人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クレジットカードの手数料の分配について質問です。
1万円の買い物をクレジットカードで支払った場合、5?8%程度が手数料として差し引かれ、残った92?95%程度の金額が利用店舗に入ると理解しています。
この場合、5?8%のお金は関係各社の間で分配されるのでしょうか。
どのような流れでお金が入り、どのような割合で分配されていくのか、教えてください。

・システム手数料(システム運営会社、トランザクション量に応じたプロセシング費用)?
・Visa, Master、JCBなどのカードブランド会社
・セゾンカード、UFJニコス、DCカードなどのカード発行会社
・提携会社
例:
「高島屋カード」の場合の高島屋
「NTTドコモカード」の場合のNTTドコモ
「ルミネカード」の場合のルミネ
・特殊な提携会社(自社提携カード以外でもカード利用に対する特典を提供している会社)
例:
西友とセゾンカード
OMCカードとダイエー
など

思い込みや「たぶんこうだろう」といった推測ではなく、確実なデータなり情報を教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

●質問者: duckdown
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:DCカード JCB NTTドコモ OMCカード UFJニコス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● int80h
●60ポイント

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/33848.html

またクレジットブランドの「iD」による収益構造も紹介された。仮に店頭で10,000円分購入すると、まず店舗から、加盟店を管理するカード会社(アクワイアラ)に2.5%(250円)の手数料が支払われる。このうち80円はアクワイアラの収入となり、160円はカード発行会社(イシュア)に支払われる。残りの10円は、ブランドコミッションなっており、このケースでは「iD」というブランド、つまりドコモに支払われる。また、イシュアからブランドに対しても手数料10円が支払われる。

10,000円の売上が発生すると、手数料は250円で、アクワイアラ80円、ブランド20円、イシュア150円という形で収入を分け合う。なお、iDのイシュアとしてはDCMXや三井住友カードなどが存在する。三井住友カードはアクワイアラとしても活動しているという状況だ。

上記では手数料2.5%とありますが、これは殆どあり得ない数値で、

一般的なiDの加盟店手数料は5%程度だそうです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

上記の80円、20円、150円という比率で、5%に直して、通常の店頭でのカード決済で考えると、

アクワイアラ=店頭の決済端末を設置したカード会社 160円

ブランド=Visaやマスター 40円

イシュア=セゾンやDCなどカード発行会社 300円

ということになるわけですね。

システム整備や加盟店の拡大というのは大変ですが、いったん作ったインフラが稼動を始めると、カード決済システムというのは実に儲かる仕組みですね。

大変参考になりました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ