人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

合併とかするときの「税制適格」ってあるじゃないですか。みんな税制適格になることにやたら神経使いますけど、何でですか?別に不当に税金とられるわけじゃないのでいいじゃないかと思うのですが。リアルに説明してください。

●質問者: draftand
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:リアル 合併 税制 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● andalusia
●35ポイント

不当と言えるかどうかは感性の問題なのでなんともいえませんが、税制非適格合併ですと資産含み益がrealizeしてしまうので、譲渡所得の法人税が課されます。そのとき、



なお、以上の話は非合併会社が、資産含み益を持っているケースと想定しています。含み損を持っている場合は、非適格合併のほうが有利なケースもありえます。

あと、繰越欠損金を引き継ぎたいときは税制適格であることが必要です。このケースでは、もちろん適格でないと支払う税金が増えます。

http://www.noguchi.co.jp/archive/tax/tx021219.php3


2 ● sadajo
●35ポイント

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/sentaku.cfm?i=200...


3 ● snaruseyahoo
●10ポイント

http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_2781.html

適格合併とは、税法で定める一定の要件を満たす合併のことで、被合併会社の資産・負債を簿価で引き継げる、消滅会社の繰越欠損金を引き継げるといった税務上のメリットを受けることができます。

適格合併とされるためには、

被合併法人の株主に合併法人の株式以外の資産が交付されないこと、被合併会社が合併会社の100%子会社であること、その他一定の条件を満たす必要があります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ