人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

お気持ちのみですが200~1000ポイント差し上げます。社会人でサービス・製品の企画についてある程度わかる方にお聞きします。海外に支社がある会社の、現地に関する情報サービスの需要調査をしたいと思います。FAXまたはDM、e-mailなどによる需要調査をしたいのですが、今、調査対象企業の連絡先などのリストアップができたとして、ベストな調査対象およびその方法を教えて下さい。

1)需要調査書送信先部署(例:日本の本社の営業部がいいよ、など。可能ならば理由つきで。)
2)調査方法(?FAX、?DM、?TEL、?e-mail、?その他、その調査方法で予想される結果と問題点)
3)その他アドバイス

1)?3)のいずれか1つのみの回答でも構いません。最後のポイント配分で調整するので、2度以上の発言も遠慮される必要はありません。

他に連絡先リストアップの方法についても質問していますので差し支えなければ合わせての回答を希望します。

●質問者: ReoReo7
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:?D DM E-MAIL FAX アドバイス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●100ポイント

1)現地の総務部門又はその情報を欲しがる部門

基本的に、取引がなければアンケートを送ったところで相手にしません。総務ならその情報サービスが有効であるだろうと判断した時点で回答してくれますが、他はよっぽど魅力的だと思わない限り相手にしません。

2)Faxは論外。後は受取側のし好、アンケートの量による

簡単な質問(数問程度)なら電話。電話だと断る必要がありますから。答えるのが簡単なのはe?Mail。受け手に魅力的に見えるのはDM。

難しいですよ。現地に行っている人間だと相手にしている暇がありませんし、国内だと状況が分かりづらいでしょうし。一番難しいですが、現地と国内との間をしょっちゅう往復している人を国内で捕まえることができれば一番です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。会員制の現地の経済のニュースの翻訳版を掲載するサイトです。


2 ● it_beginner27
●50ポイント

海外支社の直接のニーズをどこまで引き出せるかは会社によると思いますが、「東京商工リサーチ」の市場調査サービスを活用するという方法はいかがでしょうか?

TSRの名前で大企業に対してもアンケートを取れるので便利ですよ。

http://www.tsr-net.co.jp/service/market/product/index.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● ynkjp777
●100ポイント

2) 調査方法 → E-mail

調査依頼メールを受け取った担当者が関係ありそうな人に転送してくれる可能性が高いと思います。FAX・DM等の紙媒体では社内転送に手間がかかりますし、転送先が1人に限られてしまいます。社内の需要を全て把握している部門なんてありません。手間をかけず複数に転送できるメールが最適かと思います。「そういえば営業のあいつと、購買のあいつは最近ベトナム絡みの仕事していたな。じゃあ、転送しておいてやろう」という感じです。少なくとも私の勤務先ではこんな感じで外部からのメールが回ってきます。

3) その他アドバイス

私がいきなり「調査依頼」というメールを受け取ったら、恐らくほとんど読まずにゴミ箱行きだと思います。「現地経済ニュースの翻訳版掲載サイト紹介」というメールならちょっと興味を持ち、どのような記事がどのレベルの翻訳で掲載されているのか確認し、使えそうと思えば需要調査に回答しようという気になる可能性は高いと思います。結局、「何が出来るのか」が目に見えていなければ、なかなかその先までは踏み込めませんから、無料で利用できる部分を先に開設されてはいかがでしょうか。サイトが出来ていれば、需要調査はサイト上で行うことも可能ですし、その方が答えるハードルは低くなると思います。

◎質問者からの返答

調査後に投資を開始しようと思いましたが、先にサイトを開設する必要があるとのご意見。ありがとうございます。


4 ● Baku7770
●100ポイント

#a1です。

>会員制の現地の経済のニュースの翻訳版を掲載するサイトです。

であれば、

1)を訂正します。

国内であれば

総務部門

経営戦略室(特に輸出入企業の場合。企業により名称が変わります)

資材部門、生産管理、現地工場管理部門(製造業)

現地は

総務部門、仕入れ部門

が効果的でしょう。

◎質問者からの返答

再度の回答をありがとうございます。現地、国内の各部署にそれぞれメールを配信するのが効果的と思われますでしょうか。

1)

サンプルサイトを作る

2)

現地、国内の各部署にそれぞれメールを配信する

の2点において効果的というご意見ですが、これに関して違うご意見もお聞きしたいです。


5 ● Baku7770
●100ポイント

#a1,#a4です。

#a4のコメントについて回答致します。

1)サンプルサイトを作る

むしろ必須でしょう。ReoReo7さんの会社名が有名報道機関や経済研究機関ならいざ知らず。連絡を貰ったところで相手にして貰える方が不思議です。

先日とある外資系経済研究機関の講演を聴きましたが、3万通のアンケート調査を配布して返ってきたのが2千通です。類似の調査を日経の名が付くと1万2千通に対し1千5百通です。

名前がないのをカバーする意味でもサンプルは必須でしょう。

2)現地、国内の各部署にそれぞれメールを配信する

うまくピンポイントでアドレスが集まれば効果があるでしょうが、そうでない限りは難しいでしょう。ReoReo7さんの会社がそれなりに有名な会社で、いいサンプルサイトを構築されたとしても、代表のアドレスに送りつけたところで転送してくれるのは2割あればいい方でしょう。クレームなら確実に回しますけど、内容が宣伝であれば大手であればある程お客様センター止まりです。

私も握りつぶす方です。

メールのいいのは費用が安いことで、他で質問されていましたが、個人アドレスが大量に集まった場合で、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる狙いの場合です。個人アドレスなら工場長とか言った役職の方ですから、私はDMの方がいいと思いますよ。

◎質問者からの返答

1)

会社はベンチャーで0からです。まだ企画段階なので、実態はありません。

2/30の回答率ならかなり良いほうなのですね。

私はサンプルサイト無しで5%程度の返答率ならば、それを見てその後立ち上げの是非を・・という考えでしたがどうなんでしょう。


2)DMのほうが良いとの意見ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ