人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ヒラタブンブクというウニ科の生き物についての情報を探しています。どこに生息しているのかなど、ヒラタブンブクについての情報を教えて下さい。

●質問者: atsu11
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:ウニ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● ootatmt
●15ポイント

http://plaza.harmonix.ne.jp/~m_hirota/SeaFishes/hiratabunbuku.ht...

相模湾以南、インド洋・太平洋・紅海・フィリピンに分布する。

浅海の細かい砂の砂泥底に生息する。

夜行性で昼間は砂に潜っているが、潜んでいるところは砂が盛り上がっていて、

注意していればダイバーにも分かる。

砂ごと掘り返して見ると出てくるが、動きが早く、すぐ潜ってしまう。

分類でも分かるように、ウニの仲間で、殻はハート型 (英名のハートはここからきている)

棘は前から後へと一方向に流れ、その中に数本縞模様の長い棘がある。

ブンブクと言う名前は「文福茶釜」から来ている。

ブンブクチャガマ科の「ブンブクチャガマ」と言うウニが最初に名付けられたものだと言うことだ。

このブンブクチャガマを名づけた人は、他に「タコノマクラ」や「スカシカシパン」などの名付け親でもあるらしい。

何故、ブンブクチャガマとなったかと言うことは定かではないが、

おそらくその容姿を、タヌキが伏せて隠れている様に見たのではないかという説が有力である。

まさかこんな名前を付けられていようとは、当のウニも知る由がない。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● ootatmt
●15ポイント

走ることもできるらしいですね。

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/museum/ouroboros/07_02/kenkyu.html

ウニと言えば、棘のよろいに身を固めしっかり岩にはりついているというイメージがあるかもしれない。しかし、ヒラタブンブクはそのような「いが栗」型のウニとはまったく異なる種類である。砂や泥に潜って暮すブンブクというウニの仲間で、体の表面に何千本もの細かい棘をもっている。ヒラタブンブクのけっさくな行動は、海底面を走ることである。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● seek4158
●15ポイント

詳しい説明はこちら↓生息地も書いてあります。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~m_hirota/SeaFishes/hiratabunbuku.ht...


http://www.izuzuki.com/Zukan/Other/U2/hirataBB.html


http://hagihaku.exblog.jp/5506974/

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● norita34
●15ポイント

http://plaza.harmonix.ne.jp/~m_hirota/SeaFishes/hiratabunbuku.ht...

ヒラタブンブク

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


5 ● kennzi9
●15ポイント

http://plaza.harmonix.ne.jp/~m_hirota/SeaFishes/hiratabunbuku.ht...

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ