人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

FX会社に1000万円ぐらいお金を預けています。?その会社が破綻した時は、お金はどうなりますか??そのリスク回避のための良い方法はありますか??今までに、FX会社が破綻した(問題があった)などの記事が見たいです。?下記URLの会社を利用しています。規模や安全性はどうですか?(電話での対応はしてくれますが、どのスタッフもちょっと乱暴な話し方をします。他のFX会社も同じでしょうか?)上記4つの詳細を本文記載で回答できる方、よろしくお願いします。

http://www.moneypartners.co.jp/

●質問者: comoberu
●カテゴリ:インターネット 経済・金融・保険
✍キーワード:お金 スタッフ リスク回避 会社 対応
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● FK506
●60ポイント

1.その会社が破綻した時は、お金はどうなりますか?

信託保全を導入しているのであれば、預けていたお金は顧客の資金を預かっている銀行から戻ってくるということになります。しかし、実際に倒産してすぐにお金が戻ってくるか?というと、おそらくすぐには戻ってこないと思います。後のレフコの破綻を参照。

2.そのリスク回避のための良い方法はありますか?

一番いいのは、資産を複数の会社に分けて預けて運用することです。そうすれば、一つくらい破綻しても分散しておけば被害は少なくてすみます。ただ、それ以前にFX取引はハイリスク・ハイリターンの投資です。すべての資産をFX取引のみで運用するのは危険だと思います。他の低リスクの投資と組み合わせるべきだと思います。

3.今までに、FX会社が破綻した(問題があった)などの記事が見たいです。

今のところ、日本でFX会社が破綻したというのはありません。(詐欺まがいの倒産はありますが) 似たような問題で有名なのは、日本ではありませんが、レフコというアメリカの大手先物取引の会社の倒産です。アメリカの会社なので日本には関係ないとお思いですが、日本のFX業者や先物取引の会社でも、直接外貨や先物商品の取引をしているわけではなく、大手の会社を仲介して、取引している場合があります。この場合、日本の業者がレフコにお金を預けて、取引をしていたわけですが、倒産により資金が凍結、回収できなくなるという事件がありました。アメリカでは、顧客の資金は分別して保全しなければならないという法律があるために、顧客の資金は守られているはずですが、レフコのように巨大企業になると、その資金の回収にも時間がかかり、また同じ債権者でも、大口の債権者を優先的に資金の返還を行うためにさらに時間がかかります。このため、一年以上たった今も、資金が回収できないという状態の人もいます。

レフコ問題、外国為替取引に関するニュース、解説、勉強になるコラム

佐藤利光の「為替今昔物語」

http://forexpress.com/columns/sato/index.htm

外国為替取引業者が高金利をうたい文句に詐欺まがいの強引な勧誘で顧客から資金を集め、破綻したというのは何件かあります。

http://tyousakai.hp.infoseek.co.jp/05-0928-1.htm

また、問題があった会社を調べるには金融庁のホームページに業務改善命令を受けた会社がのっています、それを参考にすればいいとおもいます。また、外国為替取引ニュースの規制、トラブルニュースなどにもまとめて載っています。

外国為替取引ニュース

http://forexpress.com/

4.下記URLの会社を利用しています。規模や安全性はどうですか?(電話での対応はしてくれますが、どのスタッフもちょっと乱暴な話し方をします。他のFX会社も同じでしょうか?)

マネーパートナーズは、まだ新しい会社でその規模は大きくはありません。信託保全を導入しているということで、最低限の安全はクリアしていると思います。この会社は、楽天グループが株主となっている手数料無料がウリの会社です。ただ、さまざまな、FX業者の比較サイトで見る限り、手数料の安さはもちろんトップクラスですが、総合的にはランクはあまり高くなく、安全性や規模を考えるとそんなに評価は高くないようです。また、電話でのサポートについてですが、私は利用したことはありませんが、トレダーズ証券の電話サポートは無料にしては非常に使えると、ブログで見たことがあります。

為替で稼ぐおじさんの日記

http://kawaseoyaji.livedoor.biz/archives/50406469.html

また、マネースクウェア・ジャパンは、200万以上の入金が必要ですが、サポートは非常に優れており、信託保全も徹底しており、至れりつくせりの会社です。その分、手数料も安くなく、またレバレッジも高くありませんが、外国為替取引を投機ではなく投資ととらえ、顧客との一対一のコンサルティングを提案してくれます。

マネースクウェアのいつも相談できるコンサルタント

http://hoken.1234reading.com/2006/10/post_35.html

とにかく安全第一で業者を選ぶのならば、くっりく365に参加している業者を選ぶのも一つの選択肢です。くっりく365は外国為替証拠金取引の透明かつ公正な取引の場を提供することを目的として、東京金融先物取引所が開設したものです。このくっりく365に参加している業者ならば、顧客の資金は完全に保護されます。また、税金の優遇もあります。また、参加できる企業も資本金30億以上と大きな企業しか参加できません。デメリットは手数料の高さや、レバレッジの低さなどです。

クリック365オフィシャルページ

http://www.click365.jp/

参加企業一覧

http://www.click365.jp/howto/index02.shtml

他にも、比較サイトでいつも上位にある会社としては、外為ドットコム、ひまわり証券、トレイダーズ証券、セントラル短資、などですかね。これらは、比較的安心なのではないでしょうか。

とりあえず、一箇所に集中するのは一番よくないと思います。

大事なお金を守るためにもしっかりと情報収集して、また自分で、実際にみながいいと言う複数の業者を試してみるのもいいとおもいます。私もまだまだ勉強中です。

◎質問者からの返答

クリック365はに関して、もっと調べてみようと思います。詳細ありがとうございます。とても良い回答者様です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ