人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

負債を抱えた企業が倒産した場合はその会社の社長がその負債を
自己の資金から1部、あるいは全部を返済するというような事が必要なのでしょうか?
よろしくお願いします。

●質問者: huruta
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:企業 会社 倒産 社長 自己
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● Yoshiya
●27ポイント

会社が株式会社又は有限会社の場合は、株主(取締役)の責任は有限責任です。 つまりは、出資した金額以上の負担はしなくてもすみます。

ただしこれは原則論で、一般の中小企業はオーナー企業である事から、銀行から融資を受ける際は、代表取締役(経営者)本人の債務保証(連帯保証)をつける場合があります。

会社が倒産した場合は、銀行は債務保証した経営者に返済を求めます。 つまりは、法人の負債がそのまま個人の負債になる訳です。

つまりはよほどの大企業でなければ、法人が倒産した場合は、経営者が債務を引き継ぐ事になります。

ただし、一般の負債(買掛金等)は、債権をもつ会社と債務保証契約を結んでいなければ、破産法や会社法の規定に従う事になります。

◎質問者からの返答

なるほど、勉強になります。ありがとうございました。


2 ● 潮澤 昴
●27ポイント

無限責任法人を除き出資者でなければ社長には返済義務はありません。

◎質問者からの返答

株券が紙切れになるのですね。わかりました。ありがとうございます。


3 ● Baku7770
●26ポイント

経営の法律解説 債権の保全と回収の法務 横浜 弁護士石下雅樹法律事務所

社長を含めて経営陣が会社の倒産で個人資産を提供する義務は一般にはありません。

ただし、例外はあります。

?会社の借金に役員が個人保証をしていた場合。

?会社の倒産に故意あるいは重大な過失があった場合

http://www.falawfirm.com/examples/daihyo.html

◎質問者からの返答

なるほど、勉強になります。ありがとうございました。


4 ● mnby
●10ポイント

原則的に言えば、社長はその負債の返済に責任はありません。

ただし、それはあくまで原則論なので、以下のようなケースが多々あります。

・社長がその負債の保証人になっている場合は、もちろん返済する必要があります。

日本で中小企業向けの銀行融資は、代表者が保証人となっているケースが非常に多いので、それはよくみられることです。

・また、社長の放漫経営などでの倒産であった場合、株主から損害賠償を求められる可能性があります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ