人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昨年2006/12/18の日経の記事に
「日銀は2006年度上半期財務諸表等とともに、保有している外貨(預け金、債券、投資信託、金銭信託)の通貨別割合を明らかにした。9月末時点の保有外貨はおよそ5兆2000億円。その65%をドルに、30%をユーロに、5%をポンドに振り分けていた。」
とあったんですが、これは日銀保有のことであっで、日本国政府の外貨準備高とはまた別のものでしょうか?
また、膨大なほうの政府の外貨準備(100兆円」)におけるドル保有/ユーロ保有比率は公表されていないんでしょうか?

●質問者: sophitel
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:2006 9月 ドル ポンド ユーロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kumankuman
●45ポイント ベストアンサー

別です。外貨準備は政府財務省です。


証 券 749,006 のほとんどが米国債でしょう。


http://www.mof.go.jp/1c006.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

私もほとんどが米国債であるとは思いますが、できればその裏づけとなるデータがほしいです。


2 ● pikupiku
●15ポイント

別です。

http://today.reuters.co.jp/stocks/FinanceArticle.aspx?view=CN&am...

>2006年9月末時点で日銀が保有する外貨資産残高は5兆2341億円であり、その通貨構成は、米ドルが最大の約65%、ユーロが約30%、英ポンドが約5%となっている。「日銀は保有外債の通貨構成において、(外貨準備を運用する)財務省からかけ離れた独自のポートフォリオを持つとは思いにくく、外貨準備においても、日銀と似かよった構成比率であると推測できる」(市場関係者)という。

◎質問者からの返答

ということは財務省もユーロを結構持っている(30%くらい)といことになりますが、そうでしょうか?ちょっとダウトですね。


3 ● HONMA9691
●15ポイント

http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/18079773.html

日本の外貨準備はどうなるのか?


http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/gaitametokkai_170404.htm

外国為替資金特別会計が保有する外貨資産に関する運用について


肝心のところは公表しないということですね。

◎質問者からの返答

http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/18079773.html

についてですが、今世界最大の外貨保有国は中国なのではないでしょうか?

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/gaitametokkai_170404.htm

は抽象的過ぎて、これで透明性が高まったと思えません。


4 ● daiyokozuna
●15ポイント

>日本国政府の外貨準備高とはまた別のものでしょうか?

外貨準備は財務省ですね。

公表されていないようです。

でも8割程度アメリカ国債なんでしょうね。

◎質問者からの返答

やはり財務省の外貨準備における米国債の比率は機密ですか。機密にする理由がわかりません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ