人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

特許明細書を速く書く方法は何ですか?(特許作成ソフト、ボイスレコーダーの文字変換など)

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:家電・AV機器
✍キーワード:ソフト ボイスレコーダー 作成 特許
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● TNIOP
●20ポイント

http://www.kyotosokki.co.jp/

速記士養成講座を習って速記を習得する。


2 ● なぽりん
●20ポイント

・自社特許か、他社の類似特許(基本特許)http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdlから必要なところだけコピペ(従来技術の欄とか)→先行技術文献調査にもなって役にたつよ。ちょっと面倒でも半日ついやしたら、あとはできたも同然だからがんばれすごくがんばれ。

・・余談ですが、IPDLからリンクをたどって、IPC(国際特許分類)で自分の技術分野がどこになるかを探してみましょう。(コンピューター装置の製造ならたいていH01L23/とか、農業医薬なら最初のアルファベットがAのとこ、Bはバイオとか?、CがケミカルのC、D?Gは工業装置(たしかFあたりに自動車)? 探したらその1種類だけを覚えておけばよい。図書館の国際分類で小説好きは913あたりを最初に見るのと同じことで、記号を覚えておくだけで自分の得意分野の文献を探すのが、一生便利になるのですごくお得です。で、そのIPCを探すのに一番正確で便利なのが、以前出したことのある同一分野の自社特許に付与されたIPCなんだな。

・コピペとctrl+Hの置換を多用。「(」を「【」に置き換えるのなんか最後にまとめてやったって良いし、「【請求項】」とかよくつかうものを最初にコピペしてもいい。請求項1は何回もコピペに使うことになる(そうでないと逆におかしい)。

・あと、請求項1だけでも、発明した技術者本人が書くことか、しょっちゅうその人に聞きにいきながら書くこと。

・実験データをあるだけ最初にそろえておくこと。


3 ● なぽりん
●20ポイント

あと、ボイスレコーダーもOCRも翻訳もそうなんですけど、

辞書として該当する分野の技術用語が

はいっているデータがないと、

なかなかそのままでは使えませんよ。

それは人間の語彙も同じですが、

たとえば「ぴ区燐酸」→ピクリン酸とイッパツで

わかってほしかったなあとかです。

探すと個人でつくった電子データを売ってくれる人のサイトもあります。

(分野によりますが)


特許作成ソフトは、知的財産部さんが予算に糸目をつけないならいいのですが、高いことが多いです。

普通ならワードのテンプレート文書で足りますし、

特許庁でもそういうテンプレート集を

確か出していたようにおもいます(オンライン出願用に)http://www.jpo.go.jp/shiryou/


4 ● opx
●20ポイント

「耳栓」です。

周りの雑音に注意がそらされると、頭の中で構築している文脈が雲散霧消してしまいます。明細書は注意力の集中が必要です。

http://q.hatena.ne.jp/answer


5 ● opx
●20ポイント

NAPORINさんがまじめに書いてられるので、私ももう少し補足をば。

大前提だと思っていたので書かなかったのですが、「技術に対しての理解」が必須ですよ。発明者の考え(たとえそれが?でも)が理解できないと、明細書は起こせませんね。

公知例調査をして、似ているのが見つかったらしめたものなのですが、「Fターム」を理解すると、非常に検索の能率はアップしますよ。IPCやFIだとキーワードも必要ですが、Fタームならその積だけで検索可能です。

http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ