人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

書評サイトつくる手助けができるサイトを造りたいと考えているのですが、書評ブログを運営している人にご意見を聞きたいと思います。
書評をブログで書いていく上で、WEBサイト上に必要だ、欲しい、と思えるモノを教えてください。そして、もしそのモノがすでに存在している場合は、それを教えてください。
ご協力よろしくお願いします!

●質問者: n_maco2
●カテゴリ:インターネット 書籍・音楽・映画
✍キーワード:webサイト けが サイト 存在 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

[1]書評をつなげる dzd12061

こんにちは。

0.私の場合

まず、私の例から。書評サイトとしては、dLINKbRING.Literatureを運営しています。また、ちょっとした書評の場合は、こちらのブログ、Rogi073.Diaryに書き込んでいます。

1.書評サイト

書評サイトのほうは、書評対象の作品名、作家名およびASINを入力すると、できあがるような仕組みにしています。ただし、公開サービスではないので、自分自身にとっては便利なシステムにしているというレベルです。また、こちらのサイトは、各種APIで関連情報を取得・表示するようにしています。ただし、これは公開したときに表示される仕組みなので、入力支援にはなりません。

2.ブログ

ブログのほうは、私自身で作成したソフトを利用して作成しており、関連サイトへのリンクとAMAZONリンクをブログ記事内に埋め込む事が出来るようにしています。このソフトは、こちらのサイト、ブログ用リンク作成ツールにて公開しています。

ただ、単体アプリとして動くようにしているため、プログラム内容を変更しなければならないときに不便だったりするので、同じような機能をWEBアプリ化したほうが便利だと考えています。で、ついでに、上記の書評サイトの機能を若干取り入れると、書評サイト作成支援的なものになるかもしれません。

3.欲しい機能

個人的には、ブログに書き込むときの支援になると同時に、ブログ公開後に自動的にその記事へのリンクを読み取り、書評まとめサイトを構成する仕組みがあると便利ではと思っています。すると、入力支援になると同時に、内容をよりわかりやすく閲覧してもらえる可能性をもつという展開になるのではと考えています。


[2]>1 非常に参考になります n_maco2

丁寧にありがとうございます。非常に参考になりました。

> ブログのほうは、私自身で作成したソフトを利用して作成しており、関連サイトへのリンクとAMAZONリンクをブログ記事内に埋め込む事が出来るようにしています。このソフトは、こちらのサイト、ブログ用リンク作成ツールにて公開しています。

すごいですね・・・こちらのツールは存じていませんでした。

> 個人的には、ブログに書き込むときの支援になると同時に、ブログ公開後に自動的にその記事へのリンクを読み取り、書評まとめサイトを構成する仕組みがあると便利ではと思っています。すると、入力支援になると同時に、内容をよりわかりやすく閲覧してもらえる可能性をもつという展開になるのではと考えています。

こちらの内容ですが、「書評まとめサイト」といいますと下記URLのようなページのことでしょうか。

http://maname.txt-nifty.com/blog/2005/11/nekosogi.html

たしかに、こういうページが自動でできると、書評好きとしては非常にうれしいですね。

自分も使いたい・・・(笑


[3]>2 書評まとめ dzd12061

>こちらの内容ですが、「書評まとめサイト」といいますと下記URLのようなページのことでしょうか。

http://maname.txt-nifty.com/blog/2005/11/nekosogi.html

これに、さらに内容の抜粋とかも表示されたり、あとその記事を書いた人が他にどんな作品の書評を書いているかもわかるようなのが理想的かなと思っています。

こういうのって、独立運営の書評サイトだと実装されていたりするけれど、自分のブログを持っているとわざわざ書評だけ別のところに書き込むのっていまいち。なので、自分のブログベースでなんとかならないかと、現在思案中ではあります。


[4]知の枠組み全体の中での位置づけ ShinRai

書評ブログを運営しているのではありませんが、ネット上で本の紹介をしたことがあるので、ひと言書かせてください。

その書評が、本を売るためのものなら、本の内容を問わずに、魅力的な評を書いて、読んだ人に買わせればよいのでしょう。

が、もしそうではなくて、読んだ人が、自分の中で、世界理解を深め、1人の人間としていかに生きていくべきかを考えるために、本を紹介して、書評を書くのであれば、その書評ブログの(1)めざすもの、(2)読むべき本の分野、それぞれの分野での推薦書と簡単な紹介、があるとよいのではないでしょうか。

そうすることによって、書評を読んだ人が、自分と世界を結びつけるための指針にすることができるようになると思います

参考になるかどうかわかりませんが、ひとつの試みとして、国際戦略コラムの本紹介コーナーのurlを書きます

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/hon1.htm


[5]>3 自分のブログで、ですね n_maco2

> これに、さらに内容の抜粋とかも表示されたり、あとその記事を書いた人が他にどんな作品の書評を書いているかもわかるようなのが理想的かなと思っています。

ふむふむ・・・

たしかに自分のブログでやるのが一番うれしいですよね。

しかも楽して。

勉強になります、ありがとうございます。


[6]>4 参考になります n_maco2

>1人の人間としていかに生きていくべきかを考えるために、本を紹介して、書評を書くのであれば、

たしかに色々な人がいますよね。

そういう人のニーズも汲み取れれば・・・


[7]仕組みはよくわからんがAmazon の「リストマニア!」 Cassiopeia

「リストマニア!」の中からついつい数冊買ってしまう。

リストマニアの中でみなさん書評は書いていない(簡単な感想程度)だけど売る仕組みとしてはすばらしいと思う。

質問とピントずれてるかもしれないけど...


[8]作家の作品一覧があると良いですね。 GOLA

wikiのような仕組みでも良いのですが、書評と作品一覧があって、作品一覧から更に書評検索なんかが出来ると楽しいかも。

ちなみにワタクシも適当な感想文を続けてます。

http://plaza.rakuten.co.jp/GOLAGOLA/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ