人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社の余剰金は上場企業などはどのようにしているのでしょうか
当社は取引先の地方銀行にそのほとんどを普通預金で預けておりますが、
もし、破綻した場合は1000万円とその利息のみが保障の対象と聞いております。
そのため決済用預金に切り替えようかなと考えております。
この預金はもし、銀行が破綻した際も全額保障される事になっているので
利子はつきませんが安心だと考えています。
銀行の営業マンの言葉はいまいち信用できませんので
こちらで質問いたします。
なお資産運用は考えておりません。
なにかご存知の方よろしくお願いします。

●質問者: huruta
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:ほと 上場企業 会社 地方銀行 普通預金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●60ポイント

企業それぞれだとは思います。以下の情報は参考になりますでしょうか。


日経が行った上場企業のアンケート結果です。まず「国債」が42%、ついで「社債」37%に人気が集まり、預金に代わる資金の預け先として債券が主な対象となっています。ただ預金と異なり元本割れリスクのある「投資信託」32%や「株式」11%を挙げる企業も相当数みられました。

http://www.assist-plan.co.jp/business_letter/2005_2/green.php

企業のペイオフ対策アンケート

2001年末の中部主要企業アンケートによるとペイオフ対策として「金融機関を選別」が9割にも及んでいる。

http://tax.tinyforest.jp/payoff040100.html


2 ● yuki-s-2002
●10ポイント

預金保険機構

http://www.dic.go.jp/index.html

決済用預金なら全額保護です

ただ払戻にかかる期間については見つかりませんでした

1000万の保護については詳細まで載ってるんですが……

運用を考えてないならやはり無利息にするのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ