだろうと思いますが、その人格までもシッカリ受け継いでいる。そう認めてもらえている、ということなのだろうと思うんです。

こんな親孝行はないですね。なんと素晴らしい親子だろうと思います。親子のサツキ。出品してください。親子の思いが花となって咲く。きっと見る人を感動させると思います。私も応援しています!!


[187]>176 これぞ日本のイエ行事ですね!! TomCat

田植え!! そうそう。これ、近所中総出で手伝い合うんですよね。今でもほんと、隅の方とか、田んぼの形の都合で田植機が使いにくいような区画は手植えですもんね。

で、みんなで働いて、みんなでねぎらい合って、宴会!!

これこそ日本のイエ行事ですよ。そういう苦心に苦心を重ねて、日本の米というのは豊かに実るんです。

減反だ、農作物の輸入だなんて、冗談じゃありませんよね。先進国でこんな食料自給率の低い国はありませんよ。

それで主張する外交だなんて、それこそ冗談じゃありません。もうお前の国には食料輸出してやらない、と言われたらそれで終わりです。よその国に経済制裁なんかして偉そうにしていられる立場じゃないんです。

そして、最近の農業政策は、農家を法人化させて、法人にだけ援助してやろうというねじ曲がったシステムです。昔から農家というのはこんなふうに、みんなで助け合って、力を出し合って、支え合ってきたんですよ。何を今さら法人化ですか。個人と個人が手を握り合って支え合ってきた、伝統的な農家の支え合いで何が不都合ですか。法人化させて企業の傘下に入れようっていうんですか。農家を大企業の小作人にしようっていうたくらみですか。冗談じゃないってんです。

そういう、宴会が減るような政策だから・・・・。あれ???

いやー、宴会が減るのは本当に残念ですね(^-^;


[188]>163 古くからある集落には色んな言い伝えがありますよね TomCat

そうそう。お墓なんかもお寺さんの墓地じゃなく、ぽつん、ぽつんと点在してたりするんですよね。石も自然石をそのまま使ってたりするのもあるし、ちゃんとした墓石でも年月が経ちすぎて、角が丸くなって苔むして、ちょっと見には自然石と見分けが付かなかったりします。

で、よくよく聞いてみると、どこそこのお墓に意外な言い伝えが・・・・。きゃぁぁぁ。ってな感じで。

でも、地元の方はそういう古いお墓も大切にされているんですね。このまま地方が過疎になると、いつかそういうお墓のありかを知っている人もいなくなってしまいそうで、寂しいことですね。


[189]>152 お母さん、かわいい(^-^) TomCat

もう、イースターエッグを作るお母さんは、少女の心に戻ってますね。でも、家族を愛する母の心も一緒にあって。なんか、「ファミリー!」のシェレン・ママを思い出してしまいました。何のことだか分からない人は、こちらをどうぞ。家族愛あふれる素敵なまんがです。

ファミリー! (1)

ファミリー! (1)

今年もTinkerBellさんは、イースターエッグ作りをお手伝いするんでしょうか。お父さん、幸せだなあ。卵も立ててみたくなりますね。いや、ほんと!!


[190]>106 うわあ、焼きたくなってきた!! 難しそうですが TomCat

私は、赤ちゃんのイエス様が使われた枕の形なんだよ、と聞いたことがありますが、色んな言い伝えがあるんですね。

日本ではあまりやりませんが、西洋ではクリスマス前のアドベントの期間を、すごく大切にしますよね。たとえばアドベントの日曜日ごとにシュトーレンを食べてローソクを一本ずつ立てる。アドベントには第1主日から第4主日まで4回の日曜日がありますから、ローソクが4本立つともうすぐクリスマス、なんてカウントダウンをしたりして楽しみます。

クリスマス・イブの一晩だけじゃなく、こういうアドベントの期間をイエ行事に取り入れていったら、きっと何倍も楽しくなってくると思います。街がクリスマス気分になってきたら、家庭でもアドベントのイエ行事!!

手作りのシュトーレンはその中心になってくれそうですね。あー、焼いてみたい。今年は挑戦してみましょうか(^-^)


[191]ふるさと自慢:お遍路さんを接待 tibitora

遍路道の近くでは、四国遍路を廻っているお遍路さんに接待(お茶や軽食をふるまう)をされている方たちがいます。接待をした人にもご利益があるのだと聞いたことがあります。


[192]>182 力うどん hhkznz

ゴルフに行くときの朝食は、必ず力うどんです。「力」という名前からしてパワーが出そうな…。早朝の高速道路のSAで夫婦で力うどんを食べ「一日頑張るぞ?」と誓います。


[193]>190 けっこう簡単ですよ! teionsinonome

けっこう簡単にできますよ!

私は一回目はアンデルセンに売ってあったキットを使って、2回目からはそのレシピに沿って材料揃えて作りました

お酒につけたドライフルーツがこれでもかってぐらい入るんですけど、いっぱい入れるほどおいしかったです

あと、上にも書きましたが寝かせるほどおいしいです!


[194]>74 お店のって違うものが混ざってますよね teionsinonome

そうそうそう!!!

甘い!!

そんでテカッテカですよね

私はお芋をつぶしただけのちょっと不細工でねっとりしたのが好きなので、手作りのが好きです


[195]>177 母校を応援! miumiur

母校が常連校なので家族で二日間応援してます。いろんなドラマがあって毎年感動してます。


[196]>180 おろし餅 teionsinonome

おろし餅、食べたことないです

つきたてを食べる機会がないのと、たぶんうちの地方にはおろし餅っていう習慣がないので・・・

もぼすごーーーく食べてみたいです

その為にももちつきしないと!(もうすぐ春)


[197]節分の豆まき・・・室内が荒れる日。(お菓子まき?) ttz

最近は豆まきなんてしないけど、豆を投げまくった後処理・・・大変だったんだろうな?。

そういえば子供の頃、近所の子供の家で、「お菓子まき」なるものをやっていた。大分の方の伝統だとか言ってたような気がするけど、ウソなのか本当なのか分かりません。でも、ビニールに包まれたお菓子を巻くだけなので、後処理はラクだったろうな?。


[198]>164 アマガネーゼ teionsinonome

そういえばまっちゃんがおかんのことを話す時に「アマガネーゼ」って言ってたような気がします!

尼かー

横浜在住の友達はよく「ハマッ子」って言ってました


[199]お菓子を自分の分だけ買うと怒られる flowerhill

プリンや、ケーキ、たこ焼きなんかを自分の分だけ買って食べてると怒られます。主に母が怒る。「私の分は!?」って。


[200]>191 いいですね。 haru-taka

僕もいつか四国遍路廻りたいな。

お遍路さんを接待してくださる、優しい人達もいらっしゃるんですね。

ますます行ってみたい。

あと、香川県高松市のうどん屋さんめぐり。

四国いってみたいな。


[201]>187 そう思います。 haru-taka

TomCatさんに共感してもらえました♪ ヘ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ ♪

そうなんです。

日本の貧しい農家はもう絶滅寸前です。(少なくとも東北地方で百姓してる人達は)


家を継ぎたい、と思っても生活が出来ないから泣く泣く都会に出なければいけないんです。昔の話のように聞こえるかもしれませんが、現在でもそうなんです。


でも、百姓やってる方にも問題があるんですよね、多分。

朝から晩まで必死に働いても利益なんか出ない。←工夫しろ、努力が足りない、農家だけ甘えるなと言われます。

沢山収穫出来たから農協(現JA)に出荷すると、今度は値段が安くて採算が合わない。←捨てるしかない。今まで必死こいて身体を軋ませながらやってきた結果が大赤字。しかも丹念に育てたものを捨てろと。泣きたくなりました。


いや、やっぱりお百姓さん達に問題はない。

そう思いたい。

僕はお百姓さん達が愛しい。


何より宴会が出来ないじゃないか!!<やっぱりそこかチャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )


[202]>185 (〃ー〃) 体温↑上昇中 haru-taka

奉仕作業と言われればそうですね。

確かお金貰ってやってるわけではないような気がします。(いや、年に500円くらいは貰ってるかもしれません)

大吉パワー頂いてます\( 〇 ⌒ ▽ ⌒ 〇 )/わぁい♪


[203]犬洗い tibitora

実家にいる犬は年に数回洗われてるんですが、そのときは家族みんなで協力しています。一番大変なのが洗われ終わって出てきた犬が部屋の中でぶるるっと身震いしてしまった時、家の中で水害です(TT)そうならないように犬を洗う人意外はタオルを持って、犬が身震いをしないうちに拭かないといけません(^^;お風呂場では固まってしまって身震いしてくれないんです;;


[204]>162 大きな雛人形! BROWN6

7段飾りって凄いですね。7段なんて大きいの見たことありません。そういえばひな祭りもうすぐですね。


[205]お年玉は楽しみから苦しみへ。 ttz

これまた正月行事、お年玉。

お年玉をもらえる年代はとっくに終わり、親戚の子供などにあげる年代に突入しています。

もらった分だけ還元しろということなのか。

もらった分は、使ってしまったのに・・・。


[206]>200 四国遍路、行ってみたいです ichthyostega

なかなか時間がつかないのですが、死ぬまでに一度は歩き遍路を達成したいと思っています。

「お接待」は「六波羅蜜道」という修行の一つである「布施」を行うことになるので、功徳がいただけるという考えだそうです。

また、お接待を受けた遍路さんは布施してくれた人の幸福を願ってお祈りを捧げるそうです。

これも弘法大師が遍路を作った1200年も前からの習慣を続けておられるのですから、四国の人たちはすごいですよね。


[207]>156 おろし餅 ichthyostega

ありがとうございます、両方の言い方があるのですね。

確かにそれまできな粉とか醤油で食べていたので、初めての時は見た目の違和感が強かったのですが、

とんでもなく美味しかったのを憶えています。


[208]>186 いい話です ichthyostega

最近は親子のつながりが希薄になり、物質的な世の中になってきていますので、

受け継ぐ物も物質的な遺伝子くらいしか受け継いでないような時代になっていますが、

本当に受け継がなければならないのは、こういった人とのつながりとか、愛情とか、目に見えない物の方が大切なような気がします。

いいお話を伺いました。

サツキ展への出品、私も影ながら応援させていただきます。


[209]>69 わかる気がします tough

もう町が祭り一色だから学校なんて休みで当然、という感じなのでしょうね。先生もだんじりに夢中で授業どころではなかったりして。

荒っぽい祭りなので男ばかりが一生懸命なのかと思ったら、女の子もこの時とばかりにお洒落して繰り出すというのがいい感じです。女子も気合い入ってますね。


[210]>58 庭の桜とはうらやましい tough

きっと庭に桜があるというより、桜のある所に家ができたという感じなのでしょうね。桜も大きな木なのでしょう。昔の大家族そのままに集まるお花見は本当に楽しそうです。なにもかもでかいですね。

土地の言葉や土地の民謡が飛び出すというのがまたいい感じです。


[211]>168 ここまで続くツリーは珍しい tough

本当に勉強になります。よくいがらみのない政治とか言いますが、投票する側がしがらみ一杯で投票してませんか。誰に頼まれたからとか。こういうふうに自分で考えて自分の意志で投票していったら政治は良くなると思います。


[212]>173 ワラビ採り遠足! tough

採ったワラビをJAに出荷するというのがシブいですね。苦労には苦労でしょうが、それが宝です。物ばかり豊富な都会生活では手に入らない物がありますよ。

都会の人間は金を出してワラビを買う。ワラビの里の子供達はその金でバットやグローブを買う。どちらが豊かな物を手に入れられますかね。ワラビ採り遠足バンザイですね。


[213]>186 私もそう思います tough

お父様のお知り合いがお父様の頃と同じように接してくれるというのは、それだけのものがあると認めてくれているからこそです。どんなものでも、極めると道になると思います。サツキの世界でも、その道の達人というのはサツキの育て方だけではなく、人生の様々なことについても極めている方達なのではないかと思います。そういう人達に認められている。すごいことだと思います。サツキ展目指して頑張ってください。


[214]西国三十三ケ所巡り H-H

我が家の行事といえば、これしかありません。

父が一人で始めた「西国三十三ケ所巡り」なのですが、

いつのまにか家族行事になりました。

三十三ケ所のお寺で掛け軸にありがたい判子を押してもらうのです。すべて、まわると掛け軸が完成します。

一度は家族で出かけることが少なくなったのですが、

三十三ケ所という一緒の目標と、

新しい場所へいくので、それぞれ役割があり、またみんなでお出かけするようになりました。

父:お出かけしたくなったら、みんなを誘う、地図を把握する

母:出発の日、朝5時にみんなを起こし、寺周りグッズをそろえる

兄:行動中、一番後ろを歩き、こけやすい母をサポート

私:ご当地を調べて、おいしい物を食べる計画をもりこむ

夫:父が酔っ払ったら、運転手


[215]>188 築200年の家のある地域 tough

家が築200年なら集落はもっと古いはずですから、その歴史はすごいですね。

>でも、地元の方はそういう古いお墓も大切にされているんですね。このまま地方が過疎になると、いつかそういうお墓のありかを知っている人もいなくなってしまいそうで、寂しいことですね。

都会からの人を受け入れて活性化していこうとしている地域もあるようですが、文化や伝統や歴史が消えていくという問題の解決にはならないですね。地元の人がずっとそこに住み続けられる時代がくるといいのですが。


[216]>208 あたたかい話ですね H-H

心をこめて育てたさつきと

そこから生まれる「さつきコミュニティー」

なんて、なかなかないですよ!!

きわたしも、さつきがきれいなお家があると、2秒ぐらい立ち止まりますが、

それ以上はあやしまれたらいけないので、あきらめます。

さつきのお話までできるのなら、ぜひ行きたいですよ。

私は「きれいですね!」としか言えないですが。


[217]>214 巡礼っすか!! tough

家族で助け合って達成を目指す姿が美しいです!

>兄:行動中、一番後ろを歩き、こけやすい母をサポート

というのがうるわしいです。みんなでそれぞれの力を出し合って掛け軸が完成したら家宝になりますね。


[218]>211 教育熱心なお父様に脱帽 H-H

政治家の批判をしてはいけない、

比較だけをするといった、徹底振りが教育のことを良く考えていらっしゃるからできることだと思いました。

うちの父は自分の意見を言いたい放題いってます。

誰に投票するかは教えてくれませんが。


[219]>217 ほんとですね。家宝にします! H-H

兄の行動には、発見した時、私もびっくりしました。

家ではぐーたらなのに。。。

階段をかけあがって「一番!!」と喜んでる自分はまるで子供です。


[220]>195 同じく!! tough

私も母校が常連です。しかし他にも当時の仲間がいますし、行き来して思い出深い所もありますから、母校だけ応援というわけにはいきません。優勝はもちろん母校になってほしいですが、ドラマは全員にという感じです。


[221]>91 同じく。 Spaceshuttle

我が家でも年末に餅つきをします。つきたての草餅・・・最高にうまいっす。


[222]>132 そういえば・・・ Spaceshuttle

私の嫁さんの実家がそれをやってます。正月の挨拶に行くと、私や子供らの分まで用意してくれてます。


[223]>201 農業だけではなく tough

今は商店も続々潰れて、跡を継ぎたくても継げない時代です。町工場なども同じです。大きな企業だけが儲かる仕組みを作って日本を私物化している政治が悪いんっすよ。

そんなことだから宴会が!!(笑)。


[224]>223 田植え yoshigyu1318

最近は学校の課外授業で取り入れられていますね


[225]>224 祖父が sanbo-n

生きていた頃は父の実家でも田を持っていました。今は田舎でも国道沿いの田んぼがみるみる郊外型の大きなスーパーやファミレスなどなどかたちを変えて都会ほどではないにしても田んぼのある風景が減っています。

仕方ないとはいえ寂しくもあります。


[226]>169 よもぎもち sanbo-n

小さい頃、おばあちゃんのところに遊びに行くとよもぎもちを作ってくれたのを思い出しました。きなこをまぶして、素朴なおいしさでしたね。懐かしい^^


[227]>218 すごいなあ。 hanatomi

何度読んでもすごいです。日本は、一体誰がどのような政治をして、どの部分に力を入れるのか判りにくいですよね。

イギリスでは決まった用紙に、それぞれの人の「公約」そして、今までそれがどれだけ実行できたか、そういった個人の実績を書いた

マニフェスト(はっきり示す。という意味があるそうです)の提出が義務付けられており、それがだーーっと並んでいる場所から人々が取って言っている映像を見たことがあります。

日本は、わかりにくいんですよね。でも!!MINTさんの家族は、一つ一つの署名や身の回りの情報で政治家の活動をじっくり見られているというところに感心しました。知る努力ですよね。

又、以前海外の新聞で、「日本の選挙は、見た目だったり、女性だったり、肩書き(コメディアンその他)だったり、そういうことで選ばれており、中身(何を市民のためにするか)で選ばれていない。」とばっちり書かれていたのがドッキリしました。

小泉さんはXjapanが好きということの方が、どのような政策をしたのかより有名かもしれないですもんね。

とにかく勉強になりました。


[228]>218 すごい sanbo-n

この内容にビックリしました。

多くの家族がみんなこうして政治に関心を持っていれば、もっともっと日本はよくなれるはずですよね。

難しいとか関係ないとか言わないでもっと考えるべき大事なことがらだと思います。


[229]>205 そうやって sanbo-n

次の世代にまわりまわっていくのでしょうね。

自分がもらい、大人になってあげるようになって、さらに大きくなり自分の子供がまたもらうようになり。。。


[230]>184 優しそうなお父さんですね。 hanatomi

面倒見が良くて、丁寧で親切で、TOMCAT さんみたいなお父さんですね。 笑

アウトドアはたのしいですよね。1人ですればある意味サバイバルですが、(^_^)

誰かとすれば、もう、わくわくの連続!

知恵が身につき経験が身につき。。

TomCatさんの話を読んで「やかまし村の子供達」というほのぼの海外映画を思い出しました。


やかまし村の子どもたち【日本語吹替版】

やかまし村の子どもたち【日本語吹替版】


私が見たものは、ザリガニ取りに行ったりするのですが、

のどかな自然の中、子どもが自然とともに仲間や家族とともに暮らしていく姿の映画でした。そういうきれいな景色がイメージで浮かびました。


[231]>204 大きなひな壇やカブト飾り sanbo-n

のある大きな家に子供の頃はとてもあこがれていました。

小さな頃は団地暮らしだったので置く場所もなく小さなガラスケースに入ったお人形くらいしかなかったので。


[232]>216 本当に心が温まる話です Fuel

お父様とサツキが結ぶご縁を本当に大切にしていらっしゃいますね。

その温かさが感動を呼びます。

私もサツキが咲いたら見に行きたくなってきました。

サツキ展のポスター、去年も見た記憶があります。

きっと一本一本のサツキに様々なドラマがあるのでしょうね。


[233]>206 巡礼への接待は世界共通 Fuel

イスラムなどでも巡礼者にはとても手厚いもてなしをするようですね。

インドなどでも求道者に喜捨することが功徳になると考えているようです。

宗教や国が違っても人の優しさは皆同じですね。

仏様を求めながら人の温かさにも触れられるお遍路。

素晴らしいと思います。


[234]>144 料理自慢のおじいちゃん Fuel

桜餅や草餅は美味しいし、何日も続けば飽きるし。

ジレンマですね(笑)。

でも数日はおじいちゃんの愛情をいただくというのも

思い出深いものだったのではないかと思います。

私は祖父の家が遠方なので、めったなことでは会えませんでした。

おじいちゃんが祝ってくれる節句の思い出。

うらやましく、想像するとほのぼのします。


[235]>90 身内の晴れ舞台を応援するイエ行事なんですね Fuel

実は私の親戚にも踊りをやっているのがいて

手を貸してくれと言われているのですが、

ああいう伝統の世界というのは上下関係も色々あって難しそうなので

ちょっと避けて逃げていたところがありました。

家族は手伝いに行っているみたいなのですが、

私も身内の晴れを応援できないようではいけませんね。

今度から少し考えようかと思いました。


[236]>189 ここはお母さん萌えツリーですね(笑) Fuel

本当に素敵なお母さんです。

幸せそうな様子が目に浮かびます。

恋する二人が結ばれた日が家族の始まりの日。

す、す、素晴らしいです!!


[237]>192 わが家も脱力系かも Fuel

受験の前日、夕食はオムライスでした。

なんだよ、カツ丼とかじゃないのかよと言ったら、

ケチャップで「合格」と書いてくれました。

あとになって、男は大学生になるとさらに家を離れていく、

それが寂しいから子供の頃好きだった物をわざと作ったんだと言っていました。


[238]>203 たしかにこれは家ぐるみ行事かも Fuel

大きな犬なのでしょうか。

お風呂場では固まってしまってブルブルしてくれないというのが可愛いです。

犬にとっても一大行事ですね。


[239]>210 もうすぐ季節ですね Fuel

ふるさとでのお花見。本当に皆さん、どんなに楽しみにしていることでしょう。

ただのお花見と違って、懐かしい顔が揃って、それが皆肉親で。

これこそ最高のイエ行事ではないでしょうか。

そして自慢の桜。

「我が家&ふるさと自慢!のイエ行事」とはこのことです!


[240]>199 家のデザート基金を作っておくとか!? ie-ha-te-na

つまり、自分がデザートを食べたくなったら、家族全員の分まで買って帰らなくてはいけないというオキテになるわけですね(笑)。なかなか値の張るお約束です。かといって自分の分だけ買って自室でこっそり食べるのは罪悪感!みんなで家のデザート基金でも作っておかれたらどうでしょうか?(笑)

〈ハザマ〉


[241]>227 今年の選挙で本当の大人を目指します! TinkerBell

選挙権があっても、棄権したり、人に頼まれて投票しているようじゃ大人じゃない!

自分で調べて、自分で考えて、責任を持った投票をします!

私の家でも家族で話し合いたいです。誰に入れるかじゃなく、誰がどんなことを言っているのかの情報交換会。

選挙が近くなったらクッキー焼こう。それ食べて家族で話すの。

おいしいお茶もいれられるようにがんばります。そういう日本の作り方もあるんだってわかったから。

こんなに続くツリー、初めて見ました。私の画面ではもう右端に寄って縦書きになっています!


[242]>197 京都では「地蔵盆」でお菓子を配りますね。 ie-ha-te-na

節分の豆まきは、別のツリーでサランラップに包んでまく、というお話がありましたね。すごく納得してしまいました。福の願いを込めてまいた豆を後で掃除機で吸い込むわけにもいきませんし(笑)。そういえば、模様替えでたんすなどを動かしたら節分の豆が後ろから出てきた、なんてこともありましたね。

お菓子まきは節分の日にする行事なのでしょうか?それとも別の行事なのかな?何せ子供にとっては楽しみでしょうね!

それで思い出したのですが、以前に住んでいた京都では、町内でまつっている小さなお地蔵さまを囲んで「地蔵盆」という行事があり、これはもっぱら子供が主役。大きな数珠を輪になって回したりして、そこで子供たちにお菓子が詰めた袋を配られます。見ていると、今でも昔のまんまの風情が心和ませてくれてました。

〈ハザマ〉


[243]>170 「おタマさんかけ」は至福ですよ(笑) ie-ha-te-na

いやぁ、これはいつの時代も至福ですよー。いつ食べてもホッとしますもん。ちなみに私はご飯一膳に卵二個たっぷりが好きです。それに海苔と白菜のお漬物があったら昇天ものです(笑)。

〈ハザマ〉


[244]>238 うん、うちでも大変 Kumappus

大きめな犬なので大変です。

ものの本には「頭からタオルをかぶせるとブルブルしない」とあるので、風呂から出るや否やかぶせてます。その間は確かに振らない。でも拭き切れないので結局どこかで1回はブルブルをくらいます。大被害というほどではないですが。

あれは人間が髪をかきあげるようなものなんでしょうね。

その後は家のドライヤー総動員(といっても2台だけど)で乾かしてあげます。温風が気持ちいいのかどてーっとくつろいじゃってますね>犬。


[245]>232 素敵なお話、感激しました TinkerBell

私にはまだ人生のことは何もわかりません。まだ親に守られて暮らしているヒヨコみたいな存在です。

でも、今が父や母から受け継いでいけるものを身につけていける時間なのだと思って過ごしていきたいと思います。

サツキが咲いたらきっとこのツリーを思い出します。


[246]>202 神様と人の両方に奉仕ですね TinkerBell

haru-takaさんのご実家のご努力で、皆さん初詣できるんですね。

雪かきまでしないといけないなんて、本当に大変そうです。

でも神様はこういう縁の下の力持ちをすごく喜ばれるんですよね。

あ、だからharu-takaさん、こんなにお幸せなんだー。

\( 〇 ⌒ ▽ ⌒ 〇 )/わぁい♪

うふふ。おっきな顔、かわいい♪


[247]>239 ふるさと自慢大賞のお花見ですね♪ TinkerBell

自慢のふるさと。自慢のお庭。自慢の桜。いいなぁ。

小さな子供たちの様子もとてもほほえましくてすてきです。

子供たちの心にも、きっといい思い出として残りますよね。

そうしてふるさとに集うお花見がいつまでも受け継がれていくんですね。


[248]>235 頼られて貢献できるって素晴らしい TinkerBell

私なんか役立たずですから、何かしたくても逆に何も手伝わせてもらえません。

あ、でもイトコの結婚式で受付係やりましたー!

ちゃんと打ち合わせして、一生懸命やりましたよ。

うちの親戚、若い女性が少ないので、ただそれだけの理由で頼まれました(がくっ)。


[249]>246 初日の出と初詣 akilanoikinuki

お正月には、早起きをして日の出を見に行きます。それが終わるとそのまま神社に向かい、初詣をします。そして家族全員の(嫁いだ娘のもは入ります)ぶんまでお守りを買い、一年の無事を願います。


[250]>240 みんなでそうしあえば sanbo-n

お互い様ですよね。

うちではそうしてますよ。

わたしがみんなのドーナツを買ってきたり、母が家族分プリンを買ってきたり。タイミングが良いとお菓子が増えるのですが、お互いがけん制しあって誰も買ってこなくて何にもないときもあります^^;


[251]>247 さくらの花が yoshigyu1318

我が家ではさくらの花が咲いていないのに花見をします。さくらの咲くのが待てないようです。


[252]>179 私の住んでいる町では yoshigyu1318

私の住んでいる町の水道水 という水が売られているのを見ました。普段何気なく飲んでいる水でしたが、売っている水を飲んでみると意外とおいしかったです。


[253]>243 うずらの卵で yoshigyu1318

鶉の卵をかけるのもおいしいですよ。


[254]>250 家族のことも考えて yoshigyu1318

家族の人数分同じものを買いますね。人数分ないときは買うのをあきらめます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ