人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

拉致問題について、もし仮に拉致された人の中に現地で死んだ人が居た場合、
北朝鮮はどういう対応を取るべきでしょうか?
特に、現地でずさんな管理で死んじゃって(もしくは刑に処されて)
遺骨とか適当でどこいっちゃったか分からない場合などは。
(実際、現地の衛生状態や生活状態、被害者の年齢を考えると、
現地で亡くなった人も居る可能性はあると思います)

●質問者: match7
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:北朝鮮 対応 拉致 拉致問題 管理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● mourkk
●17ポイント

北朝鮮の目的は、経済・エネルギー支援や日本独自の経済制裁の解除だから、残りの拉致被害者がすでに死亡している場合(その可能性はきわめて高いと思う)、「拉致問題はすでに解決済み」という姿勢は崩さないと思う。

たとえ譲歩したとしても「再捜査する」とかいって適当な報告しかてこないと思う。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

僕の質問の答えとはちょっと違いますが、真面目に答えて下さっているのでOKです。

つまり、北朝鮮としては、死んでいようがいまいが、

交渉カードとして突っぱねるのがベストってことですね。

確かに、仮に全員死んでたら、

「全員死んでました(あるいは殺しました)」

って言って証拠を出しても、むしろ逆的交渉カードにしかならないでしょうしね。

(そんな風に解決されても、絶対に被害者たちは納得しないはず。

それよりは曖昧にしておいた方がいいのかも。)

一部死んでた場合はどうですかね。

やっぱりお茶を濁す方がいいのかなあ。

○○さんについては実は死んでて、遺骨も何処いったか分かりません、

などと一部死亡、一部生存、とか発表しても、

それで本当に(北朝鮮にとって)よい方向に進むか微妙ですもんねえ。


2 ● a-hi-zip
●17ポイント

北朝鮮の立場で考えるのなら。

死んでしまった拉致被害者は、合同蔡として他の亡くなった朝鮮人等とともに火葬、または土葬にて処理しており、遺骨はあっても実際誰の者かは判明できない と説明。

既に高齢の拉致被害者も居る事から、被害者は全て死亡とするか、または1?3人生存している新たな拉致被害者を日本へ帰国させる。

日本の政治家が得意とする『曖昧』な、ハッキリとはしないが仕方がないと思わせる最終報告で拉致問題を乗り切る対応を取るでしょう。

.

歴史を振り返っても、また現在においても

被害者(国)は時が過ぎても決して忘れる事はしないが、加害者(国)は時と共に犯した罪を忘れてしまう(しまおうとする)

日本も意見は色々ありますが、過去において近隣アジア諸国に苦痛を与えています。

戦後60年以上たった現在、日本は加害者としての記憶がどこに存在するのでしょうか。

明治維新の際 薩長主導の新政府に負けてしまった会津藩をはじめとする幕府側。

未だに靖国神社へ奉られる事はありません。

私は東北の出身ですから、今は無いものの薩長が許せませんし、靖国神社なぞ参拝しようとは少しも思いません。

.

話がずれてしまい申し訳ありません。 結局どちらが大人になって相手の手を取れるか ではないかと思います。

◎質問者からの返答

するでしょう、ではなく、

何故そういう対応をするのが得かを含めて書いてほしかった。

後半は僕の質問とは関係無い意見ですが、

付加的に書いてくれてるのでまあOKです。

でもやはり前半部分が…


3 ● TomCat
●16ポイント

私は、拉致問題というのは刑事事件としての誘拐事件であって、単純な属地主義(刑法学上の考え方で、全ての国家は、外国人による犯罪を含め、自国領域内で行われた全ての犯罪に対し管轄権を有するとの考え方)に基づき、日本の管轄権をもって、日本国内で発生した他の誘拐事件と全く同様に、厳正な捜査、裁判による審理を経て、処罰をしていくことが重要と考えます。

万一、被害者の死亡という事態になった場合、その死亡の責任については、属地主義の見地に立った場合、犯罪の開始が日本であり、犯罪の完結が北朝鮮ということになりますから、被害者死亡にかかる罪状に関しては、北朝鮮当局が管轄権を有することになります。

ここにおいて北朝鮮当局は、犯罪の抑止と厳正な処罰は、自国民を含めた世界の全ての人々の安全を守るための基盤であると受け止め、国家の枠組みを超えて真摯に対応していくことが求められてくるということになります。

また、拉致事件は北朝鮮側も国家機関の関与を認めている問題ですから、日本が過去に行ってきた行為にかかる謝罪と全く同様に、国家レベルにおける謝罪、被害者救済制度の設立、金銭的賠償など、多岐にわたる謝罪が求められるということになってくるはずです。

日本はこの点、敗戦により解体された「大日本帝国」の負の遺産を、全く新しい平和国家として生まれ変わった後にもなお引き継いで、謝罪し賠償しているわけですから、北朝鮮当局はこれと全く同様に、拉致問題が完全に解決するまでは、この解決には被害者全員の行方の完全な解明と、生存者の帰国、万一死亡者がいた場合はその遺骨の返還、被害者家族など正当な相続者に対する遺品遺産などの返還、犯罪者全員の公正な処罰、謝罪賠償などの全ての完了を指しますが、それが完結するまでは、仮に今後北朝鮮の国家体制が変わろうとも、引き続いて責任の履行が求められていくということになります。

また、拉致事件は北朝鮮軍事関係者が深く関与した事件ですから、これは北朝鮮当局としては、自国の軍事政策の欠陥がもたらした重大な国際問題ととらえ、その再発防止策として、日朝間の軍事的緊張の緩和、不可侵、平和友好を無条件で確立する平和友好条約の締結に、前向きに取り組んでいく責務があると考えます。

◎質問者からの返答

だから、僕の質問は、死んじゃった人がいて、

特に何が何やら分からんかった人が居た場合は、

どうすべきか、の質問です。

その場合は、遺骨を返すことは無理ですよね。そしたら永遠に終わらない?

治外法権的にはなるけど、日本の警察に国内での捜査を許可させて、それで死亡が確認…というか生存が確認できなければOK?

あとは、謝罪と賠償すればその件に関してはOKって感じなんですかね?


4 ● sadajo
●16ポイント

>北朝鮮はどういう対応を取るべきでしょうか?

既に今も、曖昧な理由で、片付けているので

対応はしないと思う。

どんなめちゃくちゃな理由でも、その可能性は無いといい続けるでしょう

◎質問者からの返答

いや、だから、北朝鮮はどうすべきか、と……

対応はしないと思う、ではなく…

sadajoさんもまた曖昧な対応の一つですね。

僕にとっては北朝鮮の対応と同じです。


5 ● Baku7770
●16ポイント

彼らの常識(国際的非常識)から拉致は終わったと言う以外手がないでしょう。

質問にあるような刑死だとして、正直に言ってしまえば、安倍内閣は拉致の実行犯の引き渡しを要求しているようですから、裁判記録などの要求を招きます。

謝罪の仕方としては最低のやり方なのですが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

やっぱり、もし死者が居たら、

警察を派遣して詳しく捜査させろ、とか、

裁判記録を閲覧させろ、とか、

こっちの要求はエスカレートするだろうので、

そしたらヤバいことがどんどん出るかもしれないから、無理かもしれませんね。

その意味でも、あの国の置かれた状況からは、終わったと言うしかないのかも。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ