人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/service/se10_bunbetsu.html 投資者保護基金ってのは「お預かりした金銭を顧客分別金として信託する際に、一時的なタイムラグによる不足分が発生した場合には、投資者保護基金から補償されることとなります。」
って時に主に使用されるらしいです。このタイムラグってどういう時に発生するのですか?

●質問者: berstain
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:タイムラグ 保護 基金 投資 補償
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Yoshiya
●60ポイント

http://shiruporuto.jp/finance/hogo/kinho/kinho602.html

金融広報中央委員会HP 「?.投資者(証券会社の顧客)の保護3.破綻から顧客資産の返還・補償までの流れ」

上記のHPにタイムラグに関する解説文があります。

顧客分別金信託のタイムラグ(時間差)証券会社は顧客から預かったお金を顧客分別金として信託銀行へ信託することになっています。証券会社が預かっている金額は日々変わりますので、先に信託した分別金の額が、証券会社が実際に顧客から預かっている金額に比べて不足する場合もあります。証券会社は、不足がないかを少なくとも週1回以上チェックし、不足がある場合は、その額を追加して信託することになります。

しかし、次回の不足額チェックと追加信託までの間に破綻し、顧客分別金として信託した額が実際の預かり金額より不足している場合には、すべての預かり金を返還することができなくなってしまう可能性があります。不足が生じた場合は、その不足分について保護基金から補償されることになります。

http://shiruporuto.jp/finance/hogo/kinho/images/kinho602_pic_02.gif

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ