人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

社会保険料について事業主側からの質問です。

社会保険加入時(11月)に、47万円(25等級)で標準報酬が申請されていたとします。
次の月から、36万円(21等級)に給与が下がり、
12月、1月、2月はその給与だったとします。

この場合、報酬の改定申請をだせば、
12月の分から21等級の保険料になるのでしょうか?

あまりよく保険料の納付の仕組みや改定の仕組みがわからないので
教えてください。よろしくお願いします。

●質問者: riatan
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:11月 12月 1月 保険料 報酬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● newmemo
●39ポイント ベストアンサー

コメントに書かれているように固定的賃金に変動があった場合です。12月に遡らないです。降給した月から四ヶ月目の保険料が変わります。質問文に即しますと12月の降給によって二等級以上報酬月額が下がりましたので、12月・1月・2月の三ヶ月分の報酬を記入して変更届を提出します。3月分の保険料が改定されます。4月の下旬に納入告知書が送付されてきますので4月の給与から3月分の保険料を徴収して納付します。

http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo09.htm

3) 随時改定をご参照ください。

随時改定は、次の3つのすべてにあてはまる場合に、固定的賃金の変動があった月から4ヶ月目に改定が行われます。

* 昇(降)給などで、固定的賃金に変動があったとき

* 固定的賃金の変動月以後継続した3ヶ月の間に支払われた報酬の平均月額を標準報酬月額等級区分にあてはめ、現在の標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じたとき

* 3ヶ月とも報酬の支払基礎日数が17日以上あるとき

http://kigyo.livedoor.com/docs/syahoroho/4_3_2.html

「随時改定」に該当した場合、標準報酬月額は固定的賃金の変動があった月から4ヶ月目に改定されます。たとえば、9月に昇給が行われた場合だと12月から標準報酬月額の改定が行われ、改定された保険料を従業員(被保険者)の給与から控除するのは、1月に支払われる給与からとなります。

◎質問者からの返答

なるほど、つまり、一時的に保険料と給与が乖離する感じになるのですね。昇給したけれど、保険料が安いままとか、そういう感じですよね。

ありがとうございます。


2 ● kurukuru-neko
●31ポイント

標準報酬月額の決め方

3) 随時改定の条件にあたれば申請可能。

http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo09.htm


http://www.shakai-hoken.com/shaho04_1.htm

http://www.wacatta.com/trial/05/05txt/05001200901.html

>12月の分から21等級の保険料になるのでしょうか?

届出しないとそのままなので

うまくいけば4月の支払いから新月額報酬

で3月分保険料になる

◎質問者からの返答

なるほど・・。

保険料って相当いいかげんですよね。

他の組織と連動してないのでしょうか、例えば所得税をみたら

いくら徴収すべきか大体わかりそうなものですが

そういうのないんですね。

ありがとうございます。


3 ● snaruseyahoo
●10ポイント

http://www.eonet.ne.jp/~matuura/hyoujyunhoushu.html

まず、報酬額とは基本給のほかに、残業手当や通勤手当(転居などをしたときには変動する)なども含まれます。よって、これらの手当ての額により、報酬額は各月において変動するものという考え方ですから、12月から給与が下がったとすれば、当然社会保険料はその等級での金額となるはずです。

◎質問者からの返答

うーん、よくわからないですが、残業手当とかでるたびに保険料を変えると面倒なので

基準の報酬月額を決めて払うんですよね、たぶん。

それを考えると、やっぱり給与があがろうが下がろうが

届出しないでおけば同じ金額を支払う必要があるってことだと思うのですよ。

おそらく。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ