人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

つい最近、米輸入を例外措置として米韓FTAが締結されました。これにより、日本の自動車や電気製品の対米輸出に影響が出てくると言われています。これに対し、日本も同様の日米FTAを締結すべしとの声が経済界から出てきてもおかしくはないと思うのですが、あまりマスコミでは議論されていないようです。なぜでしょうか?思いつく理由を挙げてください?

●質問者: koujirou2007
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:FTA マスコミ 米韓 経済界 自動車
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● opx
●19ポイント

産業界は実は韓国をそれほど気にしていないんじゃないでしょうか。

韓国はウォン高が続いており、さらに労働運動が非常に強く、賃金も跳ね上がり、輸出競争力が落ちています。

アメリカ産の日本メーカーの車も韓国に輸出できるようになるでしょう。当分は静観のかまえではないでしょうか。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

経団連は、"We are increasingly aware that we will be pushed to a disadvantageous position against countries that have FTAs"と間接的ですが、韓米FTAへの不安を公にしています。


2 ● goronyann240
●19ポイント

マスコミも政財界も、アメリカが日本なんかとFTAを結んでくれるとは思えないからではないでしょうか。

既に日本はアメリカからのほとんどの輸入を自由化していますし、アメリカが日本とFTAを結ぶメリットは何もないと思います。

また、米韓FTAも実質的にはたいして重要なことだとは思えません。

アメリカが韓国とのFTAを結んだのも、アメリカ産の牛肉を韓国に輸入させるための方策で、

その決定にはopxさんが指摘されてるようにこれから韓国の輸出競争力が落ちていくであろうことが重要だったんだと思います。

ただ、またしても頭越しに事を運ばれ、日本の政財界はよけいにアメリカの隷属国ぶりが鮮明になってやるせない気持ちだと思います。

Sasayama’s Weblog » 「米韓FTAは、苦痛以上の喜びを与えてくれるであろう。」との韓国側の論説

◎質問者からの返答

米国では、「韓米FTAは、日本を刺激する為、ともかく纏めた」という見方もあります。韓国のマスコミは概ね米韓FTAに前向きのようですが、テレビで見る限り激しい反対運動も巻き起こっています。


3 ● junti
●18ポイント

基本的に双方、関税をゼロにするわけですから、

工業製品を輸出しようとする産業界は賛成。

米国産の安い農産物が入ってきて農家は大打撃。

両方の側面があるので、全面的に推進賛成とは言えないんじゃないでしょうか。

農家ばかりでなく林産業も米国産木材製品の脅威にさらされています。

農家をはじめ農林産業の人々の意見は無視できないでしょう。

http://d.hatena.ne.jp/junti/

◎質問者からの返答

経団連や同友会が賛成、農家は反対なのはわかりますが、日本の農業就労者人口はそう労働人口の7%程度の400万人を切っている。しかも、その就業人口の70%が60歳以上。政治決断の問題だと思いますが、日本のマスコミが黙って見過ごしているのが何も動かない原因だと思っています。


4 ● TNIOP
●18ポイント

規模の大きさではないでしょうか。

韓国米国間ならたかがしれてるでしょうが、日本米国間だとあまりにも量が多すぎますから。

http://q.hatena.ne.jp/1176534563

◎質問者からの返答

規模の大きさもありますが、個別企業ベースで見れば、三星は携帯やテレビでソニーを凌駕する勢いだし、現代自動車は日産に迫る勢いです。それだけに、個別企業は焦っていると思います。


5 ● meronmeron
●18ポイント

米韓FTAは牛肉、オレンジのレベルですから日本はすでにやっているレベルです。

自動車は現地生産のほうが多いし。


韓国は早速農家に所得補てん

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070412AT2M1201H12042007.ht...

◎質問者からの返答

韓国の発想は、イデオロギーとしての自由貿易主義の拡大ではなく、日本との競争上有利になるので米韓FTAを結ぶという側面があると思います。日本政府は、手をこまねいていることはないと思います。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ