人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

特別徴収義務者ですが、退職所得の源泉徴収・特別徴収について。平成18年12月31日に退職した者に平成19年1月に退職金を支給した場合は改正前の税率ですか?区役所によって回答がまちまちなんで混乱してます。改正した税率で支払ってしまっているのですが、どうしたらいいでしょう?

●質問者: stan4014
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:12月31日 1月 区役所 平成18年 平成19年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●42ポイント

所得が発生した時点での税率で良いはずです。

平成18年12月31日に退職したとしても、所得が発生したのが平成19年度に入ってからなので、所得としては平成19年度となります。

これに平成18年度の税制を適応するということには無理があります。

以下のサイトでも、「平成19年1月1日以降の退職所得に対する住民税額は、」という説明になっております。

http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/zeigenijou_2-1.html

http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/pdf/5000.pdf

改正後の税率で払っておられるということなので、そのままにしておいて、区役所から改正前の税制を適応して欲しいというような連絡があった場合に、「平成19年1月1日以降の退職所得なのですが、平成19年以前の税制を適応しても問題がないのか?」と確認して見てください。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。やはりそうですよね・・・でも某区役所の税務課のひとは「旧法で計算する」って言い張るんです。電話だったのでよく覚えていないのですが所得税法の事務連絡かなにかの条文をいっていたんです・・・


2 ● kurukuru-neko
●28ポイント

平成18年12月31日で退職所得税額表は廃止され

収入があった19年度の税制が適用されます。

ただし会社が事前に源泉している場合、会社の支払いの

日付が18年度であれば18年度、19年度であれば

19年度税制になります。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm


平成18年度の場合

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1420.htm

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/237.htm

http://www.nta.go.jp/category/kakutei/tebiki/h18/a/01/01007000.h...

>区役所によって回答がまちまちなんで

税務署に聞いた方がよいです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。税務署にも改めて問い合わせてみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ