人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社で請け負っていたホームページの管理の仕事を、個人で引き継ぐことになりました。
実務や経理のことがよくわからないのですが、相手のことを考えた場合、
毎月の更新代の請求について、請求書の請求元や振込み口座はどうしたらいいのでしょうか。

特に個人事業主として請け負うわけでもありません。

請求書に書く請求元の名前は自分の姓名、押印は個人のハンコでかまいませんか?
振込み口座は私の個人口座でも構いませんか?
あくまで相手の都合を配慮してのやりかたをお聞きします。

●質問者: kurokumi
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:ホームページ 人口 会社 個人事業主 名前
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●40ポイント

顧客に経理部門、総務部門に確認するよう依頼して下さい。

相手先に依って個人との取引を嫌がる企業と、そうでもない企業とに分かれます。

どちらにしろ契約の時点で判断されるべきです。出来ないというのなら契約書は現在のままで、会社に代理回収を行って貰うというやり方があります。個人と契約できるなら、ご自宅の住所、氏名、個人印、個人口座で問題はありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

クライアントは「○○製作所」などがいいのでは、と言ってきました。○○には私の個人名が入ります。

つまり「○○製作所」は架空の名前になることになりますが、法的には問題ないでしょうか。


2 ● ogrenavi
●50ポイント ベストアンサー

>クライアントは「○○製作所」などがいいのでは

この場合「○○製作所」は屋号になりますね。

屋号で銀行口座を作る場合は、

銀行によっては屋号で作れるところもあるようですが、

基本は「屋号+個人名」になります。

これは「○○旅行会 個人名」と同じことなので問題ありません。

ということで、

請求書の文面では 請求先 ○○製作所 として、

指定振込み口座を 「○○製作所 個人名」

と指定して請求すればよろしいのではないでしょうか?

(押印も個人のものでOKです)

もし、「○○製作所」自体に法的な根拠が必要であれば、

個人事業の開業届けを出して「屋号」を登録することになります。

もちろん、Baku7770 さんもおっしゃっているように

個人と契約できる会社様相手であれば

ご自宅の住所、氏名、個人印、個人口座で問題はありません。

また、「屋号」を名乗って、振込み口座は個人口座でも大丈夫です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ