人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

movabletype3.34で拡張子をデフォルトのhtmlからphpに変えたのですが、デフォルトテンプレートでindexページ、カテゴリページの右下にある
「他にも多くのエントリーがあります。メインページやアーカイブページも見てください。」からのアーカイブページリンクが、「archives.html」のままになってしまっています。
こちらを「archives.php」に変えたいのですが、どこを設定したらよいのでしょうか。

テンプレート>アーカイブページの出力ファイル名はindex.phpにしており、公開の設定>アーカイブの拡張子 のところもphpにして再構築してあります。
公開の設定>サイトURL,パス>アーカイブの設定 のところはチェックボックスOFFになっています。

●質問者: kbkb
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:HTML INDEX PHP URL アーカイブ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tokyosmash
●40ポイント

デフォルトテンプレートを使ったことがなかったので実際に3.34環境で見てみました。

ずばり「エントリーページ」テンプレート内をいじる必要があります。230行目(下の方)です。

<p>他にも多くのエントリーがあります。<a href="<$MTBlogURL$>">メインページ</a>や<a href="<$MTBlogURL$>archives.html">アーカイブページ</a>も見てください。</p>

ここですね。archives.htmlをarchives.phpに変えてください。

これで出来ます。

私はデフォルトテンプレートは使ったことがなく、小粋空間のテンプレートを元にカスタマイズしました。小粋空間はMovableType情報なら随一のサイトなのでもしよかったらチェックしてください。サイト自体もMovableTypeで作っています。ダイナミックパブリッシングでフルPHP化しています。勉強になります。

http://www.koikikukan.com/

若干遅いですが。。


◎質問者からの返答

ありがとうございます。やはり手動になりますか、、indexだけでなく、テンプレート>アーカイブ・テンプレート で、日付、カテゴリ、エントリのアーカイブも直修正する必要がありますね。

テンプレートそのものを他のものに変えたほうが良い気がしました。。

小粋空間さんは参考になりますね。


2 ● tokyosmash
●0ポイント

コメントで書きたかったのですが書けない設定にされているようなので回答欄で。

テンプレートごとに手動で変えるのは面倒ですよね。

そういう場合は

<$MTInclude module="○○○"$>

を使えば便利です。

例えばサイドバーってどのページも同じですよね。

その場合はまとめて一つのテンプレートにしちゃいます。

「side」という名前で新規テンプレートを作成。

ファイル名は「side.html」とかで。

中身は以下のようにします。まあ実際はもっと長いでしょうけど。

<a href="<$MTBlogURL$>archives.php">アーカイブへのリンクです</a>
<p>このブログは●●●が書いています。主に○○○に関する話題です。ここはサイドバーを意識しています。メニューやサイト概要などを記述します。</p>

そして保存します。

その後、インデックスページテンプレートのサイドバーに以下のように記述します。

<$MTInclude module="side"$>

再構築した後にindex.phpにアクセスすると先ほどsideという名前で作成したテンプレート内のデータが表示されていると思います。

同様にアーカイブページ・エントリーページなどにも<$MTInclude module="side"$>を記述しておけば、sideテンプレートを変更すれば自動的に全てのテンプレートが変わります。

この辺はASP型のブログに対してMTが優れている点だと思います。

最初の設定が面倒ですが、後々のメンテナンスで圧倒的な差が出ますのでぜひお試しを。

◎質問者からの返答

テンプレートとして作ってしまうのは確かに、修正する際にテンプレートだけ変えればよいのでラクですね!

参考にさせていただきます。ありがとうございました


3 ● zelazny
●40ポイント

MTタグには、出力ファイル名の変更に対応できるような、MTLinkというタグがあります。

<$MTLink templete="アーカイブページ"$>で、「アーカイブページ」という名のインデックステンプレートへの、リンク用URLが出力されます。

MTデフォルトで、この指定になっていれば問題が無かったのですが、以後の為にこのような表記に直しておくと、後で楽です。

またサーバーの設定変更が可能(.htaccessが使用可能)ならば、archives.htmlへのアクセスをarchives.phpへのアクセスに転送することも可能です。

◎質問者からの返答

これは一度やっておくと楽ですね。

moduleを読み込むか、MTLing templateを使うかで、後でURLや中身が変わっても大丈夫なように設定していきます。

<$MTLink entry_id="**"$>

も便利ですね。

ありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ