人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

確定申告の医療費控除について質問です。

手術をして仮に35万払い
高額療養費と共済金で合わせて40万戻ってきたとします

この場合
「保険金などで補てんされる金額」の欄に書くのは
35万?
40万?
どちらになるでしょうか?

●質問者: Naka
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:保険金 共済 医療費控除 確定申告
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● daikanmama
●35ポイント

あくまで、該当の医療費に関して「補てんされる」金額ですから、全額補填されたということで、「35万」と書けばいいかと思います。

https://www.keisan.nta.go.jp/survey/publish/21815/faq/21832/faq_...

Q 保険金などで補てんされる金額が医療費から引ききれない場合は、どのように入力するのですか。

A 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

したがって、「左のうち、補てんされる金額」欄には、給付の目的となった医療費(交通費等を含みます。)と同額を入力します。

結局、差引きゼロになってしまうわけですから、その医療費については申告を省略してもいいのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ズバリの回答ありがとうございます。

差し引きゼロでも省略はしない方が良いのかなって気はしますけど


2 ● sayonarasankaku
●35ポイント

http://www.nta.go.jp/category/kakutei/tebiki/h18/pdf/04.pdf

より

>保険金などので穂てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引かれません。



高額療養費と共済金が入院にたいして戻ってきたのであれば、

35万円です。


私も今日、同じことを税務署で確かめてきました。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

これで安心してできそうです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ