人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜATX電源の出力は12Vなのか。

規格の理由や、歴史、裏話などの情報を探しています。

よろしくお願いします。

●質問者: digipedia
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:ATX 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tamtam3
●60ポイント

誰も書いてないので(ハードは苦手)


パーソナル・コンピューターのご先祖さま Altair 8800

http://ja.wikipedia.org/wiki/Altair_8800

この時 既に 12Vでした。というのも CPUに12Vの電力供給が必要だったからです

(当時は、12Vの安定供給ができないので、一度18Vにしてから落としてたみだいですけど)

多分 12Vというのが、技術的に 当時安定供給できるギリギリの線だったというオチな気がします(勘ですが)




で、これは後にも(IBM?PC)の規格にも引き継がれてます

(Altair 8800が叩き台にされてますので)

PCアーキテクチャとバスシステム

http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~wada/system00/PCbus.html




ちなみに、IBM?PC(AT規格)を決めた連中のほとんどが

飛行機事故でなくなって、それ以降 IBMでは 一度にセクションの人間全員が

一機の航空機に乗るな という流れになったという裏話を聞いた事があります

◎質問者からの返答

すごい面白いです。

ただ、やはりこの情報は集めるのが難しそうですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ