人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゲルマニウム温浴のメカニズムについておうかがいします。ネットで調べても商売ベースの情報ばかりなので信憑性がありません。科学的・中立的な根拠のわかりやすい説明を教えて下さい。

●質問者: tengen
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ゲルマニウム温浴 ネット ベース メカニズム 科学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/9件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●17ポイント

主な効果として、血行促進、発汗、冷え性・肩こりの改善、体内の酸素を豊富にする、老廃物を排泄(デトックス)、インターフェロンの誘発、これ等による体質改善効果が上げられると言われている。中でも発汗効果が大きいと言われ愛好者も多い。しかし、これらの効果や効能は科学的に臨床実証されているものではなく、科学的根拠は不明。一般的にゲルマニウムの皮膚からの吸収はほぼないと考えられているためゲルマニウム自体のの効力・毒性が当てはまるかどうかも分かっていない。その効果や効能が科学的に証明されていると偽る業者も一部に存在するため、注意が必要である。




http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%8...


2 ● TNIOP
●17ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%8...

wikiなら中立的です。

ゲルマニウムによる人体への影響として、貧血に効果がある、金属ゲルマニウム(主に無機ゲルマニウムが使用される)を身につけることで疲れが取れる、新陳代謝を活発にする、などといった効能があるとされ、ゲルマニウムを使った健康器具類が販売されている。しかし、そのような効能、効果は医学的に証明されていない。あくまで『身体が軽くなる』『痛みが和らぐ』といった体験談が取り上げられる。

科学的な根拠はまったく無いようですね。


3 ● SALINGER
●16ポイント

以前にも書いたことがありますが、ゲルマニウムには科学的に実証された効果はありません。

YouTube 視点・論点「まんえんするニセ科学」


4 ● FK506
●16ポイント

上にも書いてありますが、ゲルマニウムの健康への効果については全く根拠はありません。温浴効果も、効果は不明です。そもそも、ゲルマニウム自体は体には毒であり、強いて言えば殺菌作用などはあります。有機ゲルマニウムであろうと無機ゲルマニウムであろうと、体に入れば毒物と認識されて、肝臓や腎臓に負担をかけることになり、いいことはありません。動物実験などでも、効果が無かった、もしくは健康状態がよけい悪化したという結果しか得られていません。ガンに効くというのも再検証されましたが、効果無し、または更に悪化する

いう結果がでています。毒性があるので、ガンのみならず細胞を殺す効果はあります。また、微量ならその毒性のために免疫機能を活性化させるという効果があるために、プロパゲルマニウム(商品名セロシオン)とよばれるB肝炎の治療薬がありますが、副作用で肝臓に負担がかかり死亡した例もあります。

温浴効果についても、しいていえば、鉱石なので暖まりにくくさめにくいという性質はあるので、お湯が冷めにくく、体が温まるという感じはするかもしれませんが、それなら、ただの岩盤浴でいいわけであって、わざわざゲルマニウムである必要はありません。

中立的、科学的に判断すると、ゲルマニウムの効果は無い、もしくは不明といったところです。健康に対して毒性があるということは、科学的にもはっきりしています。

http://q.hatena.ne.jp/ ダミーです。


5 ● nyarus
●16ポイント

ゲルマニウムとかマイナスイオンとかアガリクスとか。世の中は非科学的なものを科学的だと思ってしまう傾向があるようです。気をつけましょう。こういったのもあります

http://zi6dn9a90.blog71.fc2.com/blog-entry-275.html


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ