人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

繰延資産(試験研究費)の償却について教えてください。これは5年以内の均等償却となっていますが、任意で最初の1年間計上しなかった場合、6年目に計上する事になるのでしょうか?

●質問者: seizyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:研究 繰延資産 試験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●60ポイント

商法上の繰延資産

試験研究費・・・5年以内毎期均等額以上償却

と言うことになっています。

資産計上された繰延資産は、5年以内の期間内に均等額以上償却することが必要です。

均等額以上というのは、つまり償却費をたくさん計上しようとする場合には、ドンドン償却してかまわないということですので、均等割りで6年目と言うことではなく、5年以内に適当に割り振って償却すると言うことになります。


http://houjinzei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/307.html

◎質問者からの返答

有難うございます。

ちなみに、税法上はどうなんでしょうか?


2 ● kappagold
●10ポイント

法人税法においては、法人税法施行令第14条に規定する繰延資産うち第1項第一号から第七号に規定する繰延資産(試験研究費は第四号)について、その繰延資産の額を限度として法人が任意に償却することとしています。

http://www.lotus21.co.jp/data/column/konna/konna_47.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ