人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

税理士さんとの契約について質問です。
税理士に依頼する目安みたいなものはありますか?
どのようなタイミングでどなたにお願いしたらいいのかわからないので、情報お待ちしております。


会社の一期目からお願いしたほうがいいだとか、会社としての売り上げがこの規模になったらとか、税理士さんの出身(税務署あがりだとか)とか、年齢的なものだとか。

●質問者: くいっぱ
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:タイミング 会社 契約 税務署 税理士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ex-0808
●25ポイント

税理士の選び方はこちらをご覧ください。

http://www.e-advice.info/senmonka/


依頼をする時期は、会社が税務にかける金額がどの程度になるのかを考える必要があるでしょう。

税務にかけている人件費などを税理士費用と照らし合わせて、会社にとってプラスになるのであれば依頼するべきだと思います。

◎質問者からの返答

興味深いサイトのご紹介ありがとうございます。


2 ● kappagold
●25ポイント

以下のサイトの事務所では年商700万円位の方から、ということです。

年商と報酬の大体の表も出ていますので、参考になると思います。

http://kojimatax.com/kojin/kakuteisinnkoku.htm

◎質問者からの返答

このような表で視認できる形でみなさま営業してくれると助かりますね。

正直勘所がわかりません。

続いてご意見募集させていただきます。


3 ● kappagold
●30ポイント ベストアンサー

いつから、税理士に依頼するのが良いかということに関しては、経理の能力によるのではないでしょうか。

自分である程度の経理が出来る、もしくは経理担当者を雇えるということであれば、事業が大きくなって経理が大変になるまたは税金を払いすぎていると感じるところまでは、税理士は不要と考えます。

経理が全くできないのでアウトソーシングしたい、経理を自分でやるに当たってアドバイスをもらいながら経理をやりたい、という場合は最初から依頼するのが良いと思います。


ある程度経理が出来る場合でも、税理士を雇うことによって自分の知らない方法によって支払う税金を節約することが出来ます。税理士を雇う費用と、節税金額を比べて、税理士費用の方が安いと思われた段階で、切り替えるというのも一つの基準だと思います。

税理士による相談会は、年に何回か行なわれていますので、そのような相談会に参加して大まかな経理状況を開示し(税理士は秘密を守る義務があるので大丈夫です)、どのぐらいの節税が出来るのか聞いてみると良いでしょう。

税理士の方にもよると思いますが、親切に教えてくれますよ。

評判に左右される商売ですので、規模が小さく、税理士を雇うメリットが無いと思ったら、正直にそう言ってくれますし(損させられたなどといわれたら大変です)、多額の税金を払っていて自分の力の見せ所だと思ったら(優秀な税理士だと評価されると他にも紹介してもらえる)税理士を雇った方がよいと言ってくれます。


個人的には、大きな事業で最初から黒字が確定している場合を除いては、費用を抑える意味も込めて、1期目は自分でやることをお勧めします。

やってみて無理だと思ったら、無料や格安の税務相談会(商工会など)で相談してから決めても遅くはないです。

http://www.rakuzei.com/houjin1.html

◎質問者からの返答

有難うございます。

非常に参考になりました。

税務署にいってみたらなんとかなるような気がしてきました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ