人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

多角化をしている企業にとって複数の事業をそれぞれ別会社に分けたほうが良いと判断できるのはどのような時なのでしょうか?
わかりやく解説しているサイトもしくはわかりやすく解説をお願いします。

●質問者: ymty
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:サイト 企業 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●50ポイント

多角経営は、通常本体の利益が多くその余ったお金で将来の安心を買うために、複数の事業に手を出して次の事業の芽を見つけるということでしょう。

分社したほうが良いと判断する場合は、本業の利益が少なくなってきて場合に、不採算部門や本体の事業より採算が悪い部門を切り離そうとする場合が多いです。独立させることによっての経営効率の向上を図るということが経営判断としてある場合が多いです。本業から切り離され、独立採算制になったときは大概、採算性がアップします。

http://www.e-somu.com/faq.asp?lv=co&CI=337

http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeikin3/zkn3_3_1.htm

http://www.academyhills.com/gijiroku/21/21_8.html

分社化して、軌道にのってから吸収する場合もあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

悪い部分を切り離して清算を行うのはわかりました。

本業から切り離され生産性がアップする理由は何でしょうか?本体に所属しているほうが、裏方部門を共有できて人件費を抑制できると思うのですが。


2 ● kappagold
●20ポイント

このサイトが、わかりやすいと思います。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h11/zenbun/html/p14...

◎質問者からの返答

市場の直接的な規律を意識し,機動的意思決定を可能とする分社化の経営成果

経営陣の意識に関係がありそうですね。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ