人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

有料サービスの「人力検索はてな」を利用することのメリットを教えてください。消費するポインツ分のメリットはどこにあるのでしょうか? 「教えて!goo」「Yahoo!知恵袋」などの無料サービスとの比較があるとわかりやすいです。または、ポインツを無駄にしないためのコツや、はてなに適した質問などがあるのでしょうか。

●質問者: phaedra
●カテゴリ:はてなの使い方 インターネット
✍キーワード:Yahoo! はてな サービス メリット 人力検索はてな
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 23/23件

▽最新の回答へ

[1]有料サービスであるため質問数が少ない・・・自分の質問が目に留まる確率が高くなる toku4sr4agent

教えてgoo(OKWave)の場合、質問する際無料であるため、

似たような質問が繰り返されたり、1日に質問される数が膨大な量になるため、

自分のした質問があっという間に後に流されていって回答したい人の目に留まりにくくなるという点があると思います。


あちらでは検索しないで質問を連発すると、「検索して」と釘を刺されることもありますよ。


[2]答えるとポイントがもらえる為 sakura19749

答えるほうは答えるとポイントがもらえるため

頑張って探してくるところ。

ポイントもつかなかったら知ってても答えるの面倒で

答えないとかいうこともありそう。


[3]意見を問う内容のものが適している toku4sr4agent

OKWaveではアンケート以外のカテゴリで、意見を募るような質問、アンケートを取るような質問ができません。


はてなの場合、どのカテゴリーにアンケート的な質問、多数から意見を募るような質問をしても問題がないようです。


また、OKwaveの場合にはお互い(ユーザー同士)のコミュニケーションをはかるようなやりとりを嫌いますが、

ここでは自分達のブログ(はてなダイアリー)への誘導も可能ですし、質問が終了した後、コメント欄で、その後どうなったかどうか(たとえば疑問が解決したかどうか)についても話すことが可能です。


質問終了後、OKwaveの場合には(同じ質問者さんのその後の質問等をみかけない限り)どうなったかを知ることはできません。


人によっては質問後もコミュニケーションをはかれることで、実際に疑問の解決に結びつく人も出てくるでしょうし。


一部を有料にして質問の場を設け、あとはユーザー同士が相談しあえる場の提供をしている・・・という見方もできなくはないですね。


[4]答えもいい加減なものもあるけど tehi

無料のものは質問も、本当にそんなことききたいの?と思うようなものがあるとおもいます。お金を払ってまでしょうもない質問する人は少ないと思う。専門的な質問は人力検索でして、たくさんの人に意見を聴きたい場合はいわしで十分だと思います。


[5]>2 URLまで記述するということ sibazyun

わたしはOKWave/Gooで答えたこともあるが、知っていることを確かめるために検索しても、そのURLまで書かないことが多い。そこまで面倒見られるか、という感じ。

こっちではURLまで書く。これは、ポイントをもらうかわりに、それなりに根拠のあるところを示そうということになる。


[6]>3 作品の募集ができる sibazyun

私は、川柳の募集をやったことがある。

短編(の冒頭)の募集などもあるようだ。


[7]>2 回答の質が高い komap2

あくまでも無料と比べての話ですが、やはりポイント(金銭)が絡むことで真剣な回答をしてくれる方が多いように思えます。


[8]質問の質がいい tententireman

ポイント消費を考えてしまって、慎重に質問することになります。


[9]真剣さが違う k_y

OKWaveも知恵袋も無料なので、質問・回答ともに手抜きなものが非常に多いですね。

特に質問側がエスパーじゃなきゃ分からんような質問してるのが多い。

さらに、あっちは掲示板代わりにしてる人が多いです。

質問のレベルも妙に低い。Yahoo掲示板や2ちゃんで聞けばいいじゃん…

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/list/question_list/new

↑アホかと思う質問だらけ…

はてなは、メリットがあるというよりは、「まだまだ腐ってない」という感じですかね。


[10]適度に規模が小さい mutsuju

教えて!gooとかは規模が大きすぎてどうも一覧して見る気にならない。

これくらいの規模じゃないと人間がブラウザだけで追っかけられないと思う。


[11]>7 無料・有料にかかわらず回答で手を抜くということはしませんが本音は toku4sr4agent

OKwaveでの回答経験もありますし、まだ使ったことはないですが)レフリーの資格もあります。


有料・無料を問わず、回答する際手を抜いているつもりはありません。

良い回答を心がけることで、評価されるシステムが双方ともにあるからです。


ただし本音を言えば、

あちらの場合、抽選でしか商品が当たらない、

各カテゴリのありがとうマスターになるか月別のありがとうマスターなどにならない限り、商品が当たらない、ありがとうマスターになるには、それこそずっとパソコンにかじりついて沢山回答をしなければ無理、という現状がありますし、

「良回答」を沢山いただければ勿論それなりに評価されているという満足感はありますが、

はてなのように獲得したポイントで別の有料サービスを使えるとか、amazonや楽天で買い物が可能になるわけではありません。


なので、回答する数が少なくても、ささやかながらポイントがつくはてなの制度は、若干モチベーションがあがるかもしれない、そういう本音はあります。


ただし、あちらはユーザー数が多い、質問数も多いかわりに規約違反の質問・回答等は削除・編集の対象になりますし、最近ではユーザーに、レフリーをさせるという制度も導入しました。


ポイントがつくのでモチベーションがあがる

と言う点でははてなに、

規約違反への対応等についてはOKwaveに軍配が上がるかもしれません。


[12]まとめてレス phaedra

→教えて!gooで「はてな」と同じ質問をしてみたのですが、レス数があまり変わりません。あまり妥当性がない気がします

→これは確かにポインツを支払うことのメリットの一つですね。卑屈になる必要がなかったり、検索の手間が省けるのは良いです

→これも正解ですね。こういった質問は対価がないと難しいですね。アンケートとか。okでは禁止されてるんですね。なるほど

→質問者にとってのメリットではありません

→無料サイトの場合、無責任というより無意味な回答がたまに紛れますね。答える気がある人についてはそれほどクオリティに違いが認められませんでした

→規模が小さくなることによる質問者側にメリットが理解できません


[13]注目度の高い質問がカテゴリー別にひとめでわかる toku4sr4agent

はてなの場合、注目度の高い質問が、カテゴリー別にわかるようになっています。

(ウォッチリストに入れている人が多い質問)

http://q.hatena.ne.jp/ranking

OKwaveにも似たような機能はありますが、すぐにはわかりません。

(役に立つQ&A、参照の多いQ&A)


なお、自分の質問が目に留まる確率が高くなるについては否定されてしまいましたが、OKwaveを半年以上利用していての実感です。

自分の質問が後に流れてしまってなかなか見てもらえない、回答がつかないという悩みをおっしゃっている質問者さんの書き込みを何度か目にしています。


既に何度も質問された上で検証された上で、否定されているのであれば、「質問が目に留まる確率が高くなる」は信憑性がない、妥当性がないとおっしゃられているのであれば人によって感じ方が違うので否定はしません。


[14]とりあえずググッてみる。 Yoshiya

知りたい事がある場合はとりあえず、グーグルで検索してみます。

頭に浮かんだキーワードを入れるだけでもいいし、キーワードを文章にしてもいいです。

日本のページならば、大抵は引っかかります。 引っかからない場合でも、キーワードを少しずつ増やしたり、言い換えたりすると情報がでてくるものです。

一部の回答者が「教えてgoo!」や「yahoo 知恵袋」から回答を探してきて、URLを提示しているだけで回答としていますが、

その程度の事は最初から質問者が知っている可能性があるので、私は回答に載せない様にしています。

有料サイトだから、いい答えが出てくる訳でもないし、まずは質問者がある程度調べるべきでしょう。

検索エンジンをうまく使えば、「はてな」だけでなく他のナレッジサイトに既出の回答がでてきますよ。


[15]不良回答者の回答は開かない。 Yoshiya

できるだけ回答をオープンする前に回答者のプロフィールを見る。

支払い率が極端に低いか、受け取りポイントの低い回答者は、不良回答者の可能性がある。(全てではないですが)

あやしい回答者だった場合は、回答履歴からその人の回答を見てみる。(できればポイントが0の回答を見る)

大抵、質問内容と違う回答をしているか、暴言か罵詈雑言を書いている。 その場合は、コメントに捨て台詞を書いている人がいるので、それも注視する事。

質問文を書く時は、自分の知っている情報をできるだけ書いておく事。 自分が調べたホームページのアドレスや書籍などを書いておけば、回答者はそれを除外して調べてくれる。

質問(全角500文字)が全て書けないときは、コメントに書いてもいいが、「コメントを参照」と書いておくと、回答前に読んでくれる可能性が高い。 そうしないと、コメントを読まずに回答される可能性がある。


[16]個人的には人力も無料かなぁ?。 doriaso

回答で稼いだポイント(お金)で、その他のサービスの料金を

まかなっているわけで・・。

そういうユーザがどれほどいるのかわからないんですけど、そ

ういう意味では、はてなを質問専門で使っているユーザは自腹

切っているわけですね。

質問自体ちゃんとしたものだったら、その道の専門家がちゃん

と回答・フォローしてくれるっていう感じがしますね。

あと、金払ってるんだから、ある程度回答者に比べて強い立場

にある(回答拒否とか)くらいかなぁ?。

>消費するポインツ分のメリットはどこに、、

人力検索というサービスを使わせてもらうための単なる使用料

くらいじゃないでしょうか?


[17]>16 僕は、しばらく使ってみてから… takahiro_kihara

これは使えるな、と判断し、ポイントが少ないので購入した。

hatenaも、人力検索を謳いつつBLOGサービスに分類されるらしいし。

ポイントを導入した分、真面目に考えてくれる人が多少は多くなることを期待している。


[18]>14 その頭に浮かぶキーワードが、個人では限界がある takahiro_kihara

ので、このような人力検索サービスが成り立つんだと思います。


[19]>18 そうとはいえませんよ。 Yoshiya

根気よく探せば、答えはなくても該当するHPから次のヒントとなるキーワードが出てきます。

そのキーワードから探していけば、知りたい事が見つかる事が多いはずです。

インターネットから知りたい事を調べる時は、色々な組み合わせを模索しないと答えは安易に出てきません。

ポイントを支払って調べてもらうのが「人力検索はてな」ですが。やはりまずは自分で調べてみる事が必要だと思います。

そうでなければ、他力本願で他のユーザーに探してもらっても、回答が正しいかどうかの判断がつかないだろうし、その質問が他のユーザーの興味を引かなければ、回答が出て来ない事も往々にしてあることです。


[20]>19 はてなで回答するのに一番簡単なのは、 doriaso

同種のサービスサイトからパクってくることですからね。

回答者として"まずググルってみる"のは基本ですね、で、

それらを組み合わせて自分なりの回答に仕上げていくの

が楽しいんだと思います(私は)。

URLだけ貼り付けるのは、今のはてなの主旨からいうと×

なんですかね?


[21]>17 BLOGは"はてなダイアリ"でしょう。 doriaso

難しいのは、マジメとか不真面目とか、良質問・良回答とか、

不良回答者とか、判断できないことですよね。

履歴とか各種割合だけ示されても判断は難しいなぁ?。


[22]>15 OKwaveでは嫌なユーザーからの回答も拒否できない toku4sr4agent

確か、向こうでは嫌なユーザーからの回答も拒否できなかったと思います。


特にお悩み相談系、メンタルな質問をして、例えばtoku4sr4agentというユーザーの回答が気に入らなかったので、今後はこのユーザーからの回答はご遠慮いただきたいと思っても、原則拒めない。


そのユーザーへの返信欄に、「今後は回答をしないて」と書いて通じる相手なら、回答はしなくなると思いますが、中には、しつこいユーザーもいる。


[23]類似の質問に対する回答 toku4sr4agent

http://q.hatena.ne.jp/1172836072#a688573

に類似の質問に対する回答を記載していますので、こちらも参考にしてください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ