人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【SF小説】
SFの世界に飛び込もうとしている私に入門用べストテン
(別に10でなくてもいいです)を教えてください。
名作というよりは、古典・定番・有名とか元ネタになっているとか
後進に影響を与えたとかそういう観点でお願いします。

作家ベストテンでもいいです。
箇条書きでかまいません。
現在購入できるSF入門書とかでもいいです

よろしくお願いします。

●質問者: degucho
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:SF SF小説 ベストテン 作家 元ネタ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 47/47件

▽最新の回答へ

1 ● HONMA9691
●12ポイント

これは というのは


宇宙の戦士

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

2001年宇宙の旅

ブラジルから来た少年


かな

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

>2001年宇宙の旅

上記はむかーしテレビで映画を見た気がしますが

「よくわからんけどなんか怖い・・・」

と思った記憶があります。

一通り読んでみたら

「(DVDで買える)SF映画ベストテン」

もみなさんに聞いてみたいと思います。


2 ● abura-uribou
●12ポイント

SFはあまり詳しくないのですが

ハックスリーの「すばらしい新世界」

はどうでしょう。1959年に書かれた本ですが

人工授精や、能力による階級社会によって成るユートピア?を

皮肉っぽく書いてあってとても面白いです。

あとはSFと言えるかわからないですが「ロビンソンクルーソー」

ですかね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

SF読んでて驚くのは、半世紀前に書いたものが当たっていたり

(これは、本に影響された可能性もありますが)

逆に半世紀前からなんも変わってなかったりというところだったりします。

冒険もの?はSFとクロスオーバーしてるの多そうですね。


3 ● うるるん
●12ポイント

「夏への扉」をお薦めします。

その他の書籍についてはどのような読書傾向を持つのかにもよって異なってくるので推薦を躊躇いますが

http://www.hondana.org/SFC9ACC6C9BDF1/

が参考になるかと思われます。

◎質問者からの返答

あーそれは読みました!!。

SFは暗い話が多いイメージがありますが実に爽やかでよかったです

(あ、ネタバレか!?)


音楽聞く時とかも新しいジャンルに行くときは好みよりまず名盤を聴いていくタイプなので、紹介サイトのなかで見聞きしたことがあるやつから攻めてみます。

ありがとうございました。


4 ● lovely
●11ポイント

アイザック・アシモフの「われはロボット」

SFを読む上での基本、「ロボット三原則」が出てきます。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

  • 作者: アイザック・アシモフ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

◎質問者からの返答

お、名前聞いたことあります。

チャレンジしてみます。

ありがとうございました。


5 ● affiliate_with
●11ポイント

SF小説ですと

海外では

H.G.ウェルズ「透明人間」 透明になる描写が秀逸

フランク・ハーバート「デューン 砂の惑星」 砂漠の惑星での生き物がリアルで怖すぎ 砂漠で生活する人類の姿も大迫力です

ジョージ・オーウェル「1984年」 1949年に書かれたとは思えない小説です。超国家によって市民のプライバシーが生活レベルまで監視される管理体制を描いています

レイ・ブラッドベリ「華氏四五一度」 これも凄いです。書物の発火点がこの温度。すなわち本がすべて禁止された世界を描いています。怖いです。


国内では

筒井康隆「48億の妄想」 1965年に書かれた作品だと思います。テレビの未来を鋭く予測している傑作です

眉村卓+福島正美「飢餓列島」 これもかなり古いです。食料危機が現実化した日本を描いています

あと小説ではないですが、コミックで後世に影響を与えたSFに

大友克洋「童夢」があります。超能力ものですが、超能力の描写が当時はものすごく斬新で、真似する漫画家が続出した作品です。


古典ゆえに、入手が難しいものが多いかもしれません。お役に立てば幸いです。

◎質問者からの返答

おお!海外のは名前だけ聞いたことあるものばかりです。

チャレンジしてみます。

自分は筒井康隆さんが好きで短編は8割方読んでいるのですが

紹介作を含めた長編は積ん読になってるので引っ張り出してみます。

吾妻ひでおさんも好きなので不条理日記の半分ぐらいはわかるようになりたいかなーと。

あと藤子F不二雄さんのSF短編すごく面白いんですが彼も当然正統派SFは通ってきてると考えるとあの発想の源泉が知りたいなーと


1-5件表示/47件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ