人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

関西テレビ製作【発掘!あるある大事典】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E6%8E%98!%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%82%E3%82%8B%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E5%85%B8
確かに捏造は悪いことですが、納豆自体は健康にいいことは間違いないし、欧米で【若く見えるようになる食品】で注目されていることも事実。
ただし他の局(日テレなど)ニュース番組を挟んで「味噌でダイエットする」などの実験結果を踏まえた放送もあり、およそ視聴者にはどれが正しいのか判別がつきにくいですね。
貴方は【放送】についてどう思うのか考えを述べてください。

●質問者: rthuk
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:BA E3 あるある大事典 ダイエット ニュース番組
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 29/29件

▽最新の回答へ

[1]娯楽のためのもの t-saitou

何でも鵜呑みにせず、娯楽と割り切って楽しんでます。


[2]テレビ放送だけが情報源じゃないし KazyN

そもそもアノ手の番組を疑いもせず、信じ切ってしまうと言う心理がわかりません。

「放送」は数多ある情報源の一つに過ぎず、気になった情報は他の情報源にも当たって、適当かどうか判断します。


[3]>2 プロ発の情報の信頼性が低くなった。 tadatarai

個人発の情報の信頼性はそもそも低いですが、プロ発の情報の信頼性も低くなってきたように思います。そういう意味では、新聞も、企業や専門家が発するサイト上の情報も比較検討しなくては、と思いました。


[4]冷静な判断ウザい k_y

こういうとこの、こういう質問にたいして、

たいていは「自己責任で見ろ!」な回答がよくつくけど、

それはインターネットとか良く使う、情報を見分けられる人の意見でしょ。

パソコンなんてほとんど使わない、携帯電話のメールもほとんどしないような

40代50代のオバサマたちは、テレビの「情報番組」「報道番組」が

これほどまでの嘘をつくとは思ってないわけで。

自分の価値観だけでモノを言うのはどうかと思う。

で、

やっぱね、こういう嘘にはキツーい罰を与えたほうがいいと思うよ。

「見る側が気をつければいいんだから、報道する側は好き勝手やっておk」ってのは無しで。


[5]>1 娯楽で済むものと済まないもの otayori

トリビアの雑種犬の飼い主がニセモノでもガッカリで済むかもしれませんが、

(ガッカリしたけど、雑種犬がいっぱい見れた)

「健康」などになると実践する人も出てくるわけで、問題やなぁ?と思います。

学者さんの信用にも関わると思いますし。

影響力が強いメディアってことを作る側が意識して、一般の人以上の倫理観を身に着けてて欲しいなぁと思います。


[6]テレビはもう信じない umisenbei

結局テレビ局は自分たちの利益とスポンサーのご機嫌をとることばかり考えていて、視聴者を大切にしようなんて思ってないんだから。


[7]>4 真剣に考えるのがカッコ悪い世の中に noguj

何でもシャレでいきましょう。

川辺に子供が歩いていたら、蹴落としてモガいている姿を眺めながら

「冗談だよ」と。

集団でやればいいんです。

数の多い方が正しいのです。

オレオレ詐欺?

単なる釣りじゃないですか、日本にいる大勢の人間が大好きなお遊びですよ。

釣りに引っかかる方が悪いんです。

金のために治安を売る、「生きるためだからしょうがない」

当たり前のように大勢の人が叫んでますよ。

小生もそれに従うかもしれません。

もーアホらしいです。


[8]>5 最近 sakura19749

テレビ番組の信用度がすごく下がりました。

どの局も捏造はあるのではないでしょうか。

NHKも以前問題になったことがありましたものね。

どのテレビ局も信用できませんね。

嘘が多すぎる世の中・・


[9]>6 捏造しても注意だけでしょ? noguj

身分などを偽る結婚詐欺、なぜ逮捕されるのか理解に苦しみます。

同じようなことが蔓延しているのに。

詐欺が詐欺でなくなっているんですよ。

結婚詐欺にしても、生きるため、生活するために詐欺行為を働いているわけで、なぜ犯罪になるのか?


[10]>8 テレビをはじめメディアの信頼度は極端に下がっていますね optokubetsu

結局、いまや世論を自分たちに有利なように動かしていこうという思惑のある人たちが利用するためのツールに成り下がってしまいました。娯楽番組以外はまともに相手にしないという姿勢で臨むことが大事だと思います。悲しいことですが・・・。


[11]>10 情報の氾濫 ichthyostega

今回の事件は、テレビをはじめ、メディアの情報を鵜呑みにするのがどれほど危険であるかが示されたいい例だと思っています。

テレビに限らず、各種メディアでは情報操作が行われているのは明らかです。ニュース番組やキャスターが世論の代表のような言い方をしていても、世論調査とは逆のことも良くあります。

インターネットなどは情報氾濫の最たるもので、仕事柄健康関連の情報を調べることも多いのですが、何か調べるとき、インターネットではまともな情報に行き着くのに時間がかかるのが現状です。

今や脳の処理能力を上回るほどの情報が脳に入力される時代です。情報を鵜呑みせず、吟味することが必要です。自分で吟味できない情報はあくまで一つの情報としてそれ以上の信頼を置かない姿勢が重要でしょう。


[12]民放も放送法の目的をきちんと守って欲しい。 koujirou2007

放送事業は、いいかげんな番組を作っていると、そのうちに総務省の権限が強くなるおそれもあるように思えます。その意味で、民放も放送法第1条(目的)の条文をきちんと守って欲しい。

第一条 この法律は、左に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。

一 放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。

二 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

三 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

(放送法のHP)

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html


[13]>9 放送は広告ビジネスですもんね、、、 sougetsu

ビジネスに貴賎はないですょね、あるのは合法と違法の違いだけ。顧客がちゃんと満足しているビジネスは、違法とされていても、公然と存在してますし。。。逆に合法なビジネスでも、何かあれば顧客側だけが「泣き」を見る仕掛けになっているのも多々。。。


[14]はてなで集めた回答などを tehi

そのままテレビ番組にしている業界関係の質問者さんもいるようですし、もっとちゃんと取材なりしてしっかりやってほしい。参考にするのはいいけど、そのまんまだとなんかガッカリする。


[15]あれはウソだ!これがホントだ!って言ってるけど・・・ badboys2bad

なんかつくづく日本って平和だと思います。


[16]データの取り扱い ichthyostega

今回の事件ではコメント内容を書き換えるなど、悪質な内容でしたが、過去の放送や、その他のこの手の番組でのコメントやデータの出し方を見ていると、ねつ造に近いことは平気で行われています。要は、ねつ造するのではなく、番組の構成上都合の良いコメントだけを抜き出しているわけです。


例えば、ある医者が「○○の物質を過剰摂取すると癌発生率が高くなるが、夏場の日光浴による紫外線に当たる程度のもので、それ程危険性のあるものではない」というようなコメントを出した場合でも、「○○の物質を過剰摂取すると癌発生率が高くなる」という部分だけを抜き出すのです。そうすると、「医者が言ってるのだから、○○という物質は非常に危険性が高い」というような印象を与える訳です。その後はどこかの健康食品メーカーなどの科学的根拠の薄いコメントで、「XXを摂取すると○○は解毒されます」といった内容を流すのです。こういった手法はねつ造とは言えませんので、至る所で利用されています。


また、あの番組ではよく血液データを出していましたが、あの出し方は「対照がない」ということと、「データの変化の量が検証されていない」という点で、少し科学論文をかじったものなら、疑問を持つやり方です。例えば、「コレステロール値が前後では10下がった」とか出していますが、コレステロールの10程度の変化は何もしなくても生じます。このような統計的には全く意味をなさない数値でも利用されています。


今回の事件はネイチャー誌でも取り上げられており、科学界でも問題となりそうな勢いです。科学者もこのように利用されることの無いように注意していく必要があるのかも知れません。


テレビなどでは編集が出来ます。局所的な情報のみ流せば、ねつ造しなくてもかなり内容はコントロールできると言うことです。データの取り扱い方を見ていれば、信頼できるデータかどうかはある程度判断できます。しかし、一般的にはこういった判断は難しいと思います。一般的に「AならばB、BならばC、CならばD」という論証の段階が多い理論は信憑性が薄いものです。各段階で100%の信頼度なら最後まで信頼度は100%ですが、各段階が80%の信頼度なら、3段階あるだけで信頼度は0.8x0.8x0.8で約50%に下がると言うことです。データの取り扱いには十分注意しましょう。


[17]>7 でも最終的には『自己責任』 T-lisa

テレビだろうがインターネットだろうが, それが井戸端会議だろうが同じこと. 最終的に正しいかどうか判断するのは自分が持っている『判断力』. 現在のような情報が氾濫する中で正しい正しくないの判断をせずに無批判で受け入れるなんて愚の骨頂です.

せめて, 少なくとも『more better』な選択ができる程度の判断力は必要です.


[18]>5 判断はそこですね komap2

「何かを買わせる」ような番組の作りで嘘をつくのは詐欺同然。

業者から金を貰ってテレビで嘘の宣伝することも出来るから食べ物や商品の宣伝になるような番組作りはもっと規制を厳しくしたほうがいいかもしれませんね。


[19]テレビが与える影響は大きいが、個々の判断力がもっとも大切だ odorukuma

今回の「あるある」事件は、日本人の国民性が多少なりとも顕れている気がします。


[20]受け手がバカになってきて qjpem028

大騒ぎしすぎ


[21]>1 東スポみたいなものもあっていいかとw synta

情報を受動的に受け取るか、能動的に受け取るか。それは各個人の好み、問題(責任)にしちゃって良いと思います。

批判全てに対応していたら何も生み出せませんし、放送は基本的に一方向性のメディアとして機能すれば。

評論や批判はweb2.0(ネット)で十分できますし、それで「あの放送局は…」と口コミが形成されればイイんじゃないかと。


[22]>4 40代50代のオバサマたちは大人 trinh

いい大人が「納豆食うだけで痩身」なんてこと信じるとすれば、そりゃもう「自己責任」としか言いようがない。「鰯の頭も信心から」とか言うから信じるのは勝手だが、専門知識云々以前の常識的判断力があれば普通は信じないわけで、騙されたとか言って騒ぐのはビッグ・ブラザーを待望してるのと変わらない。

だからといって捏造をしていいわけではない。捏造への処分はそういう間抜けな「オバサマたち」の有無に拘らず為されるべきこと。


[23]>22 全知全能の人などいない Bookmarker

新発見した(と言っている)事に対して、現在の常識の範囲内で判断してそれは絶対嘘だなんてことは言えないでしょう。全知全能の人などいないのですよ。

鵜呑みにせず疑ってかかることは必要だと思いますが、信じる人を「間抜け」とは決め付けられないと思います。


[24]>23 テレビ局の中の人も全知全能じゃないけど trinh

納豆ダイエットが、哲学的に突き詰めるような話でないことはおわかりだと思います。普通に考えて、毎食2パックも納豆食べたら結構なカロリーです(ダイエットなのに!)。これくらいの想像力というか常識を普通の大人に求めることと、全知全能なり完全無欠の知識武装を求めることには、相当の落差があると思いますが。

で、「間抜け」が不適切であるのなら、どう言い換えましょうか。「不注意」とか「おっちょこちょい」でしょうか。他の表現でもいいですが、私の論旨に影響はありませんので、そのように読み替えて頂いて結構です。


[25]>24 納豆ダイエットの件だけの話ではないのでは? Bookmarker

このいわしは、『発掘!あるある大事典II』の第140回『食べてヤセる!!!食材Xの新事実』に関してだけ質問しているわけではないと思うのですが…


[26]今回はTVのことだけが注目されているようですが、 noboru

こういうことがTVでしか起きないなどということは有り得ないでしょう。新聞や雑誌や本など、あらゆる所に嘘や捏造はあると思って間違いなし。ただそれが許される範囲内にあるかないかだけの問題でしょう。

まあしかし今回のことで嘘に対する免疫が少しできて結果的にはよかったんじゃないでしょうかね。これでTVなどのマスコミに乗せられる人が減るでしょう。どんな所からの情報であったとしても本当のことかどうかを確認する姿勢は大切です。


[27]捏造は良くないけど heartofgold0126

大きく言ってしまうのも分かる気がする。

でも納豆を買ってしまったので悔しい。


[28]テレビ局に反省なし optokubetsu

「あるある」事件後もテレビ局はそれを他山の石とせず、相変わらずの過熱報道ぶりを見せています。もう自浄能力のないマスコミ業界は終わったと思います。


[29]>28 総務省もダメ。 doriaso

どうせうまい汁吸ってんだろうしな。

局穴(アナ)と合コンとか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ