人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1つの絵なのですが、見方によっては、「ウサギ」に見えたり「アヒル」に見えたりするイラストがあります。そのイラストをチューリッヒの動物園に来ている子供たちに見せてアンケートを取ったところ、10月は8割以上が「アヒル」と答えたにもかかわらず、4月には、約8割が「ウサギ」と答えたそうです。なぜでしょうか?

4月は、イースターがあるので、シンボルのウサギ(多産の象徴)をイメージするというのは分かるのですが、なぜ10月が「アヒル」を連想するのか分かりません。サンクスギビングは七面鳥だし…。どなたか教えてくださいませ。

1175266508
●拡大する

●質問者: clairvoyance
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:10月 4月 アヒル アンケート イメージ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● ARAYOTTO
●20ポイント

アヒルと七面鳥は鳥類で共通のイメージでは?

◎質問者からの返答

やはり、子供の発想ということなのでしょうか?いまいち納得できないのですが。


2 ● aqualotus
●20ポイント

見かける季節ではないでしょうか。

私の家の近辺には池があり、アヒルがいますが、確か夏の終わりから秋にかけてよく陸にあがっているのをみかけます。

チューリッヒでどうなのかまではわかりませんが、同じ北半球ですから秋に見かけてもおかしくないかと思われます。

◎質問者からの返答

う?む。決定的な理由がないとすれば、七面鳥に似ているとか、この季節に良く見かけるとか、そのようなちょっとしたことの積み重ねなのかも知れませんね。しかし、そのようなちょっとした理由でウサギには見えなくなってしまうのだろうか?


3 ● daiyokozuna
●20ポイント

4月だけウサギなのかも。

他の月は鳥に見えて、チューリッヒで鳥といえばアヒルなのかも。

◎質問者からの返答

なんか良く分からない。(笑)


4 ● MAO1124
●10ポイント

単に紙の向き変ええて見せたせいでわ?

耳の部分が上に来るように見せただけなのかもねw

◎質問者からの返答

「絵の見せ方で」というのはあり得そうですが、わざと意図して違うものに見せる必要はないと思うので、はやり季節が関係するはずです。


5 ● shimarakkyo
●100ポイント ベストアンサー

その絵が、もともとぱっと見は「ウサギ」よりも「アヒル」に見えるから、ではないでしょうか?

つまり、1月でも8月でも、4月以外のどの月に見せても8割の子は「アヒル」と言いますが、4月だけはイースターのイメージをすでに大量に見せられているので(3月の終わりぐらいから本当に町中至る所でウサギだのタマゴだのを見かける様になりますから)ので「ウサギ」と答える、という解釈です(心理学の用語で”Priming”という効果だったと思います)。

◎質問者からの返答

これが、一番説得力のあるご意見ですね。

私はこの絵を、単なる「騙し絵」ということではなく、パラダイムシフトの観点で捉えています。つまり、人間の脳に対して、最初は1種類にしか見えなかった物が違うものにも見えるきっかけがある。これもパラダイムシフトのひとつだと思っています。それは心理的なことにも関連するすれば、プライミングという効果が関係していそうですね。有難うございました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ