人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】はてなポッチ2丁目#017

“はてなポッチ2丁目”は、もっと自由にイエを考えよう!を合言葉に、テーマに沿った質問に答えて頂くコーナーです。テーマクエスチョンに「いわし」のコメントで思い思いにお答え下さい。イエはもっと面白くできる、もっとそれぞれの夢と快適があるはず!ここから、自分のイエの理想像をもっとひろげていきませんか?

テーマクエスチョン
「テレビのイエ番組、どんなものを観てみたい?」を教えて下さい。

→回答例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070319

※今回の「いわし」ご投稿は3月22日(木)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:3月22日 いわし はてな イエはてな クエスチョン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 285/285件

▽最新の回答へ

[1]大改造!!劇的ビフォーアフター taknt

リフォームする前とした後を 見せる番組です。

いろいろな技や工夫が見れて おもしろい番組だと思います。


[2]>1 あ、今 ある番組じゃないんですね。 taknt

ただ、このようないろいろ工夫が見れる番組は 他にも いろいろ見てみたいです。


[3]世界の家々を fumie15

テレビで見たいです。

その地方の独特の工夫とか。


[4]>1 家の中にすぐ取り入れるちょっとした工夫 taknt

家の中に簡単に導入できるものがいいです。

あと簡単じゃないかもしれませんが、家の中が 散らからない工夫

というのも見てみたいです。

ほか、

・人が集まる家にする工夫

・疲れててもすぐリラックスできる工夫

などのような内容の番組も見てみたいですね。


[5]国会議員の議員宿舎 fumie15

を見てみたい。

どれほどすごいものなのか。興味あります。

知事公舎ランキングも見たいです


[6]カラクリ屋敷 BROWN6

隠し扉とか,遊び心が満載な仕掛けのある全国のカラクリ屋敷特集が観たいです。


[7]世界の民家の構造を見たい kuru-san

たとえば「水の神ナーガ」(だったかな)という本には、水上生活をする人達の家(いかだ・舟)が紹介されている。洞窟に造られた家もある。気候風土に合わせて作られた世界中の特徴ある民家を一堂にまとめて見たい。

しかし十分にやろうとするとシリーズでないと無理だろうな。


[8]>2 面白いですよね、ビフォーアフター EMYL

敷地が狭い、土地の形が変わっているなどの悪条件を克服するさまざまな技を見るのが楽しい。

でも、ときどき、こんなの住めるのかなあっていうのもありますね。


[9]イエと食事。 aqualotus

本で言えば「聞き書 〜の食事」のような感じで、世界でなくてもいいので日本の暮らしを地域別にまとめて見てみたいです。旅行だけしても知らない他の地方のことって多いです。

家と食事の形態は本来リンクしているはず。(たとえばいろりのあるなしなど)、いまの家はどこも洋風のシステムキッチンでおもしろくない。

それによってなくなりかけたり、工夫されて守られている食生活がある。

もっと特色があったはずの家と台所をとりあげてほしいです。


[10]意外な所に新築茅葺き屋根の家を作ってしまうプロジェクト Oregano

六本木に茅葺き屋根を!お台場に茅葺き屋根を!

テレビ局が総力を挙げて、都市の中に雑木林付き伝統民家を登場させてしまうプロジェクトを立ち上げた!

様々な困難を乗り越えて、果敢に挑む茅葺き屋根ファンたち。しかしもはや屋根を葺くカヤそのものが入手困難なこが判明。さぁどうする。カヤから育てねばならぬのか!毎週息を飲む展開に視聴者は目が離せない。なんてどうでしょう。


[11]物語に出てくる家 sayonarasankaku

童話や物語に出てきた家はこうなっていただろう、という番組をみたい。

ハイジ、フランダースからはじまって、

サザエさんやちびまるこの家。

それに、アンネの日記のアンネが住んでいた家など、

本や漫画で見た家を、実際に見てみたい。


[12]>7 岩窟の家。水の上、木の上の家。 EMYL

中東には岩穴を掘って家にしているところがあるそうです。

水上の家とか、木の上の家(あるのかなあ)とか、一日の暮らしをルポして欲しい。


[13]>10 おもしろそう! sayonarasankaku

若者をたくさん使って、人間模様も面白そうですね。

途中で挫折しそうになったり、仲たがいしていたのが

最後には手に手をとって作り上げるのでは…


[14]>4 それ賛成 anhelo

ちょっとした工夫で、こう見えるようになる、こんなに使いでがあるようになる、家を建てるときはこうすればいい、こんなデザインはいかが、ライティングのノウハウ、外国ではこんなやり方もやってるよ・・・みたいな提案番組。

とりあえず今住んでいるところでもできるような所から、でもそれだけじゃなくてお金があったらこんな風にも・・・というような夢に繋がるようなのも入っているといいなと思う。


[15]世界中のお金持ち・セレブの家 yuka147

そんな人達が暮らす夢のような家を見てみたいです。


[16]大学対抗・耐震強度選手権 Fuel

築30年の木造家屋を素材に、いかに安価で簡単な工法で高い耐震強度が実現できるかのアイデアを競う競技会。予選は図面審査とコンピュータによるシミュレーション。本戦出場校は十分の一スケールの模型を製作し、実際に起震車に乗せて揺らし、数十項目に渡るチェックポイントを審査。優勝校の作品は実際に建てて特大起震装置で揺らして震度7でも大丈夫かを確認する。

同時開催、高校生対象の全国家作り甲子園。


[17]世界のエコ事情 vivisan

地球温暖化対策のために、海外の家庭ではどんなことを行っているのか?

場所により気候も違うし、お店とか、自治体の考え方も違うと思いますが、それによって少しでも勉強になれば・・。

例えば、ドイツはビンを回収してるとそういう国ごとでのエコの考え方もふまえて教えてくれるとうれしいなぁ。


[18]歴史的建造物を再建する番組 coffeelatte

平安貴族の寝殿造りの家とかを、イチから作る様子をドキュメンタリーに描くもの。

お金かかりそうだが、見てみたい。


[19]ドラマ、流れ大工三匹世直し旅 YuzuPON

流れ大工とは、全国を渡り歩き、職人の意地と誇りをかけて建築の腕を磨いていく旅職人のこと。三人の流れ大工が全国各地の建築現場で理想の家作りに取り組みながら、様々な事件を解決していくという連続アクションドラマ。

原作はコミック「流れ板竜二」の牛次郎と笠太郎。 脚本は映画「流れ板七人」を手がけた高田宏治。主演は「三匹が斬る」の高橋英樹、役所広司、春風亭小朝。

家直しも世直しも流れ大工の三匹にお任せです。


[20]ちょっとしたコツで変わるイエ。 kumaimizuki

どこの家庭でも、今すぐできるようなちょっとした模様替えを紹介する番組なんてどうでしょうか?

例えば「観葉植物の置き方」とか、「タンスの配置の仕方」などなど。

生活の一部になっているものを、ちょっとした工夫で有効活用できる手段を紹介する番組です。

他にも、「空き缶を上手に活用する方法」を紹介する「リサイクル情報」や、「効率的な冷蔵庫の収納方法」を紹介する「ちょっとした節約術」なんかの情報もあると嬉しいですね。


[21]24時間ドキュメント。「自然の中の暖かいイエ」 田舎のさっちゃんち saite17

以前、イギリスのテレビ番組では、牧羊犬が羊を追いながら緑の地をただ走っている映像をずーーっと何時間も流すというのをやっていると聞いたことがあります。

それを見た方は「イギリスは豊かさの面で進んでいるな。」とおっしゃってました。

今テレビを見たら、あの地この地に行ったり、あれやこれを購入したり、「動く」番組が多いですよね。

なので1つ「ただの何もしない普通のイエ暮らし」

を映す番組があっても、ほっとするんじゃないかと思うんです。


今のお母さんやお父さんは忙しくて、あれもこれもしなきゃいけないと思ってると思うんです。

めずらしいものを食べさせて、携帯を持たせて、遊園地に連れて行って、習い事もさせて、お父さんもかっこよくお母さんもかっこよく。そういう番組もいいけれど、テレビの中の世界は「動く」「頑張る」「よそいき」「イベント」「特別」だなとおもうんです。


なので、ナチュラルな普段使いの番組。

こどもが帰ってきて「おかえりなさい」っていう言葉、こどもが帰ってくるまでの間に、お母さんがゆっくり煮物を作っていたり、

洗濯をたたんでいたり。隣の人がピンポーンと鳴らしたり、少しずつ季節が変わっていったり。

そういうただのなんでもない画面が映るっていうのはいいなと思うんです。

例えば「田舎のさっちゃんち」みたいな、何事も無い家グラシが流行ってほしいなーなんて。


[22]たてもの探訪 miumiur

渡辺篤氏出演の、ひと味あるお宅を訪問・紹介する番組ですが、いつのまにやら放映枠が変更になり早朝枠に異動して、なかなか観る事が出来ません。

早起きが得意な方にはオススメです。


[23]いい家探そう。 mododemonandato

限られた予算以内で、最高にいい家を探すという番組。

実在の家族と、不動産屋さんに協力して貰って、日本全国の家から希望に合った家を探します。

そして、見つかったら実際に住んでみて、感想などもインタビューして満足したら終わり。


[24]>17 賛成! hanatomi

世界のエコのやり方、見てみたいです。絶対面白いと思います。以前「各国の食生活」というのをやっていて、いろんな国の家庭で食べたものを一週間分画面に並べて見せるのですが、日本のものは「麺類が多い」のと「野菜までもラップされてる」のが特徴でした。

研究者の方は「野菜にビニールをかけるのはこの国だけでとてもめずらしい」とおっしゃってました。

今度は、各国のゴミ事情なんかもやってほしいです。どんなゴミが出て、どのように回収されるのか。一目瞭然で驚く事実がたくさん出てくるような気がします。

エコ事情、大賛成!


[25]地域商店街丸ごと再活性チャレンジ企画 tough

寂れたシャッター商店街の現状をリポートし、視聴者から再活性のアイデアを募集。実際に商店街に住み込んで自分のアイデアを実現させてみたい人も募集して、半年間でどこまで活況を取り戻せるかを追い続ける番組。

毎回4つくらいの商店街を15分ずつ特集していく他、新たに番組に乗り込んでほしい商店街も随時募集。視聴者のアイデアで新たな名物を開発したり、地域出身タレントも駆け付けて大々的に応援しながら、地域の暮らしを盛り上げていく番組です。


[26]>9 台所とか、食品の保存とか EMYL

家の外にパン焼きかまどとか、穴を掘って石蒸し料理とか。

天井からいろりの上にぶら下がる自在鉤。いろりの煙でいぶして保存。

韓国の家の中庭には、味噌や漬け物や塩辛の入った大きな瓶がずらり。

それぞれどんなものが入っていて、どんな風に管理しているのかなあ。

水だって、水道ができる前は井戸だったり、泉から汲んできたり、雨水ためたり、

いろいろ工夫していたでしょうね。

そんな食に関わる各地の知恵を、家を通して見てみたいですね。


[27]大正、昭和前期に建てられた家の保存・維持をテーマにするもの kitchensamurai

最近のテレビだと、安易にリニューアルしちゃうのが多いわけですが、

なんだか安っぽい内装になってしまって、どうなのかなぁと思います。

ヨーロッパの町並みなど見ていると、オリジナルをそのままに保存する努力がされているように感じました。

そこで、古い家の動態保存は、どれだけ可能なのか、

どれだけコストがかかるか、

実際に住んでいるひとたちはどういう想いで家をそのまま保存止揚としているのか

そういったことを知りたいです。


[28]>8 あとは taknt

具体的にどの部分に いくらかかったかを 出してくれたらいいかもしれませんね。

ま、リフォームは、けっこう大掛かりなので 部分ごとに 値段を出すのは 難しいかもしれませんが。

大掛かりではなくちょっとしたリフォームというのが あればいいのかな?

たとえば、防音対策で、ここをこのように変えたり二重窓、防音サッシにしたりしたらいくらかかるとか、このようにしたらどれぐらい効果があるなど。


[29]>24 世界のゴミから学ぶもの EMYL

ゴミからわかることっていっぱいありますよね。

ゴミをどう処理するかというのも大事だけど、ゴミを出さない暮らしの工夫とか、いろんな国の暮らし方から学んでみたいですね。

家庭でペットボトルやアルミ缶入り飲料をじゃんじゃん飲むのはどうなんだろうと思いますもん。

レジ袋による環境汚染は今や先進国だけの問題ではないようですしね。


[30]>1 自分ちをつくる時に mayomaru

見まくりました??

やはり映像で見ると分かりやすいし、いろんな意味で参考にさせていただきました。


[31]>1 自分ちをつくる時に mayomaru

見まくりました??

やはり映像で見ると分かりやすいし、いろんな意味で参考にさせていただきました。


[32]マンションでもここまでできるという驚きのアイデアを紹介する番組 TinkerBell

マンションなのに一歩入ると中はログハウスの内装とか、

二部屋続きで手に入れて一部屋は丸ごとクアハウスのようなお風呂に改造とか、

屋上利用権を手に入れて土を運び込んで畑仕事とか、

そのほか色々なアイデアを実際にやっている人を訪ねて紹介する番組。

マンションだからあれはできない、これはできないという常識を

思いっきり変えてくれるような番組が見てみたいです。


[33]『世界の名城100選』 miumiur

ヨーロッパの古城から、各国の王宮や日本の城まで、その特徴や建築様式について、一枚々々その秘密のベールを捲っていく番組。


[34]ゆるナビ sanbo-n

既存のテレビ番組ですみません。

最終回を迎えてしまったのが残念なのですが、あのゆるやかなスローな生活を楽しむ人やモノが癒してくれる空間はとても居心地が良かったです。

古いものやこだわりのものを楽しそうに紹介されている様子は見ているこちら側もなにか忘れていた物事への回顧のような擬似感覚をおぼえてフワフワとしたまさにゆるやかな時間があったことを思い出させてくれました。

突飛なことでなくて、こんな普通の生活の中にあるちょっとした幸せを思い出させてくれるような番組ってなかなかないので再開を密かに希望しています。


[35]>15 TVでやってますよ。TBS系列『世界バリバリバリュー』 BROWN6

夢のような家がたくさん見れますよ。


[36]我が家のプチ自慢 rikuzai

まさしくイエはてなでやっているような内容の映像版。

一般家庭のちょっとした自慢や家に関するトピックを紹介していく番組が見てみたいです。

1時間番組ではなくて、10分ものくらいで。

気楽に観れて、時々「あ、それいいかも」と思うような情報もあると尚嬉しい。

伊東家(終わっちゃいましたが)の裏技みたいな投稿でもいいし、

きょうのわんこみたいに取材式でも。

…うちだったら何を自慢しますかね…本かな…orz


[37]歴史上の人物のお家拝見 teionsinonome

歴史上の人物の家を見てみたいです!

明治の作家の家や悪名高い政治家の家をスミからスミまで撮影したり、現存しない家や城をCGで再現したり

こんな食事をしてましたとか欄間はこんな感じですとか柱のキズとか 偉人の生活感を感じられる番組です

家からその人の性格も垣間見れそうじゃないですか?


[38]>35 うーん teionsinonome

ごめんなさい

私はバリバリバリューって好きじゃないです

面白いんだけど、お金持ちの人との感覚の違いにポッカーンとしてしまうことばかりなので・・・

いいなあ お金持ち


[39]失敗しちゃったトコロ sayonarasankaku

家を建てた人たちの、

ここは失敗したな?、こうすれば良かったなぁ。

という番組。

この部分にはすごくこだわったんだけど止めとけばよかったな、

っていうのがわかると、自分が建てるときに役立ちそう。

たとえば、吹き抜けは止めとけばよかったとか

コンセントが足りなくて困ってるとか…


[40]最先端ハウス taknt

最先端の技術を用いて作られた家を紹介する番組。

オール家電や、10円玉が倒れないエレベーターなどを紹介する。


[41]>16 建築学科の学生さんが家を作る番組 teionsinonome

Fuelさんの耐震強度選手権とは違うのですが、建築を勉強している学生さんが設計とか諸々やって家を建てるまでのドキュメントが見てみたいです

そういう大会があるらしいので、その様子を通しておいしいとこ取りでみたら楽しそう


[42]>5 それ見たいです?? otayori

どこが節約してるかもわかりますね。

地味な国ほど立派に思えるかもしれません。


[43]>42 あー あはは teionsinonome

噂のアレですね

見てみたいですねー

展望ラウンジなんかもあるらしいですね


[44]>33 名城100、とまでいうと難しいかも、だけど Kumappus

見てみたいですね。

あんなに広い部屋、たくさんの部屋をどう維持していたのかとか、城内での「生活動線」ってどんなものだったのか?

例えば江戸城での暮らしなんてどうだったんでしょう?

暴れん坊将軍だと将軍さまはまるで江戸市中に突然ワープしたかのように現れますが(笑)、実際には門を出るまでも一苦労だったはず。いや、そもそも城の外に出る機会なんてどのぐらいあったんだろう?とか。

意外に知ってそうで知らない話が多そうです。


[45]○○で出来た家! choco-latte

あるかどうかはわからないのですが、

世界中で、珍しい素材で作った家を見てみたいです。

たとえば、家主が使い終わった割り箸で作った家とか、

裏に生えている竹で作った家だとか、拾ってきた鉄くずで作った家だとか…。

ええーそんなので家が作れるわけないじゃーん。って思うようなもので作った家が世界中で探せばきっとあるはず…。


[46]>36 「イエはてな」 ! hanatomi

面白そう!色んな家庭が投稿して選ばれたところの映像が映って!それに司会者がコメントしたりして。最後に今週のピックアップ賞!をやったりとか、「ナビゲーターハザマさんのちょっとイイ イエ暮らし」 とかあって、イエ暮らしの工夫を紹介したり!!面白そう。絶対毎週見ちゃいますよ^?^


[47]>26 ときどき「世界ふしぎ発見」とかでやってますけど Kumappus

その土地土地の人達が家でどういう料理を作ってどうやって食べているかは興味あります。

別にジャングルとか極地とかそういう「極端な」ところじゃなくて普通に町のあるようなところのほうがいいですね。

以前朝の番組で「世界の朝ごはん」(新婚?さんの奥さんのほうがその国の朝ごはんを作って旦那を起こすところまでがコーナーになっている)をやってて…今でもやってるのかな?、結構見ていました。

やっぱりインドは基本的にいつもカレーなのねとか、結構子供が手伝うんだなとか、えー家の外で料理するの(確かベトナムなんかがそうらしい。マンションでもベランダに台所があるとか)とか、フランスパンが宅配されるとか…。


[48]手作り+自然素材の家 toku4sr4agent

手作りでなおかつ自然素材の家を作っているものを特集した番組を見てみたいです。

1、元になる材料は木

2、なるべく接続部分には釘を使わない

3、壁紙は貼らないで、漆喰(でしたっけ?)を塗る或いは木そのものが出ていてもよい


勿論それでいて耐震性には優れている

でも手作りだから平屋建てでしょうか。


[49]>40 匠の技もいいけど、本当に使える最先端をたくさん知りたい NAPORIN

某番組でやってくれないかな?


[50]>11 みたいみたぃ! choco-latte

限りなくちびまるこちゃんちに近い家。

ドラえもんののび太くんちに近い家って探せばぜったいあるはずです!

それに物語では築何年。住んでいる場所からして値段はこれくらいだとか、

火災保険に入るなら月々いくらとかリアルなところまで知りたいです。


[51]都心の田舎暮らし hanatomi

都心なのに、実は自然豊かな田舎生活。

以前地下に水田があるお店を見て驚きました。


[52]>47 今朝ちょうどいい本を読んでいたのですが NAPORIN

ボクの学校は山と川

ボクの学校は山と川

釣りの漫画で有名な漫画家さんのエッセイで、

小学校?高校の教科書に採用されました。

読後思ったのですがネイティブで田舎暮らししていて、

いつでも田舎でやっていける人も、

今はかなり少なくなってるのかなあと思います。


現在放送・出版禁止用語の「お百姓さん」は、

もともとは、田舎の人が、100個の職業を兼ね備えるくらい、

なんでも一人でできてしまうありさまを言った言葉だったとか。

この作者も釣り、虫取り、いたちとり、家づくり、きのことり、などなど

いろいろな作業に手伝いから加わっているようです。


もちろんKumappusさんのおっしゃるように

料理のようすなんかも知りたいです!


そんな人の知恵のこもった納屋・台所の様子などを

5分くらいでビデオクリップ的に見たいですね。

D***村なんてそういう感じですが、キレイすぎるんで、楽屋裏もみてみたい。


[53]>46 すごい具体的だ? rikuzai

なんだかイメージできますよ、そういう番組。

日テレ系列辺りが上手に作ってくれそう。

投稿の募集も毎月テーマがあって、

半期にいっぺんくらいまとめの特番があって…。

案外ズームインの素人投稿の特番とかついつい見てしまうので、いいなぁと思います。


[54]一人暮らし teionsinonome

一人暮らしの人の家を見てみたいです

一人暮らしの家の未完成だったり代用品が多かったりするところって面白いと思うんです

あと、自分しか住んでないから生活スペースにコレクションを紛れ込ませたり、他人がみたら無秩序なんだけど本人にとっては使い勝手を計算した結果だったり、逆に「本当にここに住んでるの?」ってぐらい殺風景な家だったり

そんな一人暮らしの現場を家主のインタビューを入れて見てみたいです


[55]竪穴式住居のような yoshigyu1318

竪穴式住居のような野生的で原始的なイエを見てみたいですね。日本のどこかでは鎌倉時代あたりまで竪穴式住居に住んでいたという話を聞いたことがあります。現代でも山の中に竪穴式住居を作ればしっくりくるかもしれませんが…。電気やガスもなく、食料を保存するところもないようなイエは面白そうですね。どうやって生活するのか―先人の知恵を生かすことができるのか、、、


[56]家の中のインテリア toku4sr4agent

イエ番組=家についてのみではなく、インテリアなども含めて考えるのであれば、家の中のインテリアしだいでどのように変わっていくのかを沢山紹介して欲しいです。

住宅リフォームだとおおががりですし、費用もかかる。

自分の家では真似できないケースが多いので、インテリアの工夫なら真似できる可能性もある程度はあると思うので。


[57]>54 同じく fumie15

いろんな状況の人(単身赴任)「OL」(学生)の一人暮らしなんって面白そう。

それぞれ違っていて楽しそうです。


[58]>55 縄文式の住居 toku4sr4agent

私も過去の原始的な家がどんなものか体験してみたいです。

子供+保護者の組み合わせなら縄文式土器の作り方体験とか、ナイフ作り体験、実際に作ったナイフで料理体験などは近所(といっても市内)などではあるものの、できれば大人でも参加できるとありがたいです。

原始的な家+原子的な暮らしを体験できる番組、

そして、一都市のみでなく全国的に体験できるとよいなと思います。

(やはり番組というと東京関東近辺偏重型になりがちなので)


[59]日本国内にあるテーマハウス特集 toku4sr4agent

日本国内にあるテーマハウスの特集

よく国内には世界各国のテーマパークのようなところがあると思います。

おそらく、その中には、それぞれの国を象徴する民家などもあるのではないでしょうか?


そこでですが、それぞれのテーマハウスを紹介し、そのテーマハウスに行くには公共の交通機関で行く場合、どこの駅で降りて、その後はバスなのか、タクシーなのか、或いはそのテーマパークからの送迎バスに乗るのか、

なども詳しく紹介して欲しいです。

マイカー族のためにはどこのインターチェンジでおりたらよいかも含めて、ですね。


[60]>43 一番いい部屋を fumie15

見せてもらいたいですよね。

ジムとかも。

誰が住んでいるのかも教えてもらって。

あれはもう民間に売却して国の借金を返すのに使ったほうがいいと思うのですが。


[61]有名人が自宅紹介 BROWN6

芸能人とかが自宅を紹介してるのをたまにTVで見ますが,個性的な家が多いので面白いです。


[62]家族ではないつながりで暮らす家の紹介番組 momokuri3

世の中には、血縁関係ではない関係の人たちが一つ屋根の下に暮らす家も少なくないと思います。友達同士が同居している家もあるでしょうし、福祉の世界にも、最近は普通の家を使って家族的な雰囲気の中で介護を行っていくグループホームなどがあるようです。

そのほか様々な同居関係にスポットを当てて、血はつながっていないのにこんなに楽しく暮らしている家があるといったことを取材して紹介していく番組があったら、これからの時代の新しい暮らし方を探っていく意味でも、面白いのではないかと思います。


[63]今の家、昔の家 eityan

今の家と昔の家の違いを紹介する番組です。


第一回・旧石器時代の家と、今の家の違い

第二回・縄文時代と今の違い

第三回・弥生時代と今の違い

最終回・これからの家と今の家の違い


[64]>38 自慢 BROWN6

TVで大豪邸を紹介して自慢してる感じが嫌です。貧乏人の僻みとか言われそうですが…。


[65]>62 いろんな暮らし方 EMYL

学生時代、古い一軒家の下宿に3人で共同生活していました。楽しかったなあ。海外では、学生じゃなくても気のあった若者同士の共同生活がよくあるみたいですね。そういう生活ぶりを実況する番組もありました。

日本でも、グループホームとか、ルームシェアとかいろいろ出てきていますね。これからそういうことをやってみたいという人も多いはず。

テレビでいろんな暮らし方のスタイルを紹介してくれると参考になりそう。


[66]勝ち抜けば理想の家も夢じゃない「家ウルトラクイズ番組」 CandyPot

家にまつわるさまざまなクイズにクイズに挑戦。最初は千人くらいが参加して、基礎用セメント受け取り権をかけて二択クイズに挑戦。ここで百人くらいが通過して、次は鉄筋受け取り権争奪50vs50綱引き大会。勝った50人が今度は山に移動して林業体験。色々な作業バトルをやって25人が材木受け取り権ゲット。そのあとも色々な形式の家にまつわる奇問難問に挑戦しながらドア何枚とか水道の蛇口何個などとちまちま商品をゲットしながら、最終通過者2名になったところで、最後の大物、なんと土地をかけた優勝決定戦。優勝者1名が今までに獲得した全ての商品を受け取って夢のマイホーム作りにとりかかれるというすばらしい番組です。

でもクイズの結果によっては、おーっと、○○さんはコンセントをゲットするクイズを落としていたので、完成した家にはコンセントがありません、なんていう家ができてしまうこともあります(笑)。


[67]移動式住居 EMYL

季節ごとにゲルをたたんで移動するモンゴルの家、トレーラーハウス、ボートの家、馬車で放浪するジプシー・・・などなど、移動する家の暮らしと、モノを増やさないで暮らす知恵を見てみたい。


[68]>39 失敗が一番のお手本 H-H

やっちゃった?とかの失敗談が一番参考になりますよね。

ちょっとした失敗ではなく、もの凄い失敗を希望します。

また、それに対する解決策なども一緒に聞きたいですね。


[69]>3 世界の家バージョンビフォーアフター H-H

ウルルン滞在記などで、家族の生活は観る事ができますが、

家の細かい造りや、世界の住宅の流行など知りたいです。

世界を知ることで、もっと今の日本の生活を見直せることってあると思います。

話はそれますが、世界にも日本の住宅をみて欲しいです。

日本の土足厳禁の文化だけは世界に負けない気がします。


[70]いろんな家が建つまで0から早送りで Kumappus

土地の整備から始まって基礎工事、柱建てる、壁をつくる……内装、外溝…という過程を数分〜10分ぐらいで早送りする。

途中、要所要所で「今何をやっている、こういうところが重要」みたいな豆知識?を入れてポーズ…。

木造、鉄骨、あとマンションとか。場合によっては世界に飛んで?「石造りの家が建つまで」とか。

近所でもよく家が建ってるんでなんとなくどういう過程なのかはわかってるつもりですが、逆にあれは毎日じっと見てるわけでもないので「あれっいつのまにか建ってるよ」みたいなことが多い。

こういう番組があれば実際に家を建てる、またはマンション購入のときにも何か参考になるのでは?

#あ、ここで鉄骨がたくさん抜かれてますねえ…とかだとすげーいやかも(笑)


[71]>64 嫌だけど HANCACHI

嫌は嫌なんですが、なんかついつい見ちゃってますね。

住む世界も次元も違う人の住処なんだと割り切って見てますよ。


[72]>29 日本には任せてられない H-H

日本はエコや環境問題には遅れがちだと思います。

海外の良いところを参考にしたいです。

エコや環境問題に対して最先端の国の情報などをもっと知りたいですね。


[73]>61 こだわり HANCACHI

自分ら一庶民では、こだわりたくてもこだわれないような所にすごくお金をかけたりしてて見ていて面白いですね。

お風呂とか、半端ない芸能人ってたくさんいますよね。

Gacktさんの家の中には、滝があると聞いたときは、かなりびっくりしました…。


[74]>48 北の国から HANCACHI

toku4sr4agentさんが書かれているのを読んで、自分がフト思い出したのは、北の国からで吾郎が手作りしたあの家でした。

ちょっとイメージは違うかもしれませんが…。

大工さんやプロの方でない人が作る手作りの家を特集する番組が見てみたいです。


[75]>69 日本の畳 HANCACHI

日本の文化として、神社やお寺なんかが注目されていて、京都を訪問する外国人観光客も好調というニュースを見ましたが、

神社と同じように、畳作りの家や、たとえば世界遺産の白川郷なんかも、スポットが当たってほしいなー、なんて思います。

日本の家って、ほんと地域によって雪対策、台風対策、伊根町の船家など、奥が深いと思うんですが。


[76]>60 今話題ですね。 HANCACHI

見てみたいです!

でも、見たいというのであれば、本来ならば国民にもっと開示されてしかるべきことでよね。


[77]>41 学生が家を建てれる企画 H-H

これ、すごく面白いと思います。

まず自分が参加したいです(笑)。机上では学べないものが身につきますよね。

建築という学科だけはホントにそういう実際の仕事に触れる事が少ないと思います。


[78]>68 あれば絶対見そうです HANCACHI

失敗は失敗でも、誰もが引き起こしてしまいそうな失敗の番組だと、本当に勉強になりますよね。

あとは、家が建つ段階別に、「この時期、気をつけなければならないのは、ここ!」っていうのも知りたいし、

さて、築20年「○○は大丈夫ですか?」ほっておくと、大変なことになりますよー。みたいな警告番組もいいと思います。

(←ほんとは怖い家庭の医学の 家バージョンといったイメージですね。)


[79]>57 1点のこだわり HANCACHI

1人暮らしのごく普通の部屋だけど、その部屋には1点すごくこだわった点がある!

その紹介番組なんて楽しそうですね。

同じ生活レベルの人の、そんなにお金をかけていないけど、こだわりのある部屋が見てみたいです。


[80]>70 建築の確認ポイントが分かる番組になって欲しい H-H

家のできるまでをじっくり見たい。

どんな業者がどのくらいに来て、どういう作業をするとか、

詳しく見てみたいです。

腕のいい大工さんとまだまだ新米大工さんの違いを

画像の右と左で見せたり、建築のチェックポイントが勉強できるのもいいですね。

もし、放送されたら、永久保存しますよ。


[81]>56 いいですね! HANCACHI

インテリアって、ものすごくその人の趣味がでるし、個性的なものを生活にうまく取り入れている人のお部屋なんてみてみたいです。

インテリアって、家や部屋という大きな括りより、方向性がかなり広がると思います。

お手ごろな値段のちょっと個性の出るインテリアを、上手に自分の生活に取り入れたいですよね。

参考になる番組があれば、きっと見ると思います。


[82]>50 宮崎駿 HANCACHI

地球博で、トトロに出てくる家を再現したものがあるそうです。

それを、見てみたいんです。

今は、もうどうなっているのかわかりませんが…。

実際目の前にしたら、感動するだろうなー。


[83]日本全国あばら家めぐり TomCat

これも家だ!! 公園の段ボールハウス。河川敷のブルーシートハウス。そこにだってちゃんと暮らしがある。人間がそこで生きている。

終戦直後なんて、みんなそういう暮らしをしていたんだ。豊かになったかに見える今だって、そういう場所で暮らす人たちがいる。

彼らはある意味、人生の勝ち組だ。どん底まで落ちて、それでも自殺なんていうことは考えない。したたかに生きている。彼らこそ、そういう意味で人生の勝ち組。

でも、彼らは常に追い立てられる。他人から見れば、段ボールもブルーシートもただのゴミ。唯一の暮らしの拠点を、どんどん役所に撤去される。真冬だって追い立てられる。

そういう現実を、私たちは知らなくちゃならない。豊かな美しい国ニッポンにパラレルワールドのように存在する、私たちの知らないもう一つのイエ。いい悪いの問題じゃない。現実にあることはしっかり見つめて、経済先進国日本のもう一つの姿を直視しよう。

そういう気合いの入った番組。作れる所はないでしょうか。


[84]今田ハウジングの庶民版 HANCACHI

たまに、特番で今田ハウジングっていう番組やっていますよね。

芸能人の住まいを3つくらいの候補の中から決めて、部屋が決まれば番組でコーディネートも思い通りにするしてしまうっていう番組。


あれを、芸能人ではなくって依頼人の家族構成や、条件に合わせてやるっていうのもいいと思っているんですが。

いつも、どうしてあんなにいい部屋を探してくるんだろう?

と感心してみています。


[85]>67 おもしろそう。 Spaceshuttle

季節によって、色々移動する遊牧民の様な暮らしをされている方々の「家」。うん面白そうです。


[86]ターニャの庭 akilanoikinuki

名前をまちがえてないといいのですけど・・・。

絵本作家であるターニャは、昔のままの生活を続けています。

電気やガスは使いません。

100年くらい前の生活のように見えます。

灯りはろうそく、もちろん手作りろうそく。

料理は暖炉。

ジャムも手作り。

糸も手作り。

庭には季節の花が咲き乱れ、とても美しい。

何より美しいのは、ターニャの生き方です。

前にNHKで見たのですが、もっとも詳しく知りたいと思いました。


[87]>80 面白そう! hanatomi

それ、面白そう!自分のイエをチェックするのに使えそうです。

続きで、プラモデル付冊子が発売されていて、自分でイエの骨組みを組み立てられたりしたら面白い。プレハブな作りかたと、きっちり立てる作り方とか、見本がついていたりして。

イエのチェックポイントを集めた番組やDVDがあったら売れそうです。

皆それを良く見て、自分の家を建てているときにチェックしにいったりできそうです。


[88]>6 そうそう・・・ Spaceshuttle

大人の秘密基地みたいな、様々な楽しめる仕掛けが満載の家・・・楽しそう、子供にも大うけするでしょうし、いいと思います。


[89]>53 住まい方 sanbo-n

イエはてなが楽しいのはそれぞれの住まい方が垣間見れるからだと感じています。立派なイエだとかすごい高価だとかではなく、日常の中で皆さんがどんな風に生活を楽しまれているのかというのはやっぱり関心の高い部分のように思いますね。


[90]動植物家族の家めぐり Oregano

日本中の動物好きや植物好きが「こういうアイデアをまねしたい!」と思うような、動植物といっしょに暮らすための工夫が満載の家を紹介する番組。お金をかけた豪華設備よりも、アイデアで勝負の家を中心に紹介します。

そのほか、家の中に木が生えていて天井を突き抜けて茂っているとか、本当に樹上ハウスを作ってしまったとか、庭にビオトープを作ってホタルの養殖に挑戦しているとか、動植物にまつわる色々な珍しい家も紹介します。


[91]>88 茶目っ気 dankichik

そういうおうちを作ってしまった子供心を忘れないちゃめっ気のある人、案外いるんじゃないかなあ?


[92]>79 工夫 dankichik

学生の一人暮らしだとお金がないなりにいろいろ工夫してそう。そういうところを特集してくれたら、参考にできていいと思います。


[93]>63 憧れの dankichik

いいですね。昔の家がどんなふうだったか、そして昔の人がそこでどんな生活をしていたのか、とても興味があります。特に私が見たいのは平安時代の貴族のお屋敷。なんとなく憧れなんです。


[94]>86 ターシャ・テューダーさんじゃないでしょうか TinkerBell

たしかTomCatさんが夢の農園計画を書き込んだ時、

ハザマさんがコーギーコテージみたいってレスされてたのを思い出します。

ターシャ・テューダーさんはバーモントの小さな町で、

かわいいコーギーたちや丹誠込めて育てた花に囲まれながら、

1800年代の農村をモデルにした暮らしを送っているそうです。


[95]日本家屋100選 mododemonandato

由緒正しい日本家屋を100軒紹介する番組。

出来れば季節毎の儀式や仕来たりなども紹介して、時には蔵に眠るお宝なども披露してくれると嬉しい。

古い日本家屋には谷崎潤一郎氏が著書「陰影礼賛」で論じたような、西洋建築とは一味違った独特の美学、芸術的な感性が培われてあり、そのような細部にまで踏み込んだレポートもあったりすると番組に深みがでるでしょう。

温故知新ということを念頭に入れ、現代建築が古典的な日本家屋に学ぶべきところがあるとすれば、そのような自然の彩光を活かした陰影の表現にあるのではないでしょうか。


[96]>77 家版ロボコンみたいですね TinkerBell

学生が主人公というのがとてもすばらしいです。

こういう大会があったらたくさんの優秀な建築家が誕生していきそうです。

そして今話題の耐震強度がテーマ。

古い木造家屋は昔の耐震基準で作られているので

とても地震に弱くて補強する必要があるけれど、

お金がかかるので、ほとんどの人が何もできないでいますよね。

「いかに安価で簡単な工法で高い耐震強度が実現できるか」を競っていったら、

そういう家の補強工事に役立つ実績がたくさん生まれて、

たくさんの命が助かっていくことにもつながると思います。


[97]>83 すっごく気になります!! MissBunny

電車から見える多摩川の河川敷、ダンボールハウスを超えて

立派なものがいくつも建っているのが見えて

いつも

「すごいなあ…たくましいなあ…」と思ってしまいます。

増築されていくらしい段々大きくなっていく家も。

中はどうなってるんだろう…けっこう快適に暮らしているような…

廃棄物でよくあそこまで作れるなあー

でもある日が来たら壊されちゃうんだろうな

でもすぐまた新しい家を建てちゃうんだろうなーとぐるぐる考えます。

とにかく「たくましさ」に感心するんです。


[98]>93 古人の智恵 ichthyostega

家というのは機能面に生活の知恵がふんだんに取り込まれていますよね。

現代は道具というもので特に工夫を凝らさなくても住みよい環境が得られますが、

昔の家にはふんだんに工夫が凝らされています。こう言うところを詳しく知ってみたいですね。


[99]>19 ドラマはありですね flowerhill

「美味しんぼ」の様な料理を作るドラマがあるんだから、家を見せるドラマがあってもよさそう。個人的には、現代の女性建築家でやって欲しいです。「ハチミツとクローバー」のリカさんの物語とか、本当に出来そうだし。


[100]>94 ターシャでしたか(-”-;A ... akilanoikinuki

とっても小柄なおばあさんなのですが、不思議な存在感があるように感じます。

家にある全てが手作りで温もりがあります。

そして、コメントの一つ一つがとっても自然で美しいのです。

本が何冊か出ているので、買おうかなとも思っていますが、もし、テレビで連続でやったら、DVDにとって保存します。


[101]>72 外国から学ぶ番組! TinkerBell

日本はエコロジーな生活をしたくても、

社会全体が物を無駄にする社会ですから、

一人が努力しても限界がありますよね。

ゴミを減らしたくても買い物をするだけで山のような過剰包装のゴミです。

外国はどんな社会の仕組みになっているのか、

そういうことをもっとたくさん知りたいです。


[102]>100 ターシャの庭 hanatomi

[rakuten:book:11460112:detail]


今日絵本ショップに行ったら、たくさん並べておいてありました。

素敵ですよね。今日見たら、ターシャさんのスケッチもたくさん出版されていました。

自然とおしゃべりしながら、豊かに生きられているのが素敵。

かわいいものが大好きで、贈り物も大好きで、バラも大好きで、草も大好きで。

本を見ているだけで、おとぎ話の中にいるみたい。

あんなイエ暮らし、素敵ですね^-^


[103]>71 敷地面積1000坪!! yoshigyu1318

最近の富裕層では、1000坪くらいの敷地を持つ大邸宅を望む人もいるそうですね。中には3000坪という方もいるそうです。


[104]>97 きっと快適じゃないと思う… TinkerBell

電気はないし、断熱もできないし、ただ雨露をしのぐだけなんじゃないかって…。

でも、少しでも豊かさを求めて、見た目だけでも大きく作ってみようとか、

そういう家なんじゃないかと思います。

私も河川敷のブルーシートと廃材で作られた家を知っています。

屋根にテレビのアンテナが立ってます。

でも、電源どうしてるんだろうって不思議です。

それより橋の上から見ると、アンテナから線がでてないみたい…。

きっと、いつか電気のある所に行けたら使おうって拾ってきて、

今はテレビのある夢だけでも見ようと立てたんじゃないかな、なんて思います。

公園のシートの家を追い出されてそのまま野宿を強いられる人の話を

前にニュースで見たことがありました。


[105]>97 大切な見方ですね ichthyostega

確かに、目を背けてはいけない事だと思います。

我々が豊かな生活をしているすぐそばで、彼らのような人たちがいるという事を認識する必要があると思います。

確かに善悪ではありません。現実なのです。直視しなければいけないことです。

強く生きている彼らの姿にこそ、我々は学ぶことも多いのかも知れませんね。


[106]芸能人の家での生活を覗き見 baggins

芸能人の自宅にカメラをたくさんつけて私生活を観察できるような番にている組が見たいです。芸能人の素の姿って興味があるので。

ただ、実際にやるとなるとただのやらせ番組になってしまうでしょうね…。

いきなり!黄金伝説がこれに少し似ているかもしれません。


[107]>87 おもしろうそうな本です ichthyostega

「プラモデル付冊子」というのはおもしろそうですね。

最近、この手の雑誌ではいろんな種類のものがでていますので、こう言うのもあってもいいかも知れませんね。


[108]いきなりイエはて伝説 flowerhill

芸人さんを連れてきて、思い思いの家を作らせます。大体3ヶ月ぐらいで完成する感じで。どうすればより良いイエになるか、悩みながら出来上がっていく様は、きっと面白いと思います。


[109]>51 都会人の夢ですね! TinkerBell

いいなぁ。都会で田舎暮らし。

そういう暮らし方をしている人がいたら、

ぜひ紹介してほしいです。

地下に水田って、地下で稲育ててるんですか?

すごい!!


[110]>104 快適ではないでしょう ichthyostega

確かに快適ではないと思います。

冬なんて、下手すると死と隣り合わせの生活です。

しかし、そう言う中でも、御記載のアンテナのように、茶目っ気というと失礼かも知れませんが、夢を追いかけてと言うか、そう言う感じに作り上げているものもありますね。

たくましいと思います。


[111]>78 失敗談 ichthyostega

失敗は成功のもとと言いますし、家の場合は「三軒立てないと満足な家は建てられない」と聞いたこともあります。

しかし、普通は自分一代で三軒も建てられないですよね。

やはり、他人の失敗から学ぶしかないでしょうね。


[112]>22 小学生のころから見てます(笑 odorukuma

建物探訪は、外観、家具のレイアウト、空調やコンセントの隠し場所から、使われている資材までよく考えられている素敵な家が紹介されているので、家を建てたい人にはとても参考になると思います。私はこの番組を見ながら、「よく自分の家を建てるならこうしたい」というような事を考えます。

ぜひ真似したい!と思うアイディアが本当に沢山見つかります。着工までに一年以上じっくりと建築家(やデザイナー)の方と話し合っている方も沢山いらっしゃって、家へのこだわりを感じられます。

私が印象に残っているのは、外観に凝った家です。

外壁に使う資材をよく考えて作られており、時間が経つにつれて「汚れる」のではなく、「趣のある」外観になるというのはとても素敵だと思いました。ちなみに内壁では、木材の種類や性質に合わせて使い分けてる家で、すごくいいなぁと思いました。

それと、家の真ん中にあるのに、セラーの電気を着けないと見えない壁でできているワインセラー(5畳くらいの縦長)のある家、すごいなーと思いました。

ほかに印象的だった家は、狭い土地に建てたのに、こんなに広く見えるのか!と思った家です。窓の付け方や大きさを工夫し、壁の仕切りを少なくし、全体を吹き抜けにしてる3階建ての家です。(踊り場と階段でできている様な感じです)鏡も効果的に使っていました。

それと、室内の床から壁紙まですべて白で、生活観のあるものはすべて隠し、一部の雑貨やインテリアに原色をもってきてアクセントにしている家もすごく印象的でした。

話ずれましたが、とにかく私は渡辺さんの建物探訪が好きです♪


[113]>13 参加したーい! CandyPot

ほんとにそこに参加する人たちの人間模様が見せ場になりそうですね。都会の炎天下で材木運びに精を出すグループ、田舎に移って茅から育てるグループ、職人さんの所に弟子入りして特殊な技術を身につけるグループ…。そんな中にやたらリーダーシップをとりたがる男の人がいたり、ホームシックになっちゃう女の子がいたり、ちょっとラブストーリーも生まれるけど三角関係になっちゃったり。

色々あったけど、でも最後はみんなで屋根の茅を葺いて、真っ黒に日焼けした男女がみんな抱き合って完成を祝うの!

途中で週刊誌に、撮影のない時にはプロの大工が作っていたなんて報じられて、違うのに、みんな私たちで作ったのになんて悔し涙を流すシーンもありそうだけど、そういうのに負けずにがんばるよ!


[114]>102 憧れます CandyPot

大きな自然に囲まれて、ゆったりと流れる時間の中で、世の中に流されずに自分らしい生き方を作り上げる暮らし。憧れます。

私は「ターシャ・テューダーのクックブック コーギー・コテージの料理と思い出」という本がほしいです。素朴だけどおいしそうなレシピがたくさん。そんなので少しでもターシャさんの暮らしに近付いてみたいです。

テレビで長期取材してくれたら、私も全話録画して宝物にします。


[115]>110 そういう番組はぜひあってほしいです。 hanatomi

以前NHKで「ワーキングプア」や「ホームレス」の方々の生活を特集していたのを見たことがあります。目を覆いたくなりました。

体が悪い方が、しんどいので駅の地下構内などに横たわるのですが、すぐ追い立てられ、次に地下商店街で又追い立てられ、一日に何度も休む場所を変わっていました。体の調子が良くなくて、腰や節々が痛くてフルで働けないから就職口がなく、就職口が無いからお金もなく、いつからかそういう生活が続き、家もなにもかもなくなったそうででした。ゴミ箱のものをあさって食べて、寒い中地面に寝ている状態では体ももっと痛めるなあと思いました。見たくない、見たくないけど、どうしてか見なければと思った番組でした。

もう1つは、国が援助している一時的な住居の映像でした。

就職を斡旋され、一時的に仕事が見つかるまでそこに住ませてもらうため住所を得た彼らは就職口を見つけることができるのですが、朝早くからの介護の仕事で、もともと体が弱い彼らはへとへとです。生活スキルもたくさん無いのでラーメンにネギを入れたりするのが精一杯。とうとう、起きられない日が続いて首になってしまいます。

そして、期限の日。彼らはそこを追い出されます。就職もないまま。そして公園へ帰っていく。そういう映像でした。

見たくないけど、衝撃的でした。おそらくもっと色んな形のホームレスの方々の生活があります。

お金の管理も彼らには大変です。すぐに全部使ってしまい、買ったものをあっという間に人に上げてしまう方や、お酒にしてしまう方。

自立自立と簡単に言うけれども、難しい条件しか残っていない中で更に難しいことをさせて、自立。

どこまでも届かない、大きな段差があるように感じました。

ここまで上ってくればいいだけといいつつ、登れないようになっている状態を感じました。

生活、家、そういったものを全てドキュメントのようにしてただ見せる番組があったら、多くの人の心に色んなものを残すだろうと思います。


[116]>99 面白そう CandyPot

家や建築にまつわるドラマというのも面白そうですね。流れ大工は小朝さんが出るんですかぁ。行く先々でリフォーム詐欺寸前のことをしようとして、高橋英樹さんに叱られていそうです(笑)。

若い女性建築家を主人公にしたドラマも面白そうですね。


[117]>115 がんばれない人は捨てられる国 CandyPot

hanatomiさんの書き込みを見て考えました。今日、国会中継を見たんです。格差のことが盛んに議論されていました。でも総理大臣は、頑張る地方には補助金を出す、頑張る人にはそれを支える制度をたくさん作った、そういうことしか言ってくれません。hanatomiさんの書き込みを読んで、頑張りたくても頑張れない事情のある人がたくさんいるのに。本当に困っているのはそういう人たちなのにと思いました。

世の中にはまだまだ私たちの知らないことがたくさんあるんだろうと思います。そういう現実を隠さないでたくさん見せてくれる番組がほしいです。解説はいりません。私たち一人一人が考えるから。


[118]一軒の家の歴史を追う番組 Beirii

ある家族が一軒の家を建て、

やがて子供ができて庭に砂場やブランコが置かれたり、

そのうちペットも飼い始めたりして犬小屋が置かれたり、

子供が大きくなってからお母さんはインテリアに懲りだしたり、

お父さんの趣味の部屋が子供部屋に取って代わられたり、

そのうち子供部屋に鍵が取り付けられたり、

子供が結婚して2世帯住宅にリフォームしたり、

おじいさんおばあさんのために玄関にスロープを作ったり…。


そこに暮らす家族と共に成長し、年月を重ねていく家を追っていくドキュメント番組があったら面白いかなと思いました。

でも番組化は難しいでしょうねぇ…。


[119]>90 動物好きの人も植物好きの人も CandyPot

いっしょに楽しめる番組ですね。そしてそこで見たアイデアはすぐにみんなの家にも取り入れられるもの。イエはてなみたいな番組です。そういう番組から、人間以外の色んな生き物とよりそっていく暮らし方が広がっていったらいいですね。


[120]>65 養子縁組も、色んな家族。 hanatomi

日本は血にこだわりますよね。テレビでアメリカの夫婦(確かアメリカだった気が)が、黒人白人色んな子供を引き取り家族になって一緒に暮らしている家を見ました。養子というのが日本よりは普通で、自然なことで、こどもとどうしても合わないと又次の家を探していただけたりもするそうです。

イエの形って、もっと色々あってもいいと思うんですよね。夫婦だって、役割がいわゆる男女逆だったり、同居人のような夫婦だったり、親子のような夫婦だったり、友達のような夫婦だったり、何でもありだと思うんですよね。

いろんな暮らし方の広がりを見せてもらえると、イメージが膨らんで、自由に人が動ける気がしますよね。人の数の分だけ、色んな形のイエがあっていいんですものね。

多種多様なイエのあり方、是非見てみたいです。


[121]>81 わかります! vivisan

たった一つのインテリアによって、部屋もイエもがらっと変わってしまいますよね。

あと置く場所とかでもかわるし。

1つのインテリアで雰囲気を変えてみよう!とか、壁紙の色をかえてどんな感じになるのかを確認してみよう!とか実験的にいろいろな場面を想定してやるのも面白いと思います。

絶対参考になりそう!


[122]>103 なんとまぁ・・・ mimisasa

1000坪でもびっくりですが、3000坪ですか・・・。

格差が叫ばれている日本で、富裕層全てを指していうわけではありませんが、

なんだか富裕層のお金の使い方って間違っているような気がしてなりません。


[123]日本愛好家の外国人が建てた家 jorico

日本のことを好きな外国人が、日本をイメージして自国に建てた家を紹介する番組が見てみたい。外国の人が持つ日本のイメージを家を通して見れたら面白いと思います。


[124]>82 見ましたよ! mimisasa

それは、「サツキとメイの家」のことですね!

実際見たのですが、やはり物語のイエがリアルに自分の目の前にあるということに興奮しました。

感動モノでしたよ。


[125]>111 失敗学でしたっけ? vivisan

畑村洋太郎氏が失敗学でいっていましたね。私は世界一受けたい授業で見ましたが。

失敗をすることで、二度とあやまちをおかさないように解決策を考える。

イエの建っている場所によってもいろいろ条件がかわってくると思うので、これは是非見てみたいです。


[126]>117 資本主義の弊害 ichthyostega

私は共産主義ではないのですが、近頃はどうも、資本主義の悪い点が前面に出てきているように思います。

競争社会と言われますが、競争社会をこのまま突き詰めていくと、弱肉強食の、単なる野生動物と同じ社会になるのではないでしょうか。

金を目当てにしている分、野生動物よりもたちが悪くなるように思います。

資本主義社会はいま、存続の危機にあると思います。ここでうまくやっていかないと、資本主義はダメになると思います。


[127]>85 モノを増やさない! vivisan

これは興味があります!いつも知らないうちにどんどん増えちゃっているので。

必要最低限の荷物で移動する彼らから何かヒントになるものを得たいなぁ・・。


[128]>58 すごい工夫が・・・ mimisasa

想像でしかないんですが、縄文時代や弥生・古墳時代までさかのぼっても、

昔イエには、生活しやすいようにびっくりするような工夫があるんでしょうねー。

必ず自然と共存した、自然密着型の生活でありイエでしょうから、興味があります。

土器作りも楽しそう♪


[129]いわくつきの家 tehi

掛け軸の裏にお札がはってあるとか、壁に妙なしみがあるとか、その部屋で昔事件があったなど、わけあり物件をみてまわる番組がみたい。不謹慎だけど。


[130]>127 増えちゃいます。。。 mimisasa

わたしも、モノが増えてしまって、いらないものもあるだろうし、

必要ないのに買ってしまっているものもかなりあるんじゃないかと思います。

モノを大切にするという観点からも、移動式住居だと、なにが自分に必要なものなのかよくわかりそうですね。


[131]>91 有名人にも BROWN6

ジュエリーデザイナー の石川暢子さんの家はカラクリ屋敷ですよ!TVで見たんですが(ソロモン流),隠し扉とかあったり、面白くて見入ってしまいました。


[132]家族の記念日 akilanoikinuki

先日のいえはてで、記念日の話題でもりあがりましたね。

家族ごとにいろんな記念日があり、その一つ一つに色々な思いがこめられています。

そんな家族にとって大事な記念日を迎えるまでのドキュメントなんてどうでしょう。個々の家ごとにいろんな思いを背負って、それを改めて言葉にする。

まさに笑いあり涙あり・・・。とっても素敵なお話しがたくさん出てきて、心が温まりそうです。


[133]廃材や粗大ゴミをつかって家具や小物を作る vivisan

テレビチャンピオンとかでも似たような選手権をやっているような気がしますが、投稿形式で送ってもらい、オンエアするところには実際にそのお宅に赴いて、家具やインテリアを作ってみる。

教えてもらう様子を映すので、やり方もわかる。

おおー!こういう使い方もあるんだねって、いろいろ参考になると思います。

粗大ゴミもまだまだ使えるものもあるし、前のはてなでhanatomiさんのお母様が作ったひな段のように・・リサイクルできて、しかもお部屋のインテリアになるものっていっぱいあると思うんです。

針金でアートでもできますしね♪

DIYの初心者にとってはいろんな工具の使い方もわかるようになるので、一石二鳥かと。

一例を出すと、金物の箱に木の枠をくっつけたら、立派な角火鉢になると思うんですが・・。


[134]家を家族ごと交換する番組 jorico

2組の家族が入れ替わって、お互いの家で何日か過ごした後に良かった点や悪かった点を評価し合う番組が見てみたい。きっとそれぞれの家族に固定概念があると思うので、体験後自分達の家にどのように生かすのか家族で話し合うのも面白いんじゃないのでしょうか。


[135]運が良くなる家の風水の番組 mododemonandato

なるべく詳しく運が良くなる方法を教えて欲しい。

こちらは吉田まり子氏の風水のブログ。

http://blog.37sumai.com/essay_blog/yoshida/

2007年の春はオリーブグリーンがラッキーカラーだそうです。


[136]>122 お金の使い方 BROWN6

TVでお金持ちの買い物に同行する番組を見たんですが,あのお金の使い方は異常としかいいようがなかったですね。上着が30万くらいするのを安いとか言って即購入したり,家族で1回の外食に15万使ったり,こんな凄い次元の世界があるのにはいつも驚きます。1000坪くらいの敷地を持つ大邸宅を望む人も別に人の勝手ですが,少しでもいいから世のためになるようなお金の使い道も考えてほしいですね。


[137]>14 そうですね。 taknt

外国だとまた一段と変わったところがありそうな感じがします。

今は 韓国のオンドルとか有名になりましたが、そういうのが

ほかの国にもいろいろあると思いますしね。


[138]インコや小鳥を沢山飼っている人の家特集 toku4sr4agent

インコや小鳥を沢山飼っている人の家特集が見たいです。

・どんな工夫をされているか

・どんな籠を使っているか

・1日あたり放鳥(っていうのかな、放し飼いにする)時間はどのくらいか

(やっぱり家具はかじられちゃうだろうからかじられない工夫とか)

などをお聞きしたいですし、

そのほか、おしゃべりするインコさんが居たらついでにそのおしゃべりの様子も一緒に放映して欲しいです。


[139]>96 ロボコン風なら Kumappus

例えばつかっていい材料とか土地の面積

9坪ハウス 小さな家で大きな暮らし

9坪ハウス 小さな家で大きな暮らし

とかに制約を設けるとか、テーマ(とにかく光がたくさん入り、かつプライバシーが守られる、とか体が不自由なお年寄りが楽に生活できるとか)を決めたほうが面白いでしょうね。

で、優秀なアイディアは公開して自由に企業化できる。単なるアイディア賞に終わるんじゃなくて世間一般に貢献できるようなしくみがあるともっといい。


[140]>130 荷物の整理術&ものを増やさない工夫 toku4sr4agent

同じ場所に長く住んでいるとどうしても荷物が年々増えていってしまいます。


仕事柄やっぱり一番増えてしまうのは本ですね。

それと勉強会などでいただいてくる資料。

部屋の中が本や資料でいっぱいになってしまうので、なんとかうまい整理術&ものを増やさない工夫術なんかの特集をやって欲しいです。


[141]>126 経済のあり方は後から作られたものですから tough

資本主義も共産主義も、人間の生活が始まったはるか後に作られたものですから、それに人間を合わせろという方が無理なのではないかと思います。企業なら資本主義に、コルホーズなら共産主義に合わせられますが、人間の暮らしはそうはいきません。資本主義社会もけして人間の暮らしに合った形ではないように思います。それに合わせられるのは、企業からお金をもらって生活する人だけでしょう。

その証拠に、消費者個人に物を売る個人商店などはどんどん潰れています。江戸時代の日本は、経済で言ったら何主義だったのでしょうか。江戸時代は、商いは天秤棒と足さえあればできると言われていたそうです。


[142]介護のためリフォームした住宅の紹介 toku4sr4agent

家族介護のためリフォームした住宅を紹介する特集番組なんかがあるとよいです。

その際

・どの程度費用がかかったか

・うち介護保険を利用したのはいくらで、介護保険を利用したことで(たぶん1割負担なので)実際に支払ったのはいくらか

・リフォームをする際どういうところに気をつけたか(手すり、廊下の幅、トイレ、風呂場、洗面所、台所)

・家族の身体の状態はどうだったか

・リフォームにあたり相談したのはどこか

(建築会社のほか、一級建築士等の意見は聴いたか、福祉住環境コーディネーター、ケアマネージャーなどの意見を聴いたりしたか)

・生活上不便だったところはどこでリフォーム後どのように改善したか(生活しやすくなったか)

などの情報もあるとよいな、と思います。


本当はもっとアンケートをとるべき項目はあるのかもしれませんが。


[143]日本の古い建築物(しかも市中の)を取り上げる Kumappus

http://blogs.dion.ne.jp/eternalbeauty/archives/5166266.html

にあるような「都会の中に残っている古い建築物(というか民家)」を取り上げた番組。

実は私の生活圏内(東京都内)にも

みたいな例がたくさんあります。

小京都とか小江戸とかいわれるような場所だと観光資源でもあるのでたくさん残っているのでしょうが、東京都内でもこういう歴史的価値…があるのかどうかは微妙だけど…な建物が毎日のように潰されてこの世から永遠に消えてしまっていることは想像に難くありません。

こういう建物を取り上げて欲しいなあと思います。


[144]>142 どうして今無いのか不思議なくらい。 hanatomi

それ賛成です。山のようなデータがあると思うのでそれをうまく活用して使いやすいデータにして皆で共有できたらイイなと思うんです。

なぜなら、そういうバリアフリーの家というのはどの家でも将来面する可能性のある家であるし、必要となったときは緊急性を要するし、生活のうえでの細かい点をちょっと工夫したり変更するだけで、生活に大きく響くと思うんです。

とっても大事だと思うんです。

情報が公開されて一定の見本が無いせいか、公共施設のバリアフリーはなかなかひどいものです。

大きい駅の中には、まだ階段しか無い駅がたくさんあります。

信じられないですよ。大都市のいくつもの電車が乗り入れるでっかい駅なのに。

スロープも、傾斜が急すぎて実際のところなかなか上れない所があると聞きます。驚きです。


家に関して、テレビで是非そういった番組してほしいですね。

もしもの時の転ばぬ杖ですから、スペース等が許すなら、元気な人もそういう家の設計にしておいてもいいとおもうんです。


[145]>144 これからの時代には欠かせない番組になりそうですね tough

朝まで生テレビ風に、介護に適した住まいとはどういう住まいなのかを徹底討論してもらう、などというのも参考になりそうです。

これからの高齢者住宅には、元気な高齢者がいつまでも元気でいられるような工夫、たとえば転倒防止に配慮された設計が欠かせないそうです。廊下から部屋に入った時に床の摩擦係数が違うだけでも、足腰が弱ってくると転倒の恐れがあります。高齢者には、段差がない所での転倒というのも意外に多いと聞きました。そういう突っ込んだところまで深く考えさせてくれる番組があったらいいと思います。


[146]>143 そういうの、たくさん見てみたいですね tough

古い建物がどんどん失われていくのは残念なことです。極端に古い建物なら保存の声も上がるでしょうが、今本当に守らなければならないのは、文化財にならない程度の古さ。ちょうどKumappusさんの書かれた昭和初期とか、その位の時代の建造物ではないでしょうか。

今は歴史的価値が感じられない建物ほど、今守っていかないと取り返しが付かなくなりそうです。保存が無理ならせめて映像だけでも残していってほしいと思います。


[147]>145 気をつけないといけないのは Kumappus

高齢者の方々の症状とか苦しんでいる原因というのがひとつではないことです。

だから「適した住まい」というのは住んでいる方の数だけあるのではないかと思うのです。

例えば膝が痛くて階段が降りられない人 もいれば 目が不自由になって家の中を自由に動きにくくなった人もいるし 脳梗塞などで半身が麻痺したという人 もいます。

基本的なところは確かに「段差がない」とか「ぶつかっても怪我しにくいようにカドがない」とかでまとめられるのでしょうが、それぞれに適したケアを「イエ」自体が効果的に行えて、また症状の変化に対して簡単に追従・変更できるような作りにみんなが知恵を出し合っていくような番組。それでいて見ていて面白い(ビフォー・アフターでときどきそういう問題解決策が出ます)番組が見たいですね。


[148]>125 貴重な体験 sanbo-n

住んでみないとわからないことってありますからね。建材、日当たり、近隣との関連などなど。。え!っと思うことは次から次から出てきたりします。こんなはずじゃなかった!から気にしてなかったけど意外に気になった、あるいは良かった。

役に立つ意見、立たない意見は状況によって千差万別だと思いますが、そんなことがあるんだということがわかっているかいないかは建てる前からその後まで多岐にわたるでしょう。

そんな情報は必要でしょうね。


[149]>133 これいいですね tough

視聴者参加型。ドキュメンタリー的要素もあり、さらに見た人がいいと思えばすぐに自分でやってみることができる。もったいないの心が流行しそうです。

今までゴミにしか思われていなかった物に日本中が目を向けていくようになったら、世の中変わっていきそうですね。


[150]趣味のために家を建てちゃいました。 BROWN6

お金持ちには色々な趣味を持った人がいると思いますが,趣味のためだけに造った家を紹介する番組。例えば経済アナリストの森永卓郎さんがフィギアとかのコレクションを保存する別荘をもってるように,森永さんは将来そのコレクションを博物館みたいにしたいらしいです。世界中の金持ちで趣味のためだけに使う贅沢な家を持ってる人を特集する。


[151]>132 長寿番組にしたい企画です tough

これは徹子の部屋なみの長寿番組に育てたい企画だと思います。

家族が何かの喜びの日を迎えたら、みんながこう言うようになります。毎年今日の感謝を忘れないように祝おう、そしてあの番組に応募するんだ!

日本中の家族のきずなが深まります。


[152]>123 色んな家が登場しそうです tough

これぞ日本人も忘れかけていた日本の家だと唸りたくなるような家から、抱腹絶倒の激しい勘違いの家まで、多彩な家で楽しませてくれそうですね。

世界の人たちがどういう目で日本を見ているのかが素直に分かる面白い企画だと思います。


[153]>21 何気ない日常が恋しい人も多いはず tough

地方に住む何でもない普通の家の何でもない日常を、何も飾らずに映してくれたら、それだけで涙が出るほど感動する人も少なくないはずですね。

今は何気ない普通の暮らしすらなく、一日働いて帰ってきて、一人でコンビニ弁当を食べてその日を終える人も少なくありません。そんな人の心にもきっと響く番組でしょう。


[154]>52 郷土料理 vivisan

その地方に基づいた台所で作る料理には、家庭の料理ってありますよね。

いろんな番組でも紹介されているようですけど、郷土料理って家々によって入れるものが違ったりとかすると思います。

ダンナの両親が宮城の出で、この間はらこ飯をつくってくれました。

はらこが鮭の卵って初めて知ったんです。この料理は家庭料理なので、つくる家々によって調理方法が違ったりとかいれるものも違うそうです。ダンナの家は大葉を入れます。宮城出身の知り合いはまた別の作り方をしていました。

その土地土地にあったいろんな家族な料理も見てみたいです。


[155]>146 昭和の建物 momokuri3

私の近所には、まだ現存している、おそらく戦前に建てられたと思われる古い木造平屋の一群があります。これは市有の貸家で、現居住者がいる間は取り壊さないということになっているようですが、近くにあったほぼ同時代と思われる個人所有の貸家は全て取り壊されています。

日本最初のラジオ放送が1925年。おそらくあの古い家はその15年くらい後に建てられた物だろうと思います。もしその当時のラジオの音源や台本があったら、それは大変な文化的価値のある物として扱われると思います。しかしその時代の家は全然大事にされずに取り壊されていきます。失われていく物の貴重さを教えてくれる番組として、私はこれに大賛成です。


[156]>134 面白そう momokuri3

すごく斬新ですね。住まいを交換したそれぞれの暮らしをドキュメント映像で紹介しながらあれこれトークしてもらうと面白そうです。生活動線の違いによる違和感とか、意外な住み心地の良さの発見とか、これから家を計画している人にも役立ちそうな番組です。


[157]>118 今から始めて最終回は60年後でしょうか momokuri3

何気ない日常を定点観測のように撮り続けるドキュメンタリーですね。そのくらいの息の長さで続いていく番組があってもいいと思います。もうディレクターもカメラマンも撮っている途中でどんどん定年退職。それでもずっと撮り続けていったら、時代の変遷と文化を語る大変な番組になりそうです。


[158]家作りの偉人の足跡をたどる番組 momokuri3

日本の庶民の家には、時代ごとの特徴があります。時代ごとにパターン化されたデザインや工法があります。そこには、そうした時代ごとの家作りをリードしていた建築家が必ずいるはずです。

あるいは、昔の瓦は陶器製で高価な物でしたが、セメント瓦が登場して、安普請の貸家の屋根も瓦で葺けるようになりました。あれは誰が最初に作り始めたのでしょう。

そのほか色々なことで、時代を象徴する家作りの偉人がきっといるはずです。

家作りの歴史を紐解きながら、そうした歴史に名をとどめていない隠れた偉人の足跡をたどってみる番組があったら面白そうだと思います。


[159]>154 イエと郷土料理 toku4sr4agent

昔からある家というのは地方地方の気候風土が異なるでしょうから、それぞれの地域に合ったものになっていると思うんです。

郷土料理ができた理由なんかもおそらくその地域独特のものがあると思います。


昔からある家についてのリポート(何故そのような形になったのか)と郷土料理についてのリポートを同時にやってくれたら面白いな、と思います。


こんな番組があったら地理音痴、歴史音痴の私でも楽しめるし、小中学生など生徒に見せてもよい内容だと思う。

(今いろいろな番組を見るにつけ、こんな番組学校の授業で紹介してくれたら、こんな教え方をしてもらえたら、もっと勉強が面白かったのに!っていう番組ありますもん)

イエはてなのいわしが発祥となって、歴史や地理に興味がない子でも興味を持てるような番組ができたらよいな、と思います。


[160]>73 意外性 BROWN6

某お笑い芸人さんが自宅紹介した時に驚いたことがあります。小汚い普通の家かと思ったら,オシャレなヨーロッパ風の家具とかがあったりして、部屋が結構綺麗でした。デザイナーが住むような部屋でビックリです。


Gacktさんの家の中に滝があるんですか!!!本当なら見てみたいですね。


[161]豪邸建てます castiron

この豪邸とは金がかかっている低俗な豪邸ではなく日本の伝統的な技術の粋を集めた家や最新の技術を使った家などそういったアプローチでの豪邸を実際に建てる番組を見たい。


[162]>32 こうゆうの楽しいですよね hanatomi

番組としてあっという間に成り立つと思います。見てもたのしい。応募したら集まりそうです。

個性的な家では変わったショップがありますよね。ワニの飼育プールを作ったとか、とにかく石像が好きで庭に並べて販売してるとか。そういったのはテレビでやってます。

でも、自分達と同じ「ある、いち賃貸者」がそういうことやったというのは見たこと無いです。

ぜひぜひぜひ、見てみたいです^-^面白そうです^^


[163]中身が勝負 sayonarasankaku

団地とか、建売住宅で間取りがまったく同じ家をいくつか用意して、

住む人によっての違いを楽しむ番組。

以前、団地に住んでいたんですが、

本当に同じ間取りなの?と思うくらい違っていたんです。

単に綺麗だから良いというだけじゃなく

その家庭によっての生活の違いを見てみたい。


[164]すごい豪邸の裏側 sayonarasankaku

すごいお屋敷があったとして、

掃除や日々の家事に、どれだけの人がかかわっているのか知りたい?

全部、自分たちだけでお掃除しているの?

洗濯物って、どこかに干してるの?

お手伝いさんの一日って?

掃除機、毎日かけてるの?

そのシャンデリア、埃はたまらないの?

家の値段も知りたいけど、そういう維持費は月にいくら?

私には想像も出来ないので、ぜひ見たいです。


[165]>129 わけあり物件 BROWN6

めちゃくちゃ家賃が安くてラッキーなんて喜んでいたら,実は…そこは事件があった物件だったり,自分だったらすぐ別の物件を探しますが,最近は結構人気なんだそうですね。霊とか信じない人とか気にしない人がわけあり物件だって事を知りながらも安いからあえてそこを選ぶ人もいるそうです。


[166]>12 特徴ある民家 BROWN6

世界中には現在の日本では考えられないような特徴ある家で毎日生活している人々がいるんですよね。

洞窟に造られた家もあるんですか!


[167]>136 30円あったら、 erty

スーパーで挽肉を買う時に「こっちじゃなくてあっちが買える・・・でもやっぱりどうしよう・・・」なんてこと想像すら出来ないんでしょうね。それでもお金持ち豪邸の番組はついつい見ちゃいます。そうやって自分で見ておきながら「けっ!」なんて僻み根性丸出しにしてますが。でもそれはそれで楽しいとも思っています。


[168]トゥルッリ大解剖 teionsinonome

アルベロベッロについて書くの、イエラボのころから数えて何回目でしょうってぐらい書いてますが、アルベロベッロのトゥルッリを大解剖する番組が見てみたいです。

世界遺産の番組ってよくありますが、トゥルッリを扱ってくれることってあんまりなくて・・・

上のリンク先の番組も見てないんです 再放送して欲しい!!

この小人が住んでそうなメルヘンな家の内部はどうなってるのか ここでどんな物を食べて、どんな会話をしているのか

家具はどんなものなのか、ファブリック類はどんなものなのか

もう、ドアノブから排水溝まで全部見せて欲しいです!!!


[169]>124 ロードオブザリングのフロドの家 Beirii

DVDのメイキングで見たんですけど、実際に一年かけて作ったとか。

http://kajipon.sakura.ne.jp/HP/roketi.htm

こういうところに泊まってみたいですねぇ。


[170]>116 家関係のドラマ rikuzai

なんか原作になりそうな小説やコミックを考えていたんですが、

案外ないものだなぁと実感。篠田さんの「建築探偵」くらいしかでてきませんでした。

(それはそれで見てみたいけど主役やれそうな役者が…う?ん)

流れ大工は私も見てみたいです。

ハチクロのリカ視点のお話も是非見てみたいですね。

これはむしろアニメの特典でもいいかな。


最近では「結婚できない男」の主人公が建築家でしたが、

最近見つけてちょっと気になっているのは↓

ヒトラーの建築家 アルベルト・シュペーア

ヒトラーの建築家 アルベルト・シュペーア DVD-BOX

ヒトラーの建築家 アルベルト・シュペーア DVD-BOX

アルベルト・シュペーア - Wikipedia

歴史的にも建築史的にも気になるドラマです。

ボックスかぁ…。


[171]>139 京の町家学生設計コンペティション teionsinonome

私が見たのこれです!

京の町家学生設計コンペティション

京の町家ってあたりがいいですよね

周りの景観も加味した設計をしないと評価されないなんて!

実際に販売もされるみたいなので学生さんはまた違ったプレッシャーにも追われるわけで

きっといい経験になるんでしょうね

参加費用3,000円ってところにグッときました なんていうか、利益とか宣伝とか置いといていい職人を育てるためのコンペなんだなーって思いました


[172]>168 アルベロベッロの家 vivisan

私の家の近くにあるリトルワールドで実物みたことあります。

ただ、中はお店になっちゃっているので、完璧にはみえないですけど。

そういえば、アルベロベッロと白川郷って世界遺産つながりの姉妹都市でしたよね。姉妹都市になるまでのドキュメンタリーをテレビでみたことあります。


[173]住みたくない家! Kumappus

別のツリーで「失敗」というのがありますが、それとはちょっと違って「うわーこんな家住みたくないー」とおも和せるような家を紹介。

もちろん、建築工事の手抜きで傾いてるとか住んでみたら両隣が頭にやのつく自由業のひとたちだったとかそういうありきたり&不可抗力的なものではなくて、建主の主義主張でこういう構造になったんだけどとにかく住みづらい、とか信じられないような苦労をするはめになった、とかそういうのを。

など…。

しかしビフォーアフターならこういうのをリフォームして解決するから救いもあるんだけど紹介だけで終わっちゃったらちょっとつらいかな(笑)。

家は一生モノなので逆に変なこだわり出しちゃって失敗する例って多いと思うんですよ。そういうのに対する警告みたいな意味で。


[174]>162 マンションの制限 ichthyostega

家の内装などのアイデアと言うことになると、どうしても一軒家になってしまいます。

マンションではどうしても制限事項が増えてしまうのが欠点です。

これをなくせるようなアイデアが出そうで、おもしろいですね。

最近でこそ、マンションも自分で部屋割りなどを考えられるタイプが出てきていますが、それでもやはり、

できあがる前に注文しないといけないものが多いです。

そうではなく、賃貸でもできる、部屋の大改造、みたいなものが紹介されればおもしろいかも知れません。


[175]>148 失敗学ですね ichthyostega

これは貴重な考え方だと思います。畑村さんという人は鋭い観点をもっておられますね。

失敗を個人の情報としてしまえば、進歩はありません。

人類が産業革命以降、躍進的な文明の発展を遂げたのは、情報のやりとりの効率化によって、同じミスを繰り返す頻度を減らし、効率よく発展できてきたからです。すなわち、失敗から学ぶことができたからだと思うんです。

失敗の情報は是非とも、皆で共有したいものです。


[176]>141 人を中心に ichthyostega

toughさんの仰る通りですね。今は「主義」というものに人間が振り回されているように思いますね。

江戸時代なんかは「人間主義」のように思います。

お金や名誉だけを相手にするのではなく(そう言う人もたくさんいたでしょうけど)、多分に「人」を相手にしてますよね。

近江商人の言葉に「三方良し」という言葉があるそうです。

「買い手良し、世間良し、売り手良し」

どれも利益としてのお金だけが対象ではなく、人が対象の主体になっているように思います。

人を中心にすれば、もう少し不必要な格差はなくなるように思うんですが。


[177]>165 裏がお墓だと choco-latte

ずいぶん安くなるとかいいますよね。

でも前に怪奇現象をやってた番組で、夜中に足音が聞こえるっていうのをやっていて、霊媒師さんが、「すぐ横にあるお墓の霊の通り道になっています」って言ってました。

その後にその廊下にお札を貼っていました…。


[178]建築家のドキュメント番組 rikuzai

一人のアーティストとして有名な建築家の一生を追ったドキュメント番組を、

世界各国現在の代表的な人をとりあげて帯で見てみたいです。

結構ガウディとかライトとかは見るんですが、

自分が知らない、今バリバリ活躍している人の今が見てみたいです。


[179]ギャップのあるイエ mimisasa

例えば、外観は日本テイスト、てっきり中も日本家屋かと思いきや、実際中はヨーロピアンテイストなイエ

逆に、門構えや庭は明らかに、お城を思わせるようなイエだけど、中には広々和室や和に拘った内装

建物自体は、かなり狭く見える、でも実際は見た目では考えられないくらいの収納たっぷりのイエ

など、外観とイエの中とか全く違う、想像を裏切ってくれるようなイエの特集とか見てみたい!


[180]>157 なんと! mimisasa

今始まっても、最終回は60年後ですか!

悲しいかな、60年後を見届けられるかどうか・・・。

そうなると、親子2代に渡って見守れるような、番組でもいいですね!


[181]>49 素人ですから mimisasa

某番組のエンディングでは、リフォーム代だけ表示されているけど、

その下にある、デザイン料は含まずという表示が気になってます。

匠の技だけに、きっとデザイン料って高いんでしょうねー。


となると、素人でも簡単にできる最先端技術ってかなり魅力ですね。


[182]ペットフレンドリー Kumappus

「ペットといっしょに暮らす家」に特化した番組。

毎週ペットとそのペットのために工夫を凝らした家、部屋を紹介。

例えば猫のために部屋の調度を猫運動場みたいにしちゃいましたとか、床面が全て特殊素材で肉球にやさしい(すべりにくい)とか、わんこの足洗いスペースがうまく組み込まれた玄関、とか。。。

今、建築メーカーもマンションもペットフレンドリーな個々のパーツなどは提示してると思うんですが、家(部屋)として集約させた実例集ってあまり見られないと思うんですよ。

イメージとしては「渡辺篤史の建もの探訪」+「きょうのわんこ (&にゃんこ)」かな(笑)。


[183]自然素材を使った掃除術 toku4sr4agent

イエ…家を丁寧に使うことも含めて構わないなら、「自然素材を使った掃除術」の特集があるとよいです。

例)みかんの皮、米のとぎ汁など。

ようは、新しく買ってきたものではなく、一般の家庭にあるもの、そして、通常は庭の肥料などにしてしまうものなどを利用して掃除する。

但し、使い方がわからないと困るので、

・使用方法

・保存方法

なども含めての特集があるとよいです。


テストのためお米のとぎ汁をペットボトルに入れて常温においておいたら、カビが生えてきてしまいました(苦笑)


[184]>107 モノづくりを子供に教える hhkznz

子供の頃、近所に建築中の家があると、毎日飽きずに眺めていたのを思い出しました。大工さんとか左官屋さんの仕事に目を輝かせながら、モノを作るということ、仕事をするということを、少しずつ実感として理解していったのだと思います。大工さんから釘一つもらっただけで、有頂天になっていた記憶があります。大人は子供の頃のワクワク感を思い出し、子供にはモノづくりの教材となる…そんな番組が実現すると嬉しいですね。


[185]普通の人が住む、歴史的建造物! otayori

ウィーンのシェーンブルン宮殿の一部を貸し出して、一般の人が住んでるとか見ました。

他に有名な音楽家の生家とか、ヨーロッパとか多い気がします。

ヨーロッパ以外でもそういうのあれば、特集とか見たいです。


[186]>169 野比家=のび太の家 hhkznz

のび太の家、見つけました。

http://www.shogakukan.co.jp/bokudora/jigo.html

http://doraemon.yahoo.co.jp/base/town/index_nobi.html

ところで、蛍光灯からぶら下がったヒモ式スイッチや、トタン屋根、ブロック塀などは、以前に比べるとだいぶ見かけなくなってきましたね…10年度、20年後に生まれる子供達は、将来ドラえもんを読んでも、その風景に違和感を覚えたりするんでしょうか。


[187]>184 職人さんになりたい子が増える? otayori

テレビの影響で、芸能人になりたがる子が増えたなら、

なんかそういう職人さんの仕事っぷりがカッコイイ番組が増えると、

地味だけど大切な仕事につきたがる子増えないかなぁ。

学校帰りとか、大工のおっちゃんが

「おかえり、学生の頃はいいね?」と声かけてくれたの懐かしいです。


[188]我が家の土地は昔は○○だった hhkznz

自分の今住んでいる土地(エリア)が、昔は森だった海だった、という程度の知識は大抵の方が持っていると思いますが、例えば、クヌギが鬱蒼と茂った森だったとか、狸や狐が住んでいた、などといった細部はわりと知らないのでは。CGを使い、そのエリアがどのようにして開発されてきたのかを教えてくれる番組があったら面白そうだなと思いました。家族で見ながら「この辺り、昔は一面田んぼでカエルがゲコゲコ鳴いていたんだね」「2000年前は、この家は海の中だったんだ…」などなど会話も弾みそうです。


[189]>27 古いビルが簡単に壊されていくのは嫌です dayday

大正の頃の建築物のビルや民家が、いとも簡単に都市開発でこわされて、のっぺらとしたビルになる事が多い昨今。

その時代の建築物を残す方法、風化や劣化を抑えるための知恵やリフォームを取材して見せて欲しいです。

あと、簡単に開発で壊して良いのかと思います。


[190]>188 30年前のでも驚く結果かも dayday

長年の住民ならばその場所の、数年の推移は知っていても、30年50年・・・となるともうハテナ?ものでしょうね。

自分の家やマンションの場所が、昔はどんなところだったか知るだけでも、住宅購入の時のひとつのチェックポイントになると思います。

工場が移転で大きな敷地が出来て、そこに立ったマンションや住宅地として販売された場合は、特に土壌の事を知るために欲しい知識と番組だと思います。


[191]>158 知られざる庶民の偉人ですね CandyPot

庶民の家作りの歴史を紐解いていったら、きっと普通の大工さんや鍛冶屋さん、近年でも町工場のおじさんみたいな人が、すごい足跡をたくさん残していますよね。そういう人にスポットを当てて家作りの歴史を知ることができたら、ほんとうに面白いと思います。

特別な足跡を残した人でなくても、釘を作る工場の一日とか、そういう家作りを支える人たちの知られざる姿みたいのも見てみたいです。


[192]>152 すごくおもしろそう! CandyPot

外国の人が考える日本の家ってなんでしょう。お城?藁葺きの家?落語好きの人がいたら木造の長屋なんか思い浮かべるでしょうか。室内ならきっと畳ですよね。あと、縁側と庭?

常夏の国の人が縁側で浴衣を着て、うちわでぱたぱた扇ぎながら風鈴の音とか聞いてたら、日本人もびっくり仰天ですね。


[193]>192 わーー ステキー teionsinonome

見てみたいですね!

日本好きな外国人の方って徹底してますよね

作務衣着て打ち水して書道家、とか

そういう家を、あえてフランスあたりに作って欲しいです

ちゃぶ台でフランスパンかじってほしい


[194]>151 みんなが出たくなる番組 CandyPot

辛い時も苦しい時も、これを乗り越えるんだ、そして記念日を作ってあの番組に出るんだ、なんて思えたらいいですよね。

家出娘が帰ってきて初めて家族のためにキッチンに立った記念日とか、子供がみんな独立して恋人同士に戻った夫婦が改めてキスした記念日とか、色んなドラマも生まれてきそうです。


[195]>186 すごいすごーぃ! choco-latte

のび太の家だー!

初期の家だと階段あがって右がのび太の部屋なんですよね。

今では左になってますけど…。

こんなのも発見しましたー

サザエさんちの間取り!

http://house.www.infoseek.co.jp/special/100/


[196]>187 おもしろーい! teionsinonome

今回はコメント数少ないけど面白いツリーがいっぱいですね!!!

これも面白いですね

前にあった家を取り壊すところから始まって、棟上でお餅をまくところはスーパースローでみんなの顔をアップにして飛び散る汗をCGで入れたりして

BGMもこだわって欲しいですね

すごいロックだったりエンヤだったりして欲しいです

ああ、妄想が止まらない


[197]>159 家と食生活って背中合わせですね teionsinonome

今まで深く考えたこと無かったんですけど、家と食生活って近いというか、ぴったりくっついたものですね

いろりとか土間とか、こういうのも作りつけって言うんでしょうか、家と一体ですもんね

システムキッチンも一体といえば一体なんですけど、土間ほどのぴったり感がない気がします

ふと気になったんですが、インドのタンドールは作りつけなんでしょうか・・・

一般家庭にもあるのかな??


[198]>149 投稿形式がいいですね CandyPot

名人が作ってみせるというのじゃなくて、普通の視聴者が気軽に応募できる番組!イエはてなにも色んなリメイクの話がありましたよね。エコクラフトとか、古布で草履を編むとか、かまぼこ板工作とか、空き缶工作とか。

たしか、道で拾った大きな空き缶が捨てられなくて、仕方なく家に持ち帰ってそれでチリトリを作ってしまったというのはtoughさんでしたよね。そういう面白エピソードも添えて投稿できると、すごくいい番組になると思います。私も何か拾いたいー♪


[199]>135 運が良くなる様子の追跡調査も YuzuPON

ブログ見てみました。春はパステルカラーとか、ベランダの掃除とか、暮らしを楽しんだり快適にしていくと自然に運も上がってくるという、一種イエはてなに通じるものがあるみたいですね。

単に迷信を追うというのではなく、そういう目的意識で風水を取り入れていくなら、とてもいいことだと思います。

番組のお勧め風水を実際に取り入れてこんな風に変わったというリポートなども積極的に入れていくと楽しい番組になりそうです。


[200]>120 多様な家族の形 YuzuPON

アメリカのホームドラマにありましたよね。父親とその親戚と、父親の親友が一緒に住んで、共同で子育てしているようなのが。めぞん一刻なんかも、部屋は別々でも一つの家族のように暮らしている所がストーリーの魅力ではなかったかと思います。

これからは、ずっと独身を通してきた人たちが、気の合う仲間同士でルームシェアして老後を支え合うとか、夫婦の関係も、たとえば地域貢献に夢を抱く男が経済的に支えてくれる一家の大黒柱的な妻を求めるとか、色々な姿があっていいと思います。

そういう、普通と違う家族像が魅力的に見えてくる番組があったらいいと思います。


[201]>119 動物植物分け隔てなく扱うわけですね YuzuPON

ペット好きもガーデニング好きも、人間以外の命と一緒に暮らすという点で気持ちは共通ですからね。ペット専門、ガーデニング専門と分けずに両方の人が一緒に楽しめる番組が作れたら楽しそうです。

動物も植物も、最も避けたいのは、育て方の知識が足りなくて可哀想な結果にしてしまうことですから、正しい育て方の基礎知識もしっかり教えてほしいと思います。


[202]>108 まず有り得ないような夢を語ってもらって YuzuPON

思い切りネタに走った家の夢を漫才やコントや漫談で語ってもらって、それを本当に作らせてしまうといった番組にすると面白いのではないでしょうか。

おふざけのギャグが実は斬新な暮らしのアイデアの切っ掛けになって、本人も視聴者もびっくりの素晴らしい家の完成に結びついていくなんていうのが見られたら、本当に面白いと思います。


[203]>98 近世の家の変遷も YuzuPON

江戸時代から現代まででも、家は大変な変遷を遂げていると思います。極端な話、戦後すぐと今とでも、全く違うのではないでしょうか。当時はおそらく最低でも洗濯物の干せる広さの庭と、庭と家を結ぶ縁側が標準装備。今の家とはずいぶん機能が違っていたと思います。


[204]>195 ほう、ほう sayonarasankaku

実際、間取りで見るとなるほどーと思いますね。

のび太君の家もサザエさんの家も余裕のあるつくりですよね。

ロードオブザリングもいい雰囲気!!

私はテレビでアンネが実際に住んでいた隠れ家を見ましたが

感慨深かったです。


[205]やんごとない方々の御宅 sayonarasankaku

天皇家の方々の御宅を見てみたいです。

庭とか広いんだろうな。

夜は布団orベッド、どちらなんだろう?

きっと、散らかったりとかはしてないでしょうね・・・


[206]>89 イエはてながテレビになる!! TinkerBell

暮らしを語ろう、イエはてなー!

毎週ネットから出てきたイエの達人たちが、

すてきなゲストと一緒に理想の暮らしを探していくリブ・ラブ・バラエティ!

もう、すぐに番組に出られそうな人がここにはたくさん揃ってますから、

すぐに番組作れますね!

私は番組のアシスタントしまーす!


[207]>76 国民に住まわせて TinkerBell

リポートさせたらいいのに。

なんか議員宿舎にはいると国民にねたまれて評判下がるから入りたくないって

空き部屋いっぱいできるかもってニュースで言ってましたよ。

国民モニター作って率直な意見をどんどん出してもらいましょうなんて

言える議員さんはいないのかなーと思います。


[208]>25 こういうの大事!! TinkerBell

お店って家なんですよね。

古くからの商店街はみんな、人の住む家でした。

お店を元気にすることは、そのお店をやっている家を元気にすること。

家が仕事の場所という人たちの家にもう一度命を吹き込むような番組が作れたらすごくいいと思います。


[209]>193 私も見てみたいー TinkerBell

ちゃぶ台なんて、今の日本でも失われてしまった文化ですよね。

そういうのが外国で評価されて日本に再輸入されてきたら

とってもすてきなことになると思います。

イギリスでも、畳の部屋にちゃぶ台を置いて、

クッションにもたれかかりながら

緑茶でアフタヌーンティーなんてしてほしいなー。


[210]>208 たしかに大事 Fuel

今は「商店」という名の家と暮らし方が破壊されている時代ですから、

ぜひそこに焦点を当てて、

ただ地域を盛り上げるというだけではなく、

自営業、家業というライフスタイルの復活を目指すような番組が欲しいですね。

商店を営む人たちの暮らしもどんどん紹介して、

そういう生き方が魅力的に見えてくるようなところにも力を入れて欲しいと思います。


[211]>194 平凡だが意味がある akilanoikinuki

どこの家にもあるような記念日でも、その家族ごとの意味ってありますよね。CandyPotさんが言うような、娘の初料理にしても、普通でもちょっといい話しになりそうだけど、家族の間でいろいろあって、それを乗り越えて・・・となると、感動が加わりますよね。

高校受験に受かったとかでも、普通に勉強したのではなく、事情により学校に通えなかったのを、自力で一生懸命勉強して・・・とか。

そういった、名前は平凡でも、その家族にとっては意味が深い記念日、お祝いを見たいです。


[212]世界ののろわれた家 fumie15

確か外国にありましたよね。主人が何かに憑かれてしまって迷路のような家を建ててしまった話。

そういう怪談じみた家の話が見たいです。


[213]>201 こういう番組があったら毎回録画! Fuel

こういう番組を毎回録画しておいたら

動植物育てのバイブルになりますね。

動物に関しては、ただ可愛いということでブームが広がることが多いようですが、

同じブームを広げるなら、命に対する責任が持てる人を増やすことで

流行に結びつけてほしいと思います。


[214]>210 おもしろそう^-^ hanatomi

今でも元気な商店街はたまにあるんですよね。

商店街ってほんっと面白いんですよ、あれは趣味の店やフリマに近いですよね。

びっくりするようなユニークな店やむかしっからのお店があったりして、見てて飽きないです。細道に入ったら又新たな発見があったり。

その人その人の個性が出ますから、チェーンの店や大きなショップとは違ってますよね。どんなものをどんな店でどんな気持ちでどんな風に売ってるか。

人、、一人ひとりの生き方や、暮らし方、住居のありかたなど個人の輪郭が良く出た味のある番組になりそうです。


[215]>209 とても勉強になります jorico

テレビを見ていても、日本に住んでいる人より日本人らしい外国人は実際にいますよねえ。すごい勉強してるし、詳しいし、その姿を見てたらうれしくなります。そしてもっと自国の文化を大切にしようと思います。


[216]>211 殺伐とした世の中の光になる番組 Fuel

どこの家にもこんな感動の物語がある。

誰もがみんな家族にとってはこれほどにかけがえのない存在。

そんなことが伝わっていく番組ですね。

家族の記念日のストーリーを通して

みんな一人一人こんなに愛されてるんだと伝えていけたら、

きっと世の中、変わりますね。

イジメや自殺や犯罪なんて消えて無くなりそうな気がします。


[217]>215 いいですねぇ Fuel

こういうところから、日本と世界の相互理解や友好も進んで行きそうで。

最近は、外国人で着物の着付けの資格を持っている人とか、

邦楽の名取りになってしまった人とか、けっこういるみたいです。

そういう文化を求めて海外から勉強にくるんですよね。

日本人の私たちも、日本の文化にきちんと触れておかないと、

来日した人たちに アーナタ ニホンジンラシク アーリマセンネー

なんて言われてしまいそうです。


[218]>200 これはぜひ実現してほしい Fuel

私も日本人は血にこだわりすぎだと思います。

少子化少子化と騒いでいますが、

世界には親を必要としている子供がたくさんいるはずだし、

日本だってそれは同じだと思います。

うちの親が、私が子供のころ、

お前は実は養子だと言ったらどうする、と聞いてきたことがあります。

私は、生まれた時のことなんかおぼえてないからどうでもいい、

育ててくれる人を親だと思うからべつにあわてないと答えた記憶があります。

その後しばらく本当に私はもらわれてきた子供なんだと思いこんで、

おかげでずいぶん親という存在の有り難さを感じることができた気がします。

血にこだわらない色々な家族の姿を紹介してほしいですね。


[219]>198 粗大ゴミ vivisan

って高いお金を払ってひきとってもらわなくてはいけないし・・。

だったらもっと考えて買い物をしろというハナシもありますけど、これがなにか他のものに変われば本当に一石二鳥になると思います。

アイデアってとっても大事だと思うんです。そのためにはいつもアンテナをはっていないといけないけど。

それに、手作りって愛着が湧いてきますよね♪

巷ではエコ!って叫ばれているけど、じゃあもっとみんながやりたくなるような番組ってそんなにやってないじゃないですか。

いちおう私の地域ではある番組で「エコ道場」というのを一週間だけ特集したりしてますけど。

やろうやろう!って言うだけだとついてこない人っていると思うんです。もっとこういう趣旨の番組があったら、自発的にエコをやりたくなるのではないかなぁ?


[220]>214 私もテレビ局ならではの力で、こういうのやってほしいですね TomCat

なにしろテレビ局はプロモーションの本職ですからね。商店街はイエの底力。これを元気にしなかったら、日本の経済だって回復はしていきません。

今ちょうど、横浜国大名誉教授で国際生態学センター研究所長の宮脇昭先生がラジオで言っておられました。日本は規格品ばかり作ることに長けている。人間もみんなひとつの規格に当てはめて、それに合致する人だけが優秀と。そういう人材の育成しかしてこなかった。だからバブルが崩壊したら、もう立ち直れなくなってしまったんだと。

この先生は植物生態学がご専門ですが、その中でも珍しい「雑草」の研究者なんですよ。多様な植物が混在するからこそ雑草は環境の変化に強い。そのことは人間だって同じだ、というわけなんです。

で、今の商業、どうですか。もう全てが企業経営の「規格品」店舗。一つの企業が潰れるだけで、日本の経済は大騒ぎです。個人商店の縄張りを企業にどんどん侵食させていってしまったから、個人の底力で暮らしを成り立たせていける基盤が無くなっちゃったんです。私に言わせれば、個人商店の再建という目標が全く抜け落ちている「再チャレンジ政策」は落第です。そして、個人商店の復権無くして「景気の底上げ」も無し。

そういう政策は地方の課題だと言いたいのでしょうが、相次ぐ市町村の合併でどこの地方公共団体も大型化して、点在する小さな商店街の面倒なんか満足には見られなくなっています。

ここにテレビ局が入ってくれたら、面白くなってきますよね。そして個人商店はこんなに面白い、勤め人にはない暮らしの面白さもある、俺もお店という名のイエを作ってみたい。そんな魅力ある商店街の姿を見せていってくれたら、「雇用」をアテにしない「雇用創出」も可能になるはずです。


[221]>218 新しいイエの形 TomCat

私も将来、例の農園が作れたら、そういう新しい形のイエが集まる村に発展させていきたいんです。まず最初は、いつでも誰でも遊びに来て、勝手に何日でも泊まっていきなよっていう感じにしておいて、この村いいな、住み着いちゃおうかなという人がいたら、余裕があれば私の所に住み着いちゃってもいいし、自分のイエが欲しければどんどん近くを買うなり借りるなりして引っ越してきてもらって、みんなで農村の仲間になる。

都会で弾かれた人が来てもいい。引き籠もりで対人関係は苦手だけど自然と向き合うならOKという人が来てもいい。友達同士で住んでもいいし、知らない同士がここで知り合って家族になっていってもいい。ギルドで出会って意気投合してRPGのパーティが出来上がるように、いろんな人間関係が「共に暮らす仲間」=「新しい家族の形」となっていく村。

なーんてね。そんな夢をそこはかとなく描いていたりするわけなんですが、これからはほんと、「核家族」という規格に当てはまらない、色んな家族の形があっていいと思うんですよね。

ファミリー! (1)

ファミリー! (1)

渡辺多恵子さんの「ファミリー」。誠実なパパ、少女みたいなママ、ゲイの兄ちゃん、男勝りの妹、そしてここにパパの隠し子を名乗って乗り込んできた実は全く血のつながっていない男の子が加わって、どこの家にもないような家族愛を育んでいく長編作です。以前アニメ化もされたんですけどね。こんな新しい形のイエの魅力を紹介していく番組に合わせて、このアニメもリメイクして再登場させていってくれたらいいなあと思います。


[222]とにかく格安の家 yatmsu

どうやって建てたかとか、

ハウツーコーナーとかあるとくいいるように見ると思う。


[223]>222 これから家を建てる人には brb

参考になっていいですね。人生にそう何度もあることではないので、よく分からない人も多いと思います。


[224]>206 その企画、乗った!! TomCat

イエはてなをそのまま番組にしちゃえば、理想的なイエ番組が作れそうですね。

オープニング曲は、林田健司の「俺んち来るべ」。テレビ・イエはてなの特別バージョンとして、林田さんのイエスタジオで、ハザマさんのドラムも参加で収録したのを流しましょうー。

そしてナビゲーター・ハザマさんの司会でどんどんその回のテーマの視聴者投稿をご紹介。ミニコーナーにはhanatomiさんの植物暮らし講座が欠かせませんね。

私のイエ見て見て!! という人の所にもどんどん出かけて現場リポート。

そしてエンディング。この番組は、三井不動産レジデンシャルの提供でお送りいたしました。

♪ペペン、ペンペン、Oh Yeah!

あ、これは私の作詞作曲、カンカラ三味線で歌う「イエ音頭」です。オーイェイ(笑)


[225]>18 精密模型だけでも大変なことらしいですよ。 ie-ha-te-na

これは大掛かりなプロジェクトになりますね。そういった今はなくなってしまった歴史的建造物は歴史と建築の資料のために精密模型にする、ということしかされていないでしょうから。あの精密模型だけでも専門の職人がいて、大変な時間とお金がかかると聞いたことがあります。これはひとつ、NHKさん、お願いしますという感じですね!

〈ハザマ〉


[226]>20 インテリアや照明のビフォア・アフターも。 ie-ha-te-na

言われてみればあまり家全般というところではそういった番組ないですね。NHKで「住まい自分流」でしたっけ?DIYで壁とか押入れがこんなに変わる、みたいなことはやってますけれど、インテリアや植物などはそれぞれ専門の番組になってしまいますから。インテリアの専門番組っていうのもないですね。今あるお部屋がインテリアと照明でこんなに変わる!っていうビフォア・アフター番組も観てみたいな。リサイクルや収納なども、イエを全部包括した番組、実際出来てもよさそうなものですね。


[227]>213 私も大賛成!! TomCat

動物好きも植物好きも、そして自然好きまでを幅広くフォローして、「多様生物共生のイエ」を目指していく番組ですね。

Fuelさんの意見にもすごく賛成です。そう。生き物は、愛情と責任、しっかりとした知識と技術。この4つが揃って、はじめてしっかり育てられると思うんですよね。それを啓蒙していくいくことが欠けていたら、マスコミの社会責任としては失格だと思うんです。

もちろん固い話ばかりでなく、視聴者投稿でアイデアを集めていくイエはてな方式で楽しく番組を進めていけるといいですね。毎回見て、人も動物も植物も、みんな楽しく幸せな「多様性物共生家族」。色んな命を愛しみながら暮らすイエを作っていく番組。ぜひ実現したいものです。


[228]>23 家探しドキュメンタリー。 ie-ha-te-na

それ、一回、後学のためにも見たいです。家を買う人って、どれだけの段階を踏んで決めるんだろう…?情報収集からモデルルーム、モデルハウス巡り、決まったらローン選びとか、新しい家に必要な家具などを考えて揃えたり、実際に住んでどうだったか…と。後学って、家を買える日が来るのかどうかもわからないけれど(笑)。でも、本当に考えてる人にはとても参考になりそうです!

〈ハザマ〉


[229]>34 世界に生きているスローライフを見てみたい! ie-ha-te-na

「ゆるナビ」って聞いたことありますが観たことなくて…スローな暮らしと家が紹介されてたんですね。最近、都市生活者が田舎暮らしに転向、というドキュメンタリーはあるようですが、私はたとえば北欧など福祉が発達して落ち着いた暮らしが根付いている海外の国のスローライフを観てみたいです。昔から今までずっと生きているスローライフ。特集番組ではすでにあったかもですが、毎週各国のゆるりとした暮らし振りが観れるといいな。

〈ハザマ〉


[230]>174 マンションの自由さを創出 TomCat

私は以前、某マンションのペット飼養訴訟っていうのに関わっていたことがあります。シーズーをわが子のように可愛がっていたご夫婦が、マンション管理組合から訴えられてしまったんです。

そこで私たちは、動物と暮らすことは生活の質を高めたいという要求の自然な発露であって、社会にそれを理解してもらうことで裁判の流れを変えていこうという方法をとりました。

先進諸国では動物と暮らすことをどうとらえているのかといったことを調べたり、マンション暮らしの人たちから意見の聞き取り調査を行ったり、雑誌社や新聞社も取材の形で協力してくれたりして、大きな広がりが得られました。

結局裁判は負けましたが、動物と暮らすことは人としての自然な願いという主張は各方面に好意的に受け止められ、直後に東京都がペット飼養を前提としたマンション管理規則モデルを発表してくれたりもして、そこから急激にペット可マンションが増えていきました。

こんなふうに、社会が変わると、それに伴って、マンションにも「新しい自由」が、どんどん生まれてくると思うんですね。自由には表裏一体の責任が伴いますが、個人所有部分における「責任」のほとんどは、「他者の不快感に対する配慮」でしょ? だから、社会の一般的な認識が変わってくると、ちょっとした配慮さえ怠らなければかなりの自由が認められてくる、っていうのがあるわけなんです。

驚き!! マンションでここまでやっている人がいるよ!! なんていうことを魅力的に取り上げてくれる番組があったら、そういう社会の「常識」がすごく変わってくる可能性がありますよね。そうすれば、ひとつの魅力的な前例が、全国のマンションに広がっていく可能性もあるわけです。

個性豊かな暮らし方を創出するマンションライフ番組。ぜひ期待したいものだと思います。


[231]>37 日本の文人系はわりと残ってますよね。 ie-ha-te-na

私が実際に行って見たことがあるのは岡本太郎のアトリエ(今は他の部分は美術館)と、岡山の竹久夢二の家くらいでしょうか(古風な洋館風で素晴らしかった!)…。あと日本の作家系の家とか生家なんかはわりと残ってますよね。他にも全国にさまざまな偉人の家って公開はされていないけど沢山残っていそう。そのご子孫に当時の暮らしの様子を聞いたりしながらつぶさに見ていくって面白いですね。ヨーロッパでは画家や作家の家を物も当時のそのままに保存して公開しているところが多いんですって。そのユニークな人物像や生活観も浮かび上がるようなイエ番組も面白い!

?ハザマ?


[232]>45 ガラクタ・廃物で作った家ってあったと思う! ie-ha-te-na

あれー、どこの国だったかなー?今思い出せないんですが、缶とかビンとか鉄クズとか廃物で作った家ってあったはずです。雑誌で見たことあります。あと、本にもなってる『郵便夫シュヴァル』も廃材などで自分の手で家を作ったんですよね。妙チキリンなおうちを。そういうの集めて見てみたいですね。…でも割り箸で作った家って…もしあったらトンデモビックリです!

〈ハザマ〉


[233]>59 各国大使館が運営する各国パークが出来たらなぁ! ie-ha-te-na

このご投稿を見て思ったのですが、日本には世界各国の大使館があるのですから、それぞれが作って運営する世界のお国パークがあれば面白いですよね。小さな村みたいなのでいいから、その国の民家が建ってて、暮らしの道具や生活文化・習慣を伝える資料館があって…。これって番組とは違うけど、国際交流にもなって面白いのでは?

〈ハザマ〉


[234]>113 これは楽しそう(^-^) TomCat

私も参加したいですねー。みんなで汗を流して一つの家を作り上げる。それも日本の伝統、茅葺き屋根の家となったら、これはたまりません(^-^)

茅はねー。ススキが使えるんですが、やっぱり普通のススキじゃ、ちょっとうまくいきません。種類はそのへんに生えているススキでいいんですが、密集して育った物でないと、長さ、太さが均一にならないんですよね。

昔は「茅場」といって、屋根葺き専用にススキを育てていたそうです。広い敷地にびっしりとススキを生やして。そうすると、曲がりも少なく均質な屋根葺き材料としてのススキが収穫できます。麦も使えますが、ススキの方が長くていいと思います。

そして軒先部分は雨水が貯まりやすいので、ここは特に腐りにくい材質の物を使います。葦などが好適です。軒の一番上は特に「水切り茅」などと呼ばれて、とても慎重に葺かれました。

というわけで、まずはススキ育てからチャレンジですねー。どこに育てよう。土地の開墾から必要かなあ。農業国の伝統家屋の建築は、やっぱり畑仕事から。ほんとに色んな人間模様も生まれそうで、楽しみな番組です(^-^)


[235]>66 うわはは!これ愉快! ie-ha-te-na

この企画、二つの意味で面白いです!一つは、「家」にまつわるクイズ番組であること(いまだかつてないでしょう)、もう一つは、競い方が「家」のパーツを獲得していくという仕組み!みんな必死で家に関するあらゆる知識を勉強して挑む。賞品が家となると白熱必至です。あ…でも、上位者はみんな建築関係や家づくり関係の人になったりして…その関係の専門職の人は参加権なしにしましょうか。いずれにしても、家を賭けたバトル番組はぜひ作って欲しい!で、参加して家ゲットしたい!(笑)

〈ハザマ〉


[236]ちょっと笑っちゃう「プチしきたり」 miti0920

ちょっと笑っちゃう「プチしきたり」

他の家ではないような

その家特有のプチしきたりを紹介する番組。


家族皆で見れて笑顔がたえないような番組がいいです^^*


[237]>230 特別ではなくてもいいので flowerhill

マンションの様な、画一されたデザインの中でどのように生活をおくっているかは、気になるところですね。インテリアとか。こちらのお宅ではこの柱をこう利用してますが、こちらでは・・・、といった感じの紹介はみてみたいです。


[238]>237 実現できないけれどやってみたい夢なども tough

実例だけでなく、こんなことうちのマンションではできないけれど、許可されるならやってみたい、といった夢を募集してみるのも面白いと思います。

そして「もしこの夢が実現できそうなマンションをご存じの方がいたら連絡してください、住民の方はもちろん、管理組合や管理会社からのご連絡もお待ちしています」と番組で呼びかける。

そしてウチでできるよという申し出があったら、そこで本当に可能かどうかやってみて番組内でレポートする。夢を投稿した人も電話で番組に参加しながら、

「すごいですね、本当にできちゃうマンションがあったなんて驚きました」

「○○さんのマンションでも、やってできないことはないかもしれませんよ」

「本当ですね。この番組の録画をぜひ管理組合に見てもらいたいと思います」

「やってみてください。そして○○さんのところでも実現の可能性が見えてきたら、ぜひまた番組までお便りくださいね」

「はーい、がんばりまーす」

こんな積み重ねで、マンション生活がどんどん面白くなってきたらいいと思います。

もちろんその後の追跡レポートも行って、他の住民から反発は出ていないかなどのフォローにも力を入れて行くべきことは言うまでもありません。


[239]>235 参加してみたい! tough

「家を建てたいかー!!」「おー!!」ってな番組ですね。クイズと共に綱引きや作業バトルなどのアクション要素も取り入れて、見所もたっぷりなのがスバラシーです。

この番組は参加希望者が殺到しそうですから、やはりプロの建築関係者は申し訳ないですけど参加権なしでお願いしたいですね。あと、自己所有の一戸建てをまだ持っていない人限定ということで。

「優勝です、喜びの声をどうぞ」

「○○さん、俺の家に一緒に住んでくれぇぇぇぇっ」

色んな人生ドラマも誕生しそうです。


[240]>84 特別な要望を持った人の家探し・空間づくりが見たい! ie-ha-te-na

「今田ハウジング」っていう番組、知りませんでしたが、こういう番組実際にあるんですね。これも住まい探しドキュメントですね。一般の人で、それぞれのちょっと特別な要望を持った人の家探しと空間づくりが見てみたいです。家の外も中も緑でいっぱいにしたい人とか、とにかくAVライフにこだわる人とか、大きなアトリエを中心にしたい人とか…その人のライフスタイルやホビーライフも見せてくれると面白そうですねー。

〈ハザマ〉


[241]>207 ほんとは! mimisasa

議員宿舎って、もっと本当に生活に困っている国民に都内の他の住まいよりは安く提供してもいいんじゃないかな?

なんて思ってしまいます。


わざわざ、自分にも不利になるようなことを言い出す人はいないかもしれませんが、

国民に選ばれた議員なんだから、やっぱり国民の意見聞いて欲しいですよね。


[242]>106 「なすび」みたいに部分的にとかは? ie-ha-te-na

人の素の生活、特にオモテの顔が命の芸能人など見てみたい人多いでしょうねー。芸能人のお宅拝見とかは、ちゃんとつくろっておもてなし状態ですからコレは違うし、私が思い出したのは趣旨が全然違うけど、「電波少年」の「なすびの懸賞生活」(笑)「わーい、お米をゲットしましたので牛乳パックとコンロでご飯を炊いてみまーす」なんてカメラ回して…面白かった(笑)。芸能人でも自宅で「今ワンコに芸を仕込んでまーす」とか部分的にだったら可能でしょうね。ちょっと覗いてみたいかも^^。

〈ハザマ〉


[243]>95 名家の古式ゆかしき家と暮らし拝見。 ie-ha-te-na

これはなかなか実際に見る機会は得られないですから、是非テレビでいいから見せて欲しいです。由緒正しい名家の一族といえども、今は普通にリッチな暮らし、という感じになっていくでしょうから、早くしないと見れなくなってしまいそう。昔そのままのしきたりなども薄れていく一方でしょうから…。茶道や華道の家元の家などは残っていくでしょうけど、一般の名家を拝見したい。建築としても日本家屋の美学と性能をつぶさに教えてくれる番組、いいですね。これもNHKさん、お願いします、です。

〈ハザマ〉


[244]>221 同感です Oregano

誰のエッセイだったか忘れてしまいましたが、父親の後妻に育てられた経験が書かれている物がありました。ある時近所の人に、○○ちゃんのお家は、ままははだから大変ねぇ、とか言われて、ままははという言葉の意味がわからなかったので、どういう意味?と当の継母に聞いてしまったのだそうです。

この継母は微笑みながら、私はママと母の人の二役なのよ、ねぇ、大変でしょう?みたいなことを言ったそうで、聞いた方もそうかと納得して、その後もいい親子関係が続いていったそうですが、世の中には生みの親でなかったら子供は可哀想だという思い込みが多く、それが本当なら幸せになれるはずの家庭を邪魔しているケースが多々あるのではないかと思いました。

野生の動物なら、血のつながった親子でなければ本能的に育てないというのがあるかもしれません。でも人間は他の動物より抜きん出た知性を持つことで人間になったのですから、血のつながりに関係なく本物の親子になれるはずだと思います。

もちろん親子以外にも様々な家族の形があっていいと思います。そういう多様な家族像にエールを送るような番組があれば、私もぜひ見てみたいと思います。


[245]>239 いいですねぇ! Oregano

家のパーツを獲得しながら夢に近付いていくというのもリアリティがあってとても面白そうです。やはりゴールデンハンマーならぬ金の金槌などを獲得すれば、他の人が獲得した賞品を横取りすることも出来るのでしょうか。○○さんのコンセントが□□さんの所に移動します!なんて。

でも、おーっと、今度は○○さんが金のノコギリを獲得です。□□さんのコンセントがまた○○さんに戻りました、なんて息詰まる戦いが繰り広げられそうです。


[246]>236 妙な習慣というのも Oregano

読者投稿マンガで見たのですが、新婚の夫がいつも帰宅すると、ただいまのかわりに「テーディー」とか言うのだそうです。そして夫の実家に行ってみたら、なんとそこのお父さんまで、挨拶が「テーディー」。な、なんかの宗教?みたいな。

その家その家に、色々なしきたりや習慣があるでしょうね。そして意味不明なほど面白いです。視聴者の投稿に基づいてミニコント仕立てで見せてくれたら、すごく面白いと思います。


[247]>220 暮らしの活力は商店街から Oregano

個人の商店はお店の人が地域の一員ですから、接客もていねいだし、地域行事にも張り切ってくれたり、すごくいいですよね。ところがスーパーなどはただのサラリーマンが店長や管理職をやっていますから、ぜんぜん地域を愛してくれません。

特にうちの近所のスーパーは評判が悪く、パートのおばちゃんは別として、男の社員にお客も大切にしない人が多いらしく、買い物中にストーカーみたいにつけ回されたとか(万引きに間違えられた?)、値引きシールが貼ってあるのに値引きがなかったからとレジに行くと、たった何十円のことでみたいな嫌味を言われたりと、よくない噂が絶えません。

それでも近所にそこしか買い物できる場所がないので、仕方なくみんなそこに買いに行きます。昔は八百屋さんも魚屋さんも肉屋さんもあったそうですが、スーパーが出来たおかげでみんな店じまいしてしまったそうです。

商店街に限らず、地域に暮らすお隣さんが経営するお店のある町を日本中に取り戻す大キャンペーンをやってほしいと思います。テレビ局ならその力があると思いますので。


[248]>191 いろいろありそうですね Oregano

たとえば日本で最初に二世代型住宅というのを提唱したのは誰かとか(昔は多世代同居が当たり前で、核家族が標準になった後に、改めて誰かが二世代型住宅という形を提唱しはじめたはず)、日本で最初に高気密型住宅を提唱したのは誰かとか(昔の日本家屋はわざと機密性を持たせないのが特徴だったはず)、そういうほんのここ数十年の変遷の歴史も、私たちにはよくわかりません。

そういうテーマ一つ一つについて歴史を紐解いて、そこに関わってきた人たちの人物像を見ていくような番組があったら、とても面白く有益だと思います。


[249]>190 環境を守るためにも大切かも! Oregano

この場所は何十年前には雑木林だったんですよ、たくさんの鳥たちが住んでいました、子供たちも夏は蝉捕りにたくさん集まっていましたね、なんて聞いたら、地球温暖化を防ぐためにもその時と同じ数だけ木を植えないといけない!と気付いてくれる人が現れそうです。

今の宅地の多くは、貴重な自然や農地や緑地から植物を取り去って造成されたものだと思います。何十年前に何だったのかを知ることで、そこに住む人の環境に対する責任感が生まれてくると思います。


[250]>243 そうそう・・・ Spaceshuttle

「純和風建築」の格好良さや機能性の素晴らしさ等を紹介して、「西洋風」とは違った魅力を発見する・・・最高です。


[251]>170 建築探偵!! Oregano

あれは心理描写も細かく、ドラマにしたら見ごたえがありそうですね。ただ、たしかに配役が…。質の高い作画ができるなら、いっそのことアニメーションでやってくれてもいかもしれないと思います。でも熱心なファンが多そうですから、賛否両論渦巻くでしょうね。

「ヒトラーの建築家 アルベルト・シュペーア」は、ドイツのテレビ局が制作したもののようですね。これはぜひ見てみたいです。どこかで放送権を手に入れて、放送してくれないでしょうか。


[252]>114 いいですね Oregano

ターシャ・テューダーさんは、19世紀の暮らしを楽しんでいるといっても、けして文明を否定しているわけではないんですよね。必要な所には電気も普通に使っているそうです。

そういう、ゆるやかでしなやかな感覚が、現代社会にどっぷり浸かって生活している私たちにも、すんなりと入ってくるんだろうと思います。アーミッシュみたいな完全文明否定の生活では、別世界のできごととしか受け止められませんから。

あ、でもアーミッシュの暮らしも見てみたいですね。ああいう暮らしからも、やはり何かの気づきがあると思います。


[253]>247 わかりますね momokuri3

去年の暮れ、スーパーに買い物に行ったら、店長らしい男性が、引きつったような厳しい顔をしながら店内を見回っていました。一生懸命な気持ちはわかります。売り上げ目標は達成しなければならないし、人出が多いですから万引きなどにもでも警戒が必要です。どうしても店員にも客にも厳しい顔をしてしまうのでしょう。

でももし老舗のご主人だったら、同じ年末商戦の真っ直中でも、違った顔をしていたように思います。企業人と、あきんどの違いを感じます。

もちろん企業経営のお店にも、商道徳や接客に優れた人はいます。でもやはり、地域の一員として暮らしている人のお店にはかなわないでしょう。普段の買い物は気心の知れた隣人のお店からという暮らしが、もう一度見直されてもいいと思います。


[254]>225 実際に使われた材料で実寸大で作れば・・・ taknt

それが観光の名所にもなりそうですね。

社会科の授業の一環で観光にきたりして。

でも再現できるだけの資料はあるのかな?


[255]>223 格安且つモノがいい mimisasa

「この価格で、こんなものができました!しかし、作りは頑丈!」

が売りのイエがあったら、知りたいですね。

安かろう悪かろうではなく、つい食いついてしまうような魅力ある格安のイエの番組が見たいなっ。


[256]>92 収納術 mimisasa

OLさんも、家具とかインテリアにこだわっていそうですね。

あとは、おばちゃまの素晴らしい収納術なんかを見て、わたしの部屋にも取り入れたいなーと思います。

イエと生活の知恵袋になるような番組が見てみたいです。


[257]>255 案外ありそうですね Kumappus

今は選択肢として当たり前になっている2x4(ツーバイフォー)建築も日本に入ってきた当初は「ブロック細工か」「寸法も日本の在来建築と違う」「安物だ」と叩かれまくっていました。

(ちなみに2x4とは

http://www.55cinq.com/2x4/cofi/

にあるように壁と柱が一体になったパーツを組み立て単位にした建築手法)

何か実は日本ではマイナーだけどそういう革新的なものが世界的にはできているかも、と考えるとこういう番組はアリだと思います。

もちろん、工法そのものばかりでなくて、安くても素敵でかつ丈夫な内装材料や全体のデザイン、工夫などを紹介する、と。


[258]>75 よその国から見ると不思議 sayonarasankaku

アジアで食事を床において食べる国ってありますよね。

私たちとしては、出来ないなぁ?と思いますが、

日本の習慣でも海外から見ると同じようなことってあるんでしょうね…


[259]>249 ぜひ知りたいです momokuri3

わが家は以前、貸家が建っていた所らしく、古くなって土地ごと大家が手放したのが更地になって売り出されたものらしいのですが、さらにその前は何だったのか、とても興味があります。畑かなんかだったのでしょうか。

環境意識を高めるためにも、その土地が以前は何だったのかを調べて教えてくれたらいいですね。そしてできれば貴重な林などがこれ以上宅地にならないようなうまい方法も、一緒に考えていけたらと思います。


[260]>234 奥が深いですね momokuri3

ススキやアシの総称をカヤというのは知っていましたが、屋根を葺く材料となると、特別に育てた物が必要なのですね。「もはや屋根を葺くカヤそのものが入手困難」と書かれているのを見て、カヤなんてどこにでもあるだろうと思っていたのですが、それは大間違いだったと納得できました。

きっとこの番組の参加者達にも、ええっ、そのへんに生えている草じゃだめなんですか、と事の困難さを知って尻込みするようなシーンが必ずありそうです。

ほかにも今では入手が難しい素材が色々とあるでしょう。簡単だろうと思っていたことが、実際にやってみると意外に困難。そこがこの番組の見所になりそうです。そして、なぜ昔は当たり前の材料だった物が今は手に入らないのかを考えることで、見る人の環境意識も高めてくれそうです。


[261]>219 DIY好きにはたまらない番組ですね momokuri3

手作りといってもキットになってパーツが揃っているような物は、作ってもあまり面白くないんですよね。キットというと電子工作などの世界にも多いですが、やはり電子工作で本当に面白いのは、ジャンクをいかに生かして作るかに尽きます。

暮らしの中のDIYも、廃物利用が一番面白いし、やり甲斐がある分野だと思います。そして、そういう心を込めて新しい命を吹き込まれた物は、hanatomiさんのひな壇やtoughさんの空き缶チリトリのように、色々なストーリーを生んでいくとも思います。テレビらしくそういうところまで突っ込んで取材して放送してくれたら、興味の尽きない番組になると思います。


[262]>238 自由とマナー ichthyostega

ペット飼育に限らず、自由という部分を強調すると。どうしても問題となるのが、マナーですよね。

マナーを守らない一部の人のために、全体が同じ行動パターンをとる集団として見られてしまう。

タバコだって、マナーの悪さが現在の禁煙運動に火を付けたようなものではないでしょうか。

JTの宣伝ではないですが、一人一人がマナーを守っていけば、社会の認識も変わると思うんです。

ペットは現代社会の人間にとって大切な存在となっています。私も出来れば飼いたいです。

もっとペットとの共生を意識したマンションが増えて、住民もマナーをしっかりと守るのが当たり前の社会になればいいですね。


[263]>245 この番組は実現性がありそうです momokuri3

こういうのは、見ている人にも夢を与えてくれますね。そして参加者と一緒に問題を考えていくうちに家作りの知識も多くなって、いつの日か自分も家を建てたいと、希望が膨らんできます。

スポンサーとしてはそういう効果も見逃せないでしょうから、この企画は実現性あるのではないでしょうか。番組制作費に加えて家一軒分というのは大変な金額になりますが、そのくらいの広告宣伝費はかけられるというところがきっとあると思います。

もしこの番組が実現するとしたら、発案者のCandyPotさんにも、きっとスポンサーからお礼が行くに違いありません。基礎用の鉄筋三本とか(笑)。


[264]>260 本当に奥が深い Fuel

茅葺きの家というのは、日本の気候風土だけでなく、

当時の産業構造にも密着した作りの家だったんですね。

昔はススキも人の手によって屋根材料として育てられていたというのは驚きです。

伝統の家を一から作り上げるプロジェクトは、

色んな面で忘れかけていた日本の文化を掘り起こしてくれそうです。

参加できるのは、時間に余裕のある学生が中心だろうなぁ。

土日お盆コースも設けて、ぜひ社会人も仲間に入れてください。


[265]>262 そこがマスコミに注目してほしいところでしょう Fuel

ちょっと調べてみたのですが、初期の公団住宅では、犬が自由に飼えたそうです。

ところが昔は犬は放し飼いか、

良くて鎖でつないで屋外でというのが普通でしたから、

各地の住宅で様々な問題が持ち上がって、

その後公団以外でも禁止が一般化したということです。

今はそんな飼い方をする人はほとんどいませんが、

それでも犬の飼い主は無責任だという思い込みが社会に定着していたことが、

アパートやマンションでは動物禁止が当たり前という考え方を

続けさせてきた原因だろうと思います。

そういう、古い時代の思い込みと、

今の進歩した現実とのギャップに目を向けていくことで、

マンション暮らしの自由をさらに広げていくことができるのではないかと思います。

もちろんいまだに古い常識で犬を飼っている人も、そういう番組を見れば、

いかに時代遅れの飼いかたが恥ずかしいかを知ることになると思います。


[266]>138 色んな動物を飼っている家、動物ごとに見てみたい。 ie-ha-te-na

おぉ、toku4sr4agentさんとしてはこの小鳥パラダイスハウスは外せないですね!私は、こんな感じで、他にも色んな動物を飼っている家を連続番組にして見せて欲しいなと思いました。たとえば、猫を20匹くらい飼っている家とか、モルモット系の小動物ばかりとか、フェレットのようにあまり生態が知られていない動物とか、爬虫類系とか…色々ありそうですよね。それぞれの動物の魅力とか日々の暮らし、飼い主のこだわり、動物のための空間づくりなどトータルで見たいなー。

〈ハザマ〉


[267]>259 うちは何だったんだろう Fuel

既に宅地化された場所を買い求めて建てた家ですから、全く見当がつきません。

それをCGで見せてくれたら、本当に興味が尽きないですね。

そういえば私の通っていた小学校は、その昔墓地だったという噂がありました。

そういうのもぜひ検証してみてほしいと思います。


[268]>180 これは壮大!! Fuel

ディレクターもカメラマンも、視聴者まで代替わりしても続いていく番組!

もしかしてアナログ地上波から地上デジタルに変わって、

さらに放送形式が変わっても続いていくかもですね。

世界の放送史上に残る番組です。

はたしてどこの家が取材対象に選ばれるのか!

興味津々です!


[269]>150 私設ボトル博物館建てたビン博士もいます。 ie-ha-te-na

すごーい!コレクション品のために別荘があるなんて!男性では結構いるんじゃないでしょうか?そういう人。私の知り合いに、世間でもまぁまぁ有名なビン博士がいて、ご自宅の敷地内に二階建て特別仕様のボトルシアターを建てていらっしゃいます。世界じゅうのビン、特に日本の昔の目薬ビンからみかん水のビン、怪しい神薬のビンなどから、あらゆる実験ビンまで、各ジャンルで歴史研究までされているほどですから、おうちにもボトルシアター(博物館的)にもぎっしりみっちり珍しいビンが並んでいてそれは面白いです。そんな感じのこだわりのホビーハウス、色々見てみたいですねー。

〈ハザマ〉


[270]>161 各テーマで最上級の家を作る! ie-ha-te-na

なるほど、たとえば日本の建築の伝統様式の粋を集めた木造住宅、とか、最新のITハウスとか、究極のリラクゼーションハウスとか…各テーマごとに最上級の家を専門家が作っていく、という感じですね。実際に建てるのが無理なら、本当に実現できるプランを練りに練ってCGで作って解説してくれるだけでもいいな。思いも及ばない仕様や設備が出てきそうで面白そうです!

〈ハザマ〉


[271]>164 欧米ではメイドさん付き豪邸がいっぱい!? ie-ha-te-na

そういうお屋敷って、アメリカやヨーロッパに多そうですよね。メイドさんも一般的だし。私は映画でしか見たことないかな…いや、ずっと前に男性も女性もお仕えする人が何人もいるお屋敷での、家と暮らしのためのお仕事を追った番組見たような気も…。毎日のシルバー磨きとか、リネン室の管理とか、お食事の準備とか。教育が徹底しててシステマティックなんだーと驚いた気がします。あとはデヴィ婦人の自宅に専属のコックさんがいて、その食事風景は比較的最近見たかな。日本でもあるんでしょうね、そんな豪邸…。でも、見てしまうと自分の現実とのギャップにフラフラになりそう(笑)

〈ハザマ〉


[272]立場ごとの理想の家 sayonarasankaku

主婦、旦那さん、独身女性、独身男性、思春期の子、子供

などのアンケートによって、

立場ごとの理想の家を作って比べてみる。

結構それぞれ、違う家が出来ると思います。


[273]>182 この番組はない方が不思議なくらい? ie-ha-te-na

別のツリーでも書いたんですが、色んなペットと暮らす人のそれぞれの家を拝見する番組。これって、ないのが不思議なくらいですよね。家の作りや素材や仕上げで工夫されている点、そしてその動物の特性や日々の暮らしなんかも一緒に。あ…「きょうのわんこ」は、一瞬のコーナーだけどナゼか見てしまいます(笑)。

〈ハザマ〉


[274]>264 このツリーだけでも勉強になります YuzuPON

このツリーだけでも今まで知らなかったことがわかってびっくりですから、実際に建ててしまう番組が登場したら、どれほど驚きの連続になることでしょう。人間ドラマとしても面白そうだし。

建設候補地は、お台場と六本木と、あと東京なら芝と汐留と渋谷でしょうか。赤坂は六本木と近いので取り合いですか(笑)。夕日のきれいな所がいいですね。きっと完成のあかつきには、みんな夕焼けを見つめて涙を流すでしょうから。

私も参加してみたくなりました。


[275]>163 東京の「パーフェクトルーム」は雑誌で見ました! ie-ha-te-na

家は基本的に箱ですから、住む人によって全く違う空間になるはずで、それを並べて見るのは楽しそうですね。私は雑誌で、東京の「パーフェクトルーム」(70年代に当時は斬新だった単身者向けの棚やベッド造り付けのシンプル空間のマンション)のいくつかの部屋を見ました。今はモノづくりする人たちに人気で、それぞれに少しずつカスタマイズして住んでいたり、ワークスタジオにしたり、なかにはショップにしている人もいました。面白かったですねー。そういう建物の中のそれぞれの空間、見るのは楽しいなぁ。

〈ハザマ〉


[276]住み始めるまでの日々のこと sayonarasankaku

家でも考えようか、と思いついたときから

住み始めるまでのドキュメンタリー。

資金繰りの苦労。

子供の学校のこと。

不動産屋めぐり・・・

我が家もそうだったんですが、途中で必ず揉めるんですよ・・・

決まってからも、諦めるところがあったり、

また喧嘩したり、譲り合ったり。

そんなドキュメンタリー、面白いと思います。


[277]>267 興味深いです YuzuPON

○○市○○地区はその昔ホタルが飛び交う所でした。家は一軒もなく、そのかわり清流の流れる小川があり、その先には田んぼが広がっていました、当時は何人が一年食べられるだけのお米が採れたと言われています…なんていう歴史をビジュアルで見せてくれる番組ですね。

時代の変化を豊かさの象徴と見るか、豊かな実りの土地が雑草も生えないような宅地になったことを荒廃と見るか。ただ見て面白いだけでなく、色々なことを考えさせてくれる番組になりそうです。

その土地の昔の姿を知るお年寄りへの取材なども織り交ぜてくれると、一層興味深い番組になりそうですね。


[278]>176 家を見ると格差がわかる YuzuPON

一億総中流と言いながら、住まいを見るとその差は歴然です。同じ通勤電車に揺られている人たち。皆揃って中流のように見えながら、借家ありアパートあり、庭付き一戸建てあり。その差は大きいです。

まして視点をブルーシート小屋や段ボールハウスにまで広げていったら…。今調べてみたのですが、2003年の厚生労働省調査によれば全国のホームレス人口は、2万5千296人だそうです。おかしいですよね。この前年の2002年には、ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法というのが施行されて、国による本格的な支援体勢が開始されているはずなのに。2万5千人といったら、ちょっとした地方の町の総人口並みです。これだけの人がホームレスとして放置されているなんて…。きっとhanatomiさんの書き込みにあるように、実態にそぐわない国の支援体制都やらが、何の効果も上げていないのでしょう。

日本全国のブルーシートの家や段ボールの家もしっかり見て、この国の本当の姿を知った上で、改めて格差の問題を考えていきたいですね。


[279]>276 必ず揉める! YuzuPON

わかる気がします。うちの両親が家を建てる時も、まだ夢の段階からお互いの希望がすれ違っていたり、色々なドラマがあったようです。うちの両親は息子から見ても仲が良すぎて恥ずかしいくらいに思えるのですが、だからこそ終の棲家となるべき家の選択には、大変なこだわりがそれぞれにあったようです。資金繰りも、学校を含めた生活圏の問題も、そりゃもう山積みだったろうと思います。

こういう番組をやってくれると、まだ自分で家を建てたことのない若い世代も両親の苦労がわかりますし、マイホームを実現した人たちも、あるある!とか、あの時自分たちも!とか、当時を思い出して懐かしいでしょうし。面白い番組になると思います。


[280]>272 それぞれ異なる立場への思いやりが生まれるかも(^-^) TomCat

人によってイエの指向は本当に様々ですよね。

自信を持って人を招ける家が欲しい人もいれば、家は出来る限り外に向けては閉ざされたプライベート空間であって欲しいという人もいます。

また、家族の交流の場となるダイニングやリビングを充実させたいと思う人もいれば、個室や書斎などの方に力を入れて、できれば軽食ぐらいは各自の個室で済ませられるくらいの設備が欲しいと思う人もいます。

和室が絶対欲しいか、そんなのダサいから要らないと考えるかでも、大きく意見が分かれるでしょうね。廊下を無駄な面積と考えて部屋から部屋に移動するスタイルを選ぶか、各部屋の独立性を高めて廊下で部屋をつなぎたいか、みたいなところも意見が分かれそうです。

窓一つだって、お日様や風を一杯入れられる大きな掃き出し窓が欲しいと思う人もいれば、窓はお洒落な縦長の出窓か何かにして壁面を広く取りたいと思う人もいるでしょうしね。

ほかにも考えていくと、人によって色んな考え方の違いが出てきそうです。もしそういう家の指向に、それぞれの立場ごとの特徴が見られるとしたら。

こりゃ、俺は家というものをこれこれこういう風に考えていたが、妻の求めるものは違うのかもしれないなあとか、息子は何も言わないけれど、きっと完全に満足はしていないんだろうなあみたいな、色んな思いやりが、新築計画をしている家に限らず、既存の建物を手に入れている家でも、生まれてきそうですよね。

得られた結果は住宅関連会社などの貴重なデータにもなりそうですし、これは特番を組んでみたいと思う会社が出てくるのではないでしょうか。


[281]>183 これも重要なイエ番組ですね TomCat

昔は廊下や柱を糠袋で磨くとか、畳にお茶殻を撒いてホウキで掃くとか、身近な物を生活の色々な所の掃除に活かしていましたよね。

今の時代も、重曹がいいとか、クエン酸がいいとか、色んな環境負荷の少ないアイデアが盛んに紹介されていますが、さらに一歩進めて、昔の糠袋やお茶殻に相当するような物で掃除していく知恵を発掘していけたら、これは本当に面白いと思います。

どんなものが、どんな風に使えるのか。目からウロコの新アイデアが続出する番組があったら、かなり注目を集めると思います。

しかし構成作家さんが、何かいいアイデアありませんかと、はてなで質問しそうな番組ですね。その日に備えて、今から色々調べておきましょう(笑)


[282]>185 ヨーロッパには多いですね TomCat

ヨーロッパの人たちは、古い建造物をとても大切に考えていますよね。ですから、名の残る人に関わる建造物に限らず、古くて歴史を感じさせる建物は、住まいとしても、とても人気があるのだそうです。国によっては、そういう歴史を経た建物の部屋の方が、新築の建物の部屋より家賃が高いということも、珍しくないような話を聞きました。

ヨーロッパ以外ではどうなんでしょうね。アラブなどには今は存在しない首長国がかなりありましたから、もしかすると旧何々王室の宮殿なんていうのに住んでいる人がいるかもしれません。アラビアンナイトの世界ですねー。私もそんな家に住んでみたいです(^-^)


[283]>277 かっこういうと環境アセスメントをCGで謎解き NAPORIN

ていうといいと思いますよ?

なんかコメンターによっては

心霊番組じゃないかみたいにいわれそうですけど

あくまで科学的に!


[284]>271 知りたい!!どこまで采配できるかスーパー主婦! NAPORIN

意外と、人のあつまるお家の人は必要に応じて

誰にも好まれる宴会料理の持ちネタを

1つや2つはもっているわけです。

イギリスの貴族なんかでも、庭師に料理人にと

いろいろ人をかかえてるのはアガサクリスティなどで読めますが

今ってどうなってんの?というのが知りたいですね。

単に「普通の人と同じマンション暮らしだけど貯金通帳にはお金がうなってる」人はたくさんいると思いますが、

そういうのではなくて。

家を思いっきり広くして全部屋トイレつき個室にし、

ストレッチャーベッドも3台並んで通れる

準病院仕様にしたとか、

救急用ヘリポートが庭にあるとか、

目的があってやってるお家が知りたいです。

意外と建築費よりも掃除やメンテなどの維持に

手間と費用がかかってしまい、

それはそれはものすごく不便だと思うけれど、

そこを敢えて維持しているお家の

ノウハウというか(全部は無理ですが)偉さ、

あと大量製造部品のカスタマイズ方法とか、

対応わるい部品メーカーをどう動かすかなどが知りたいな。

いい意味で常軌を逸しているおうち、

我慢しないおうちが見たい。


[285]未来の家はどうなる? rikuzai

SFに出てくるような未来の家が、今はどれくらい現実になっているのかを探る、

住宅・建築に関する先端技術を紹介したスペシャル番組を見てみたいです。

エコシステムや画期的な建材(光触媒とか?)、

先進的な間取り、バリアフリー化、

果てはお手伝いロボットの現在なんかを実際にSFで描かれている場面と比較しながら検証していってみたいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ