人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中央競馬の弥生賞は
武豊鞍上のアドマイヤオーラが勝ちましたが、
2007年前半現在の競馬騎手の”勢力図”は
全体で見るとどういう感じなのでしょうか。

武豊だけが
ダントツで抜けた実績、実力なのでしょうか。
それとも武豊に迫っている騎手はいるのでしょうか。
また、もし、武豊がダントツだとして、
その他の騎手の中ではどんな騎手が活躍中なのでしょうか。
安藤勝己はここ1、2年ずいぶんと勝ち鞍を増やしているようなイメージはあります。

個人の意見、見方でよいので
書き込んでいただける方はよろしくお願いいたします。

●質問者: ao2
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:2007年 けが アドマイヤオーラ イメージ ダントツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● Paddington
●40ポイント

ペリエ

http://keiba.yahoo.co.jp/directory/jocky/004/32/index.html

◎質問者からの返答

なるほどー、ペリエがいましたね。

連対率が累計で.290ですか、

これはけっこうな数字ですね。


2 ● よこささくん
●40ポイント

http://db.netkeiba.com/?pid=jockey_leading

年始に騎乗停止があった影響でしょうか、武豊の勝数が伸びていないのが意外です。岩田の成長や中舘の奮闘が目立ってますね。

◎質問者からの返答

そうなんですよね、

騎乗停止はあったにせよ、

最近武豊があんまり勝たない感じがしています。

岩田、中館ですね。


3 ● dyz
●40ポイント

春はアンカツ

秋はユタカ

年間でユタカ

藤田がいないのが寂しい。。。

◎質問者からの返答

ふじた??


4 ● kennzi9
●40ポイント

武豊選手が地位を守っているところは変わりませんが安藤勝己騎手や福永祐一騎手なども追いかけていてここ最近では接戦になる気が します。まあ武豊選手が有利なのは変わりませんが・・・・・

◎質問者からの返答

有力馬が武豊に集まってしまうのは、

彼の実績から言って当分続くし、

また武豊がそれらの有力馬で

確実に勝つことができるところこそが彼の実力、真価で、

他の騎手がその”馬のハンデ”を乗り越えるだけの実力をつけ、

実績を積み重ねなければならないことは確かですよね。

他の騎手は一戦一戦を大切にして、

地道に成績を積み重ね、

信頼を獲得しなければなりません。


って何様だオレは。


5 ● sadajo
●40ポイント

http://d.hatena.ne.jp/yoshi-knee/20070213

◎質問者からの返答

武豊の実力の一端を記したブログですね、

ありがとうございます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ