人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オタクとマニアの違いを教えて下さい。

●質問者: takarin473
●カテゴリ:学習・教育 ネタ・ジョーク
✍キーワード:オタク マニア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

[1]本人がどちらを自称しているか takuchan_no2

本人が「マニアだ」と言えばマニアだろうし、

「オタクだ」と言えばオタクだろうし、

「どちらでもない」と言えばどちらでも無いと思う。


[2]一緒です。 kanopi

厳密な定義もないですしね。


[3]マニアとオタクは違います kosuke2005

【マニア】

コレクター的要素が強く、対象物に対して、ただ好きなのではなく一種の「専門家」「権威者」であろうとする。選民主義的であり、対象物はメジャーよりもマイナーな作品であることが多く、たまたま対象物がブームになったりすると「堕落した」という理由で対象物から離れてしまうことも多い。

【オタク】

対象物に対する収集癖などにおいては、マニアと同じである。知識をひけらかす際に、マニアには「自慢」が付きまとうのに対し、オタクのひけらかしにはどこか「無邪気さ」が感じられる。自分の好きなもの以外に興味を示さないので、ある意味で唯我独尊的である。


[4]>2 同じと思います sakura19749

私も同じだと思いますけど。。

お宅のほうがその自分のすきな分野のものすごい

狭い領域で知識がふかそうなイメージですが。


[5]「目くそ」と「鼻くそ」の違い miharaseihyou

某有名漫画の台詞ですが、だから「「おたく」といっしょにしないでくれ。」と言いたい。かといってマニアを自称する人も少ない気がする。皆それほど暇じゃあないしね。


[6]マニアはこだわるひと、その中で創作系のひとたちがオタク castle

創作系といっても、アニメ・漫画・ゲーム、といった、いかにも一昔前の親が「子供向けで程度が低いからさっさと卒業しろ」といって子供に触れさせるのを嫌がりそうなジャンルに限定されるかもしれませんが。

ちなみに、鉄道オタクやアイドルオタクといったジャンルもあるんですよね。それらは創作系から発生したオタクという言葉が一部のマニアにも適用されていったのではないかと思います。

悪い言い方になりますが、オタクという言葉には侮蔑的だったり嘲笑的なイメージもあります。そういった差別的なレッテルとして、さまざまなジャンルのマニアに対しても隠語的な悪口として用いられ、広がっていったのかもしれません。


[7]かなり違うと思う k_y

マニア=あることにのめりこみ、詳しくなっている人だが、専門外のことも一般人並に知っている。

対象物はあくまで趣味のものであることをわきまえている。

オタク=あることにのめりこみ、詳しくなっているが故、専門外のことはサッパリわからない人。

対象物にのめりこみ、時に対象物の世界にとじこもる。


[8]>1 私もそう思います sikisa

やっぱり本人次第ではないですかね?

「オタク」「マニア」を自称する人もいれば、両方だったりじゃなかったり否定したりする人もいますから。


[9]>2 似たような感じ kurukuru-neko

マニアの特殊化されたものがオタク


[10]「オタキング」岡田斗司夫氏のサイトを読もう iseeker

「オタク」というのは、コミケなどに集まるサブカルチャ系の愛好者が互いを呼び合う時に「おたくは?」と呼び合ったというのが語源だとされてます。「マニア」というのは熱烈な愛好家と言う意味で「オタク」以前にも使われた言葉です。バイクマニアとはいいますが、バイクオタクという言い方はあまりしません。

今となっては「マニア」と「オタク」を区別して使っている人は少なくなって、ネガティブなイメージは薄れましたが、昔は「オタク」というと「マイナーなアニメやアイドルなどを隠れて熱狂的に愛する愛好家」と言ったネクラでキモイ人といったイメージがあり差別用語的に使われたこともありました。

詳しくは、自称「オタキング」の名で有名な岡田斗司夫氏のサイトを読めば、嫌と言うほどオタクの勉強ができます。

http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/


[11]マニアは物知り(○○博士みたいな)。オタクは自分の世界に引きこもってる人。 miiko39

ではないでしょうか?


[12]>2 そう思います。 torapiyo44

どちらの方たちも「なにか」が好きなわけですし。


[13]歴史的につかいわけられる用語だと思う NAPORIN

オタクという用語が出てくるまではマニアしかなかった。

ある時点でマニアと重複する趣味の人をオタクという語法が

出たので、それ以降のマニアはオタクでもありえる。

しかし、新しい分野やオタクとして有名になった分野は最初からオタクとして定義されることが多い。

「アニメオタク(電車男から)」、

「オンラインゲーオタク(マニアというよりも新分野らしさが出ている)」


想定会話

「**教授って有名な真空管マニアなんだよ。」

「それをいうならAV(オーディオビジュアル) オタクじゃないですか?」

「ああ、今はそう呼ぶんだね・・。」


ちなみに、マニアという語は、

オタク出現以前も絶対唯一ではなかったです。

鉄道マニアは昔から「鉄」「鉄チャン」

自動車マニアは昔から「エンスー」(英語の「熱心」から)

などの個別の用語もありました。


[14]10年以上前に聞いた「公式」 JULY

「マニア」?「常識」=「おたく」

というのを聞いたのは15年ぐらい前だったかなぁ...


[15]>8 ちがうんだろうけど tehi

まあ、どっちでも似たようなもんかと気にも留めていなかったので、その違いがわかりません。でも、本人にしてみたら大事なことなんでしょうね。


[16]マニア=物質性に「「特に」こだわる batti55

オタクもコレクター癖やマテリアル信仰はありますが、マニアの場合は切手、写真、模型、等の「現物」に惹かれる深度が大きいような気がします。


[17]>11 はい wwkorsai

そのとおりだと思います


[18]>14 私もそう思います maiaaao

お宅のほうが何かが欠けている感じがあります


[19]>2 一緒 jpdolph

自称 マニア

他称 オタク


[20]よくわかりませんが Sakon

マニアを自称していた学生時代の友人は、パンピー(一般人)を数段低く馬鹿にしていました。その中には自分のようにとりあえず見れればok、遊べればok、適当に飽きるまで遊んで『売る』っていうようなユーザーも含まれていました。ちなみに、彼は母校の教授にも『自分はマニアだから』と堂々と発言するくらいの人物でした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ