人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

肌の老化と紫外線の密接な関係をあらわすもので、
年齢とともに肌に紫外線の影響をうけやすくなるというデータがあれば教えてください。
例えば“60歳の女性が15分日光にあたると、20歳の女性が60分日光にあたるのと同じだけ老化が進む”などの具体的な加齢による光老化をイメージしやすいデータをお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:医療・健康 美容・ファッション
✍キーワード:イメージ データ 女性 日光 紫外線
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● haruban
●25ポイント

http://skincare.k-igaku.com/report_001.html

http://www.pic-bio.com/mag/topics01-2.html

参考までに

◎質問者からの返答

う?ん、このことが一目瞭然で分かるような、はっきりとしたデータで出ていればいいのですが。

ありがとうございました。


2 ● FK506
●45ポイント

残念ながらなかなかわかりやすいデータというものは、ネット上には見当たらないので、専門的な話になりますが申し訳ありません。

老化というのは、様々な要因が重なり合って、目に見えた変化を言うものであって、紫外線というのは、様々な要因の一つに過ぎず、それだけが皮膚の老化の全ての原因ではないことを理解しておいてください。

とりあえず、ここでは紫外線の影響について中心に説明します。

まず、紫外線が皮膚の細胞に与える影響を知らなければなりません。紫外線が皮膚に与える影響は大きく分けて、二つあります。一つは、DNAに対する影響で、紫外線によって皮膚の細胞のDNAは傷つき、時には切断されてしまいます。

通常、皮膚の細胞はこれらの傷を自分で修復することが出来ます。もちろん、あまりに傷ついてしまうと細胞自身が死んでしまったり、皮膚がんになったりします。

歳をとると、この修復機能はどうなるか?というと、基本的に歳をとってもこの修復機能はそんなに変わりません。ただ、下記論文によると、若い人の皮膚に比べると歳をとると、だんだん修復に時間がかかるそうです。原因は、一つは歳をとった人の細胞は修復のための遺伝子の量が少ないのと、新陳代謝が低いために新しく生まれてくる細胞が少ないのが原因だと考えてられているようです。

引用元は以下の論文です。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=...

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=...

もう一つの紫外線の大きな効果として活性酸素の発生によるタンパク質の変性があります。これは、皮膚を作っているタンパク質の一つであるコラーゲンが活性酸素によって傷ついて、変形してしまいます。これは、主にしわの原因です。では、歳をとるとどうなるか?ですが、下記論文によると、年取ると、活性酸素を取り除くような遺伝子の働きが弱くなるそうです。また、コラーゲンの産生も低くなるそうなので、傷ついたコラーゲンを新しく入れ替える能力も低くなります。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=...

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=...

これらの話をまとめると、歳を取ると、DNAの傷に対する修復能が低下する、新しく増える細胞が減る、活性酸素を取り除く能力も下がる、コラーゲンの産生能力も低下する。このような衰えが皮膚の細胞に現れます。紫外線がこれらの現象をすべて悪化させるような方向に作用するために、歳を取れば取るほど、紫外線に対する防御能力は下がり、結果、紫外線に対して影響を受けやすくなると考えられます。具体的な、グラフ等は論文内にあるのですが、見られないようなので、内容を要約しました。ほかに何かわかりやすいグラフのようなものがないか探しましたが、データが確かなものが見つけられませんでした。

◎質問者からの返答

詳しい回答ありがとうございます。

仕組みがよくわかりました。

ただこのことを解りやすいデータにしたものがあればいいのですが・・・。

厳しいですね。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ