人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

資金繰り表の作成について簡単な説明をお願いします。また、資金繰り表の雛形などが載っているHPがございましたら教えてください。

●質問者: seizyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:作成 資金繰り HP
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● LsAmd
●20ポイント

http://www.kvi.ne.jp/shikinguri12%20hinagata.html

資金繰り表の雛型と作成実例


2 ● ishiyosh
●20ポイント

http://template.k-solution.info/2006/01/01soho.html

資金繰り表のテンプレートです。

http://s-machiyama.co.jp/calc/cf.html

記入するだけで資金繰り表ができます。


3 ● kappagold
●20ポイント

一杯出てきますので、いくつか見繕ってみました。

お好みのものがあればいいのですが。

資金繰り表をつくろう

http://www.newtec.or.jp/capital/menu2.html

雛形

http://www.miyagin.co.jp/hojin/shikin_xls/index.html

資金繰り表の雛型と作成実例

http://www.kvi.ne.jp/shikinguri12%20hinagata.html

資金繰り表

http://www.rakucyaku.com/Koujien/J/J000000

資金繰り表の作り方と、資金繰りのはなしです

http://www.geocities.jp/kuma_jii/


4 ● shimazuyosi30
●20ポイント

http://template.k-solution.info/005/

http://www.fund-keieisupport.com/mame/81.html

http://blog.livedoor.jp/chuoukeiri/archives/50479117.html


5 ● yamats
●20ポイント

◆資金繰り表の作成について簡単な説明


資金繰りで一番大切なのは、「今手元にお金がいくらあって」「使えるお金はいくらあるのか」がすぐにわかればOKです。難しい財表とか試算表とかあまり気にしなくてもいいですよ。一番大切なのは、常に今どれくらいのキャッシュフローが動いているのかをつかむ事が大切です。


ということを、念頭においた上で資金繰表の作成を行うなら、まず

1)入金・出金の明細がわかる帳簿をひとつ

2)手形・売掛(商品を売って、まだ相手から入金のないもの)・買掛(商品を買って、まだ相手に支払っていないもの)などに応じてそれぞれに応じた帳簿を用意


この時に、小口現金や売買掛等の表を作成する場合の明細は、


科目 日付 入金 出金 残高

チョコレート 5・10 100円 10円 90円


こんな感じの内訳をエクセルで作ったら終わりです。

手形においては、


手形種類 受取日 決済日 額面金額 決済金額 支払先

大和花子 2月1日 3月1日 100円 90円 大和太郎



くらいで十分です。

あとは、備考の欄に、割引とか、裏書とか書いてあれば丁寧で会計事務所などでは喜ばれると思います。さらに、もっと細かくメモを残したい場合には、割引手数料10円とか、そんな感じで金額まで鉛筆でメモっあり、取引履歴が通帳なり、明細書なりで確認できれば十分でしょう。



他人が制作した無料で配布されている表は、やはりどこか他人仕様なので使いにくい場合が多いです。個人的には、seizyou様が経理ご担当者様でしたら、自己流で、自分がみてすぐにわかるものを雛形としてつくられることをお勧めいたします。



◆資金繰り表の雛形

http://download.goo.ne.jp/software/category/win/business/kaikei/

こんな感じのものがあります。

ただし、どれもにたりよったりなので、使い勝手はよろしくありません。


◆ソフトでしたら、

http://www.yayoi-kk.co.jp/

弥生の会計ソフトシリーズをお勧め致します。


ご参考までに。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ