人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

美内すずえ先生の名作『ガラスの仮面』は
現在途中までで止まっている
(という表現は適切でないかもしれませんが)
ことは有名ですが

現状どうなっているか、
今後どうなっていくのか、
など、
もしおわかりになる方
(というのは関係者の方だけで、
ここに書いていただけるとは思えませんが)

あるいは、
ガラスの仮面の現状についてのご意見をお持ちの方、
何か書き込んでいただける方は
どうぞよろしくお願い申し上げます。

●質問者: ao2
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:いるか ガラスの仮面 先生 意見 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hiphopbop
●100ポイント

個人的にはガラスの仮面が終了してしまうことで美内さんの代表作(最高傑作)が終わってしまうので、終了を先延ばしにしているのではないか…などとかんぐってしまうところもあるのですが、作者自身の頭の中にはラストまでの構想もあるし、きちんと終わらせる意思もあるようです。そのことはたしかダ・ヴィンチかなにかで作者本人が語っていたと思います。連載はまったく止まっているわけではなく、突如思い立ったように続きが掲載されたりすることもあるのでこのさきもこのペースでゆるやかに進むか、もしかしたら一気に書き上げられるようなこともありえないとも言えません。どちらかというと後者は希望ですけども。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


>作者自身の頭の中にはラストまでの

>構想もあるし、きちんと終わらせる

>意思もあるようです。


私も、

美内先生がこうお考えになられていることを願っています、本当に。


2 ● 天狼
●60ポイント

http://homepage2.nifty.com/suzu/

作者公式サイトです。

ファンサイトも多数あり、まだまだ期待は出来るはずと思ってます。

私も20年来のファンなので、心配半分で見守ってます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


美内先生がはっきりと「もうやめる」と

おっしゃらない限り、

私たちは期待し続けます。

やめてほしくないというのが

見守っているみなさまの気持ちであることは

まちがいありませんが。


でも、

いつまでに続きが発表されなければならないと

期限を切ることでは絶対にないですし、

周囲の状況等に影響されずに

美内先生ご自身が

いちばん望まれるようになるのが

最もよいことではないかと思います。

美内先生のご判断ならば、

ファンのみなさまも必ずご納得くださることと思います。


3 ● TNIOP
●100ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%86%85%E3%81%99%E3%81%9...

現在、「O-EN NETWORK」という精神世界をまじめに探求、勉強している人たちのための団体を主宰しており、漫画家としての活動は長期にわたって停止状態。漫画を描く気がないわけではなく、物語を構成するエピソードに非常に時間がかかり、単行本一冊のプロットだけでノート約10冊以上を必要とする。さらに雑誌連載と単行本では書き下ろしがあるなど、これが遅筆の理由である。

原因がはっきりしてるのであとはゆっくり待つしかありませんね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


>原因がはっきりしてるので

>あとはゆっくり待つしかありませんね。


そうですね、おっしゃるとおりです。

せかすたぐいのものでは決してないですし、

美内先生ご自身のご判断に

すべてゆだねられていることですから、

待つほうはいつまででも待ちます。

待たれても困ると言われても、

待ちたいものは待ちたい!


””うん、まってる。””


4 ● a115a
●150ポイント

確か、宗教まではいかないけど、それっぽい活動を始めてから、

連載がストップしてしまった・・・と言う記事(と言うか噂)を

聞いた事があります。

一応、構成やラストなどは作者の中ではきちんと出来上がっていて、まだそれを書くべきではないとかなんとか・・・

本誌(花とゆめ)掲載時と単行本では、加筆・修正というより内容が、まったく違う内容になっているそうです。

10年以上前に、本誌(花とゆめ)で、紅天女試演直前位までのを、再掲載というか掲載したのが自分が読んだ最後でしたね。

(父母も好きだったので、連載期間中は購入の口実にしてました)

まぁ、もう10年以上待ってるんで、このままのんびりまつしかないかな?って思ってます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


>一応、構成やラストなどは作者の中では

>きちんと出来上がっていて、まだそれを

>書くべきではないとかなんとか・・・


まだそれを書くべきでない

なるほど、

そういう考え方もあるんですね、

あるかもしれませんね、

新しい視点をいただきました、

ありがとうございます。


10年以上待っていることになるんですか、

これは長いことは長いですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ