人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

投資信託についての質問です。
投資法人には、投信法208条で「資産保管会社にその資産の保管に係る業務を委託しなければならない。」という義務が課されていますが、たとえば資産保管会社が信託銀行であった場合、ここでいう「委託」とは、信託ではなくて、単なる保管委託(つまり所有権が移転しない寄託契約)ということになりますでしょうか?別の言い方をすれば、投資法人が株式等を保有している場合には、実質株主名簿上の株主は信託銀行ではなく投資法人そのものがなるという理解でよろしいでしょうか?

●質問者: draftand
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:会社 信託銀行 契約 寄託 所有権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● markII
●60ポイント

http://www2.kobe-u.ac.jp/~yamada/98dc3/98dc308.html

はい。信託ではなく保管委託となります。

株式名簿には投資法人の名が掲載されます。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ