人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ヨットではロープとは言わない。セールをマストに引き上げるロープをハリヤード、ジブ・セールを出したり引いたりするのをジブシートという。ブームを調節するのをメインシートと言う。なぜ、シートと言うのか知らない。
教えてください。
スピンセールを調節するロープをガイと言う様だがこれもどんな意味か知らない。
教えてください。

●質問者: glucklich
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ジブ スピン セール ハリヤード マスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● HONMA9691
●27ポイント

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=sheet&stype=1...

sheet

[名] 1 《海》シート, 帆脚綱(ほあしづな)

◎質問者からの返答

なぜ、シートと言うのか、なぜロープと言うのか理由が知りたいのですが・・

なぜ、シートと言うようになったのか、です。


2 ● menbo_a
●34ポイント

シートについてだけですが

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00668/contents/002.htm

縦帆では船尾側の下隅、横帆では両側の下隅に取り付けて風を帆にはらませるためのロープをシートといい

帆にシートを取り付けるときの結び方がシート・ベンド(sheet bend)である。

シートとは布のことであり、もともと帆布そのものを表す言葉だった。

「帆を張る」とは「シートを張る」ことであり、「帆布の下隅にロープを結んで風をはらませる」ことだったことから

帆をセールと呼ぶようになるとそのロープをシートと呼ぶようになったものである。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。よく分かりました。

日本船舶振興会はこんな調査や記録、公表、の仕事もするのですね。


3 ● miharaseihyou
●34ポイント ベストアンサー

http://serennz.sakura.ne.jp/toybox/style/

シートの綴りは「SHEET」。敷布団に掛けるシーツとか、スタイルシートのシート。本来は板や紙、布などの平面的な薄い物体の総称です。ジブシートはヨットの前部に前帆(jib)を固定するための帆足綱です。緩めたり引っ張ったりしてジブの角度を調整します。以上の事情から「sheet」は「sheet maker」の意味で使われていると思われます。日本語と同様に分かりきった言葉は記録されないでいると推測します。と言うより、それしか解釈のしようがありません。

ちなみに小型の二枚帆のヨットでは帆の操作用のロープを前から「ジブシート」「シュラウド」「メインシート」と呼びます。前帆はジブ=jib、後帆はメインセール=mainsailです。メインシートはブームを二点で支え操るためのロープです。ジブシートは前帆のマスト近くを支え操るためのロープです。

http://bsearch.goo.ne.jp/imgdt.jsp?STYPE=1&PREVDC=20&DC=...

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

日本では昔から「帆足綱」と呼んでいたのですね。最初の回答者の方のにもありました。

sheet makerが語源だったと推測されるようですね。永い間の疑問が解けてスッキリしました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ