人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

上司を説得するための材料を探しています!

消費者向けの掲示板機能を持つポータルサイトの運営をしているのですがその成功ってとても難しいものなのだと思いますが、それを根拠付けるだけのデータがほしいんです。

「たとえば、1万PV/月、300ユーザーを獲得するには、一般的に***ヶ月はかかるんですよ」

とか

「掲示板はもはやミクシーで事足りてしまうユーザーが多いから、あらためて立てても、ユーザーの利便性から考えるとミクシーでいいじゃん、となってしまうんですよ」

とかそういうことをいいたいんですが、
なかなかわかってくれません。。。


そういったものを証明できるケース、数値、コミュニティサイトの普及にかかる時間などなどがのったサイトなどあれば教えてください。

お願いします!!!

追伸:
今日の夕方にプレゼン何です・・・。(泣)

●質問者: ippin
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:PV あらた コミュニティ サイト データ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kamayatsu
●27ポイント

そのものずばりではないので恐縮なのですが…


http://www.alexa.com/

Alexaで類似のサービスで成功を収めているサイトのアクセス数の推移を調べてみてはどうでしょうか。

このようなサイトでも、この頃のPV数はこの程度しかありませんでした、と。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


2 ● heroheropon
●27ポイント

お急ぎなようですので(笑)とりあえず思いついたことを。


消費者向け(いわゆるB2C)のビジネスで、意外に忘れがちなのに実は最もコストがかかるのが、「周知コスト」ですね。

ある便利なサイトを作成しても、そのサイトを知ってもらえないことには意味がありません。しかし、この「知ってもらうためのコスト」がバカにならないのです。

「知ってもらう」ための手っ取り早い方法は、広告を出すことですが、広告のコストは例えば次の質問にあるように、1PV(表示されただけ)で5円程度がかかります。

http://q.hatena.ne.jp/1135576157

(各社の広告料金が参考になるでしょう)


実際には、表示された広告を見て、ユーザーが実際にクリックし、さらにあなたのサイトに訪れて利用してもらう(会員になるなど)には、更にコストがかかり、1会員の獲得コストは一般的なネットサービスの場合、500円?5000円くらいかかります。

10万人の会員を集めるためには、10万人×5000円としたら5億円ものコストがかかるのですね。サイトを作ったり運営したりするのよりも、集客にコストがかかることもあります。

なのでよほど魅力的なサービスか、目新しいサービスでないとなかなか難しいでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


3 ● Baku7770
●26ポイント

http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/cyber/report/shopping2006...

昔は富士通の営業が無料でくれたのですが。

実際、実店舗でどれだけの売り上げがあるのかは知れませんが、ネット上って他にもライバルが多いから大変ですね。

ポータルやられた程度では集客は難しいので楽天などに出店するのですが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ