人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【サンタクロース】の【衣装】の【変遷】が分かるようなサイト(信憑性があるもの)・書籍を教えて下さい。
コカコーラの宣伝で現在のスタイルになったそうですが…

●質問者: yuko11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:コカコーラ サイト サンタクロース スタイル 宣伝
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/5件

▽最新の回答へ

1 ● markII
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%B...

こちらに詳しい記述がされています。

サンタクロースが赤い服を着ているのはコカコーラのCMが元祖

この都市伝説によれば、サンタクロースはもともとの伝承では白い服を着ていたのにコカ・コーラ社がCM(看板)で赤い色(=コカコーラの色)の服を着たサンタクロースを登場させてからサンタクロースは赤服ばかりになった事になっている。(ちなみに、コカコーラのカレンダーにもホームページにもそうした記述がある。作者はニューヨーク出身の画家で故人)

しかし、現在のサンタクロースのイメージの元となったとされる、ニューヨークの画家、トーマス・ナストが19世紀に描いた聖ニコラウス像において、ニコラウスは赤いマントを羽織っており、このマントが変化してサンタクロースの赤い服になったのだという[1]。

コカコーラ自身がそう記述していたようですが、実際はそうではないという説が有力のようです。


2 ● TNIOP
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%B...

サンタクロースが赤い服を着ているのはコカコーラのCMが元祖

この都市伝説によれば、サンタクロースはもともとの伝承では白い服を着ていたのにコカ・コーラ社がCM(看板)で赤い色(=コカコーラの色)の服を着たサンタクロースを登場させてからサンタクロースは赤服ばかりになった事になっている。(ちなみに、コカコーラのカレンダーにもホームページにもそうした記述がある。作者はニューヨーク出身の画家で故人)

しかし、現在のサンタクロースのイメージの元となったとされる、ニューヨークの画家、トーマス・ナストが19世紀に描いた聖ニコラウス像において、ニコラウスは赤いマントを羽織っており、このマントが変化してサンタクロースの赤い服になったのだという[1]。


また、1914年の日本の児童雑誌『子供之友』には、現代のサンタクロースと全く同じイメージの、大人の背丈で白髭に赤い服を着たサンタクロースが描かれている。さらに当時の輸出用クリスマス用品のサンタクロース人形もこの姿でもあった(当時の日本は、第一次世界大戦で疲弊した欧州に代わって、世界一のクリスマス用品生産国となっていた)。したがって、遠く日本にも伝わるほど定番となっていた赤い服のサンタクロースの姿を、1931年になってからコカコーラ社が広告に採用した、ということが事実である。[


3 ● itoyou
●26ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A...

サンタクロースの姿

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ