人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

100年以内(2107年)に人類の生存圏を太陽系の他の惑星or地球外まで広げるには何をしたらいいですかね?

●質問者: kunitz
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:人類 地球 太陽系 惑星
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● noguj
●19ポイント

宇宙移民への反論

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E7%A7%BB%E6%B0%9...

まず、この人たちをどうにかすること。


2 ● markII
●19ポイント

惑星規模の空気生産機

または内部が一つの町として機能するような巨大宇宙船

を作ることでしょうか。

http://q.hatena.ne.jp/


3 ● coinlocker
●18ポイント

先ず生存圏の意味を、建設などの物資調達を除き地球に依存せずに生存できる定住可能な圏域と解釈させて頂きます。

つまり現在の国際宇宙ステーションは食料、水、空気などを地球に依存しているために、地球外ではあるけれども生存圏とはしないものとします。

また、現在の国際宇宙ステーションはそれ程長い寿命を設定した物ではないためにこれを発展させた生存圏は除外させて頂きました。

基地を作るだけで構わないのであれば、最も早く実現可能な計画を考えると月面自給基地だと思うのですが、作るだけといえども気密の問題や空気や水の循環の仕組み、安定した食料の確保方法、精神衛生の保全、施設の劣化や腐食とその補修方法の確立などについての課題があると思います。また、建設物資を地球より輸送するための大物質輸送方法:マスドライバーの開発は必要だと思います。

また、これらの研究と実用化を急ピッチで進めなければならないため、多額の資金と多数の研究者と技術者の確保が必要だと思われます。

これらの課題を解決さえすれば100年以内に月面上での太陽光を利用した自給基地は実現の可能性があると思います。

現在、進められているものとしてはNASAの有人月面基地、ロシア・RSCエネルギア社の有人月面基地、日本・JAXAの無人月面基地などがあります。ただ、ロシアの月面基地計画は核融合燃料となるヘリウム3の採取が目的であり、核融合が実現していない現在、計画が実行されるかは不明です。また日本の計画はまだプレスリリースが出ていなかったと思います。

フォトレポート:NASA、月面基地の建設計画を発表 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20337757,00.ht...

NASAは月面に基地を建設し、2024年には基地の中に居住空間を作る計画を発表した。2020年頃から宇宙飛行士4人が基地で作業することを計画している。1回の滞在期間は1週間程度だという。

露、2015年に月面基地建設か?
http://www.sorae.jp/030699/1179.html
スラッシュドット ジャパン | JAXAの有人月探査構想、「2020年に月面着陸、2030年に月面基地建設」
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=06/07/31/1628209

また火星基地という手段もあると思いますが、未だに人類の未踏の地である上、距離があるために非常に難しいと思われます。

火星の地球化:テラフォーミング構想などもありますが、大気圏を作るために莫大な気体が必要ですのでそれの調達方法の解決が不可欠です。

ただ計画は盛んな模様で、様々な構想は打ち出されています。

20年後の移住を目指す『火星入植プロジェクト』進行中
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050729301.html
2025年の火星入植を目指す新興企業
http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20050909101.html
火星への有人飛行、自給自足とリサイクルで
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20051128302.html
The Mars Homestead Project - To Arrive, Survive, and Thrive!
http://www.marshome.org/

4 ● microftxxx
●18ポイント

「人間」の定義を変えることだと思います。

人間が生存するための環境をそのまま宇宙に持っていくのは、あまりにも効率が悪すぎます。

人間の精神活動を電子的に再現することができるなら、サーバーを持っていけばどこでも人間の活動をシミュレートすることができます。

参照SFとしては、たとえば、

フレデリック・ポール 「ゲートウェイ」シリーズ

グレッグ・イーガン 「順列都市」「ディアスポラ」

などがあげられます。

http://q.hatena.ne.jp/answer


5 ● haruban
●18ポイント

http://www.spaceref.co.jp/

宇宙開発情報


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ