人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アイヌ語でマグマや火砕流、溶岩などを意味する言葉を探しています。
できるだけ多くの言葉をお教えいただければうれしいです。
よろしくおねがいします。

●質問者: xiaozi
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:アイヌ語 マグマ 溶岩 火砕流
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ekzywpozd
●10ポイント

http://www5d.biglobe.ne.jp/~hel/jp/JOKO/AT15.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ただ、ここは私もみたのですが、これだけではどの単語が何を意味するのかわからないのです。


2 ● SALINGER
●40ポイント ベストアンサー

北海道の地名はアイヌ語が語源であるものが多いのでそこから探してみました。

支笏湖の近くに樽前山という山があるのですが、その山の語源がウフイ・ヌプリuhuy-nupuri(燃える・山)とされています。

樽前山は過去に何度も噴火したことある火山です。

ですから「燃える」と意味する「ウフイ」という言葉が、マグマや火砕流や溶岩などを指しているのではないかと思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~hi5K-stu/aynu/bbsaynu99.htm (真ん中あたりにあります)

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます!

もし他に見つかるようなことがありましたら、お手数ですがお教えいただければうれしいです。


3 ● SALINGER
●10ポイント

再投稿します(ポイントは1つ分でかまいません)

有珠山の噴火のアイヌ語版があったので追加します。

有珠山が噴火しました

(アイヌ語)

Usu-nupuri (Usu-zan) opus ruwe ne

ウス-ヌプリ (有珠山) オプ・ ルウェ ネ

http://sapporo.cool.ne.jp/kumanesir/kana/AT15_usukana.htm

◎質問者からの返答

引き続きフォローありがとうございます。

この噴火はopusの方でしょうか....?


4 ● ardarim
●30ポイント

ちょっと探してみました。


(1)イェサン

恵山

尚、恵山の山名の由来については、アイヌ語のエシャニヌプリ(岬の山)、イェサン(溶岩が出る)等の説がある、とのことだ。


(2)フラヌ

富良野の語源となったと言われているアイヌ語「フラヌ」は「赤色の溶岩や焼け石がたくさんある所」という意味だそうです。

南富良野町 わが町紹介(PDFです)

町名の由来: アイヌ語の「フラヌ」(赤色の溶岩や焼石がたくさんあるところの意)から転訛

「フラヌイ」という語も富良野の語源ではないかといわれており、こちらは「臭き野原、腐れる野原」の意味だそうです。

いずれにせよ「フラヌ?」という語源から溶岩や硫黄臭といった意味が派生するのかもしれません。


(3)アソ

阿蘇山|登山|ハイキング|山と高原地図

阿蘇山は火の山であり「火を噴く山」というアイヌ語のアソオマイが語源と考えられている。

阿蘇の語源について

アソ」はアイヌ語で「火を噴く山」を意味し、「アサマ」、「アソウマイ」などと云うそうです。

なまず・阿蘇の謎(中ほどの「阿蘇」の語源の項)</a>

アイヌ語 asoy-ye(穴を作っている溶岩)の略がアソとなったともいう。アイヌ語ではまた a-so(もえる・岩、熔・岩、噴火口)だともいう。

九州にアイヌ語源の言葉があるというのはちょっと眉唾な気もしますが...

◎質問者からの返答

丁寧にお答えくださり、ありがとうございます。

全国にアイヌ語が語源になっている地名って多いですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ