人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高級オーディオ用アンプに関する質問です。

高級オーディオ店に行くと数百万円もするアンプがいくつも置いてありますが、
アンプというのは、基本的には
[入力波形]→波形を加工→[出力波形]
という仕事をするだけのものですよね。
だとすれば、その加工の周波数特性を測定してデジタル化すれば、
あらゆるアンプの特性は、比較的簡単な機材で再現可能だと思うのです。
(もちろん、十分な精度を保った標本化・量子化を行うという前提の上で)

にも関わらず、超高級オーディオ用アンプの需要がいまだに衰えないのは、
デジタルでは再現不能な何かがあるのかな、と想像するのですが・・・
何があるのでしょうか?

#
基盤などに高級な素材を用いることによりノイズが小さくなる、というのはあると思いますが
今回はノイズのことは考えず、音質(アタック感、音の広がりといった性質)に関して教えてください。

●質問者: iwskR
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:アタック アンプ オーディオ デジタル ノイズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● Saigousan
●19ポイント

人間の聴覚はアナログ信号の音に反応していますよね。

音源はアナログ信号になっております。

これらの音源は単純な波形ではなく可聴周波数以外の波形も含まれた複雑な波形です。

スピーカーもアナログ信号を音に変換しています。

従ってアンプはスピーカーを動かすため必要な大きさのアナログ信号にすることが目的です。

途中で部分的にデジタル信号に変換しても最終的にアナログ信号に戻さなくてはなりません。

アナログ信号を増幅するために真空管やTRなどが使用されますがそのほかに抵抗、コンデンサー、トランス、銅線などが使用されます。

これらはすべて周波数特性を持っており、もとの音源を忠実にすべて同じものとして増幅できません。

高級アンプは人間の可聴周波数範囲以上の幅広い音域をなるべく忠実に増幅するように設計・製作されています。

なるべく近づけるために厳選した部品を使用しているため個々の価格が高くなりセットになったとき高価になります。

ちなみにCDはデジタル信号ですがアンプでアナログ信号に戻しています。

また、音響装置は入り口(マイクやプレーヤー)からアンプそしてスピーカー装置のバランスが必要です。アンプだけ高級でもスピーカーが廉価だとスピーカーの特性しか保証されません。

◎質問者からの返答

増幅の際に入力信号の周波数成分に補正がかかってしまうのであれば,

その特性を打ち消すように入力信号を調整してやれば問題は解決するのではないかと思うのですが・・・

(まさにデジタル処理の得意とするところではないでしょうか)

高価なアナログ部品を集めてがんばるより,

デジタルで処理してやるほうが合理的かつ効果的だと思うのです.


ちょっと質問があいまいだったかなと思うので少しまとめます.

音源のdigital out -> コンピュータで波形を加工 -> DAC -> 何かしらのアンプ -> speaker等

とすれば,コンピュータの処理をいじることで

あらゆる高級アンプの特性が比較的簡単に再現可能なのではないかと思うのですが,

にもかかわらず高級アンプの需要が衰えないのは,

上記の処理では再現できない何かがあるのでしょうか?


2 ● halwo69
●19ポイント

アナログであれば「0.2」とか「0.325」という、

とても曖昧な数値をダイレクトにin→outまで処理できると思うのですが、

これをデジタルで処理しようとすると演算が追いつかないのではないでしょうか。

例えば1?10というアナログなパラメータがあった場合、

小数点以下が0であれば3bitで済みますが、

小数点以下が増えれば増えるほど情報量が増えるわけで、

それを忠実に再現しようとすればするほど、処理する情報が多くなる、と。

アナログ、というからには小数点以下はどエラい数あるわけで、

それをいちいちデジタルで表現しようとすると、

スパコンくらい用意しないと忠実に再現できないのではないでしょうか。

素人考えですが…。

◎質問者からの返答

たとえば音楽用CDなら44.1kHz/16bitで

情報の量はおよそ1411kbpsですから、

これくらいなら最近のコンピュータであれば問題ないはずです。

SACDなどではもっと標本化・量子化の精度を上げているようですが、

いずれにしても人間の知覚可能なレベルであれば

そこまで膨大な処理が必要にはならないと思います。


3 ● alfalfarm
●20ポイント

http://www2s.biglobe.ne.jp/~hongo/12b.htm

ギターアンプに関しての解説ですが基本的には再現不可能性にもとづいた価格差というのは考えられないようです。

音質に関しては、派形の加工にまつわるイコライザー回路設計の際に求められる「美的感受性」に対する代価という要素は考えられます。ですがそれがデジタルか非デジタルかを分かつ本質的な部分ではないはずです。

現段階では非デジタルに最適化した設計が優位であって、市場をリードしているとしても、設計者の世代交代が進めば、置き換わっていくのは時間の問題ではないか、と思ったりします。

◎質問者からの返答

なるほど、同感です。


あまり知らなかったのですが、

数百万円するデジタルアンプも結構あるんですね。

(どこに数百万円もかかるのだろう?)

でも、処理部分をカスタマイズできるものはないようで・・・


4 ● ikjun
●30ポイント ベストアンサー

例外があるかも知れませんが、高級アンプのほとんどが重いはずです。なぜ重いかといえば非常に大きくて贅沢な電源回路を搭載しているからです。例えば瞬間的に大きな音(シンバルなど)が入った場合などこの電源回路が貧弱であれば、十分な電流が確保できないという問題が起こります。したがって周波数特性(一定の大きさでしかとらない)などでは完璧なアンプが実際に聞いてみるとここぞというところで腰砕けの貧弱な音しかしないということになります。

車などでもパワーがあれば速く走れるかというと必ずしもそうではありませんよね。むしろエンジンの即応性がよかったり、サスペンションが硬さが適当だったり、ブレーキの利きが良いというような総合力が速さを決めます。

同じようにオーディオもいろいろな要素によって音が決まります。スピーカ等との組み合わせによっては最新のデジタルアンプよりも大昔の真空管アンプのほうが生き生きとした音で鳴ることも珍しくありません。

周波数特性を完璧にしたところで、部屋の特性やスピーカの置く場所でかなり左右され実際に計ってみればガタガタなのが普通です。

結局のところ本当に良い音を作るというのは、いまだに経験と勘が最後にものをいう職人の世界の技術ということになります。最高級のものを求めれば数百万円しても不思議はありません。

◎質問者からの返答

私はヘッドホンアンプしか分からないのですが、

そういえば高級なものは皆かなり重いですね。

「信号増幅回路」の部分よりも、

それをサポートするところにコストが注がれているということでしょうか。

うーんなるほど・・・


5 ● iikai
●30ポイント

プリアンプについてはあなたのお考えで大体あっているように思います。

違いがあるのはパワーアンプ部の電源でしょう。

http://www.luxman.co.jp/product/pa_m800a.html

デジタル処理が完璧であったとしても、正確に増幅するためには「正確な矩形波」を処理できる電源部が不可欠です。

http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/EL34ppV1/page1.htm

無音から音が立ち上がる際、急激に電流を上げようとすると一時的に電圧が下がります。そのためにコンデンサーの容量を上げると、立ち上がりが遅れます。どちらも歪の原因になります。

トランスの容量を上げたり、バイアス電流など無駄に電気を喰わせたりして余裕を持たせると、本体重量や放熱機構にも配慮が必要になります。さらに金を食います。

小さなスピーカーで小音量で鳴らす分には電源の強さの影響は少なくなるので、お金に比例した音の変化は見られないでしょうね。

◎質問者からの返答

電源がかなり重要なんですね。

うーんちょっと意外。

電源ケーブルで音質が変わるというのも分かりますね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ