人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

証拠を隠すことを目的にパスワードを忘れたフリをすることは,警察の捜査に対して有効ですか?

痛いニュース(ノ∀`):デンソーの中国人エンジニア逮捕 産業用ロボットの電子図面など無断で持出→発覚後に千枚通しでHDD破壊 中国ではミサイルやロケット製造に関与
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/940574.html
例えばこのケースにおいて中国人エンジニアの犯行だったと仮定して.HDDの破壊ではなく,HDDを暗号化しておいて不敵の笑みを浮かべながら「復号化パスワードを忘れました」と主張したら警察は対応できますか?

また,忘れたフリがバレルことはありえますか?

●質問者: tmoriya
●カテゴリ:コンピュータ 政治・社会
✍キーワード:HDD エンジニア デンソー パスワード ミサイル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

[1]用意周到にするなら本当に知らないかもしれない kurukuru-neko

便利な生態認証と言う優れものがある。

パスワードはランダムに生成したデータを使い

そのパスワードは、生態認証した領域に保存をする。

パスワード入力はツールを使い、生態認証した時

その領域から取り出し入力する。

そのようなことをされたら本人も知らない

パスワードなどでどうしようもない。

本人は何も知らない事も可能。


[2]>1 デバイスが発見されたら終わり tmoriya

生態認証のデバイスが発見されない限り,大丈夫でしょう.発見後に警察に追及されたら抵抗できるのでしょうか?


[3]状況からバレる。 mododemonandato

はっきり言ってムリ。

自分のパソコンのパスを忘れたというのはどう考えてもムリがある。

それにネットなどで使用したログからもわかる。

パスは時間をかければ解読され、証拠隠滅罪も加算されて保釈さえ難しくなる。

物理破壊が正解。


[4]>3 HDDを壊した理由を説明できません. tmoriya

HDDを壊した理由を説明できません.「むしゃくしゃして壊した」と説明しても通用するとは思えません.

パスワードが十分強力であれば警察でも解読できません.またパスワードを忘れる根拠にもなります.ニコニコしながら警察に「パスワードは128 bitです.ぜひ解読してください.僕も困っているんです.」と伝えればよいのではないのでしょうか?


[5]国によりけり peaceman1984

どっかの国ハッカーが逮捕されたけどhddを暗号化していて不敵の笑みを浮かべた・・とかいう記事を昔見たのですがソース見つけられませんでした。いろいろ張っておきます

http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20010315307.html

人権擁護団体『ヒューマンライツ・ウォッチ』の電子メディア部門責任者ミンキー・ウォーデン氏は話す。「中国では、PGPを使用したということだけでも逮捕の十分な理由になるのだ」

http://www.law.keio.ac.jp/~yasutomi/secu/newer.html

また、暗号を不正に使用して、犯罪の痕跡を隠滅しようとする事案も見られます。一連のオーム真理教関連事件では、押収された光磁気ディスク、フロッピー・ディスク等に保存されていた犯罪に関連する電磁的記録が高度な暗号化処理されていたため、その解析作業は困難を極めたということも伝えられています。


メインの件の証拠の復号化はともかく、「証拠隠滅をした証拠」なら結構簡単に立証できそうな気もしますけどね


[6]>2 やる気になれば対抗可能かな kurukuru-neko

>生態認証のデバイスが発見されない限り

普通は、犯人かその共謀者で認証でしょうね。

認証情報を保存した装置(ハードディスク)を壊せば復元不可能になり

追求されても、知らないものは知らない。

事前に生体認証を実施、本人が知らない内にバックアップ

を保存すると、データも保存されて且つ本人もどこにあるか

知らない状況になる。(国外でされたらお手上げ)

ハードディスクより大容量USBメモリーをガスコンロでチップを焼いて

しまえば何も残りませんけどね。


[7]データの証拠を消しても犯罪事実は消せない I11

結論としては、データを物理破壊しようが、暗号化してバスワードを忘れようが、そんなことは横領罪の証明においては何の影響も与えません。

もちろん犯罪の証明において横領したデータという証拠があればベストですが、横領したデータが無くても横領罪を証明し、有罪を立証することは可能だからです。

たとえば、横領してデータを第三者に売ったのなら、売ったという行為の証拠があれば、横領したデータという証拠が無くても犯罪を立証できます。パスワードを忘れても関係ありません。横領したデータを使ったという事実が証明できれば横領罪としては有罪です。

第三者に売らず自分で使った場合も同様です。データを自分のために使ったという証拠があれば、横領したデータが無くても、パスワードで複合化できなくても、送検できます。

データを消しても、データを暗号化しても、データを横領したという犯罪事実は消せません。

それは電車の無賃乗車の証明と同じ理屈です。キップを落としたという言い訳は言い訳にもなりません。キップを火で燃やそうが、ポケットのどこかに隠そうが、そんなことは関係ありません。キップを持たずにそこにいるという事実があれば無賃乗車という犯罪の証明は終了です。それと同じことです。

「復号化パスワードを忘れました」という言い訳は、まったくムダです。捜査官は苦笑しながらこう言うでしょう、「ほぉ、それがどうした?」と。

世の中、そんなに甘くありません。悪いことをしても必ずバレます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ