人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

旧約・新約聖書のエピソードを詳細に紹介している本を和書洋書を問わず探しています。
中見利男『面白いほどよくわかる聖書のすべて』を読んだのですが、
該当エピソードや人物の聖書における引用箇所の表示が不十分で、
原典を確認するのが困難で不満を覚えました。
なるべくレファレンスや注記がしっかりしているもので良質の本はないでしょうか。
アカデミックなバックグラウンドをもつ著者であればより好ましいと考えます。

●質問者: reizouko
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:アカデミック バックグラウンド レファレンス 原典 引用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● spadmin
●19ポイント

http://www.amazon.co.jp/gp/search?search-alias=stripbooks&__...

「アカデミックなバックグラウンドをもつ著者」の書籍をご希望であれば、岩波書店から出ているキリスト教関連書籍をお薦めします。宗教くさくない日本語訳聖書を読むなら、岩波の旧約/新約聖書翻訳委員会が訳している「聖書」を入手し、「岩波キリスト教事典」でわからないところを調べていく、というのが基本スタンスでしょう。

その後「聖書を読む」(旧約・新約の2冊)、「イエスとはなにか」を読むことをお薦めします。ただし、前者は個別具体的テーマの学術的検証ですので、網羅的な内容ではありません。後者は、対談集で読みやすいとは思いますが、テーマが大きすぎるため、入門者には不向きかもしれません。いずれも入手しやすい本なので、店頭で確認することをお薦めします。

◎質問者からの返答

『岩波キリスト教事典』は持っています。便利ですね。


2 ● thistle_lullaby
●19ポイント

小説 ノアの箱船

小説 ノアの箱船

  • 作者: デイヴィッド メイン
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • メディア: 単行本

私は今読んでいるのですが、登場人物や聖書の言葉をわかりやすく、かつ聖書に忠実に物語にした本です。聖書ではわずか40ページにしかなりませんが、初心者の私にはものすごくよくわかる本でした。この本を訳した金原瑞人さんもあとがきに書いていらっしゃいますが、リアルに想像力の世界を堪能できると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● torisugari
●18ポイント

http://www.hontomo.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=4-89439-025-6

辞典ですが読み物としても。

ちょっと高いですが。

◎質問者からの返答

興味深いです。


4 ● sougetsu
●18ポイント

http://www.amazon.co.jp/%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%...

「総解説:聖書の世界」

旧約、新約、外典、偽典まで網羅した聖書のダイジェスト版です。聖書そのものだけでなく、聖書音楽史、聖書美術史、聖書翻訳(出版)史、登場人物略歴なども付いていて重宝します。

神学者、考古学者等、各テーマをアカデミックな研究者が書いているので、リファレンスも充分。

◎質問者からの返答

これはよさそうですね。読んでみます。


5 ● momomoni
●18ポイント

手塚治虫の「聖書ものがたり」はどうでしょう?。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%...

◎質問者からの返答

手塚先生が書かれていたとは!

引き続き回答お待ちしております。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ